研修23日目

おはようございます。

 

今日は最終週らしく

いつもの研修とは全く違うカリキュラムでした!

1限目は
ENG 合評ということで
福原アナウンサーと藤村アナウンサーが担当してくださいました。


なにをしたかというと。。。
 

昨日一人一人カメラの前で、

ディレクター兼務で挑戦したリポートを

テレビに映し出していただき、講評会が開催されました。

 

初めてのリポート!

福吉アナは、自分の携帯で動画撮影をしながら自己分析中です!

 

カメラマンと音声担当の方からも

色々とご指摘をいただきました。

 

例えば。。。

マイクのカラオケ持ちや、両手で握ってしまったり、
自分の口の前にマイクを持ってきてしまうのに相手にマイクを近づけられていないなど


話す内容ばかり気にしてしまいがちですが、
カメラワークの観点から、光のさす方向への配慮、絵の工夫や、
マイクのむけ方、持ち方など気を付けなくてはいけないことがたくさんあります!!



もちろん
話の展開や、取材相手への配慮など、たくさんのご指摘をいただきました


続いては、
菊間先生による裁判所見学です!


藤村アナウンサーにアテンドしていただき、
いつもの研修室を離れて実際に東京地裁に足を運びました。

薬物取締法違反で三回逮捕されている被告人が目の前に、
そして傍聴席では、その家族が真横にいるという状況に緊張感が漂いました。

傍聴後には、アナウンサーが知っておくべき基本的な知識も教わりました!

このメンバーで研修できるのもあと2日
時間をより大切に明日からの研修も頑張りたいと思います!

海老原優香



研修19日目

こんにちは!
いよいよ6月に入りましたね
研修もゴールが見え始めました。

今日は
1限目 森本アナウンサーの
短文ワ行と滑舌練習の講義からスタートです。

ついに短文練習の行も1周してしまいました!

森本アナウンサーは、いつも自身の経験をもとに
自信を持たせるようなお話をしてくださるので、
上手く出来なくて落ち込んだ時もとても救われるのです


辞書でアクセントを調べる黒Pアナ


2限目は 野間先生


あの有名な作品
芥川龍之介の 蜘蛛の糸 
を朗読しました。

朗読はみんな初挑戦だったので緊張します。。。

隣の席で読んでいる岡部アナ
間の使い方が大切なんですね♪


3限目は 堺アナウンサー
気象情報の原稿読みを練習しました。

気温をお伝えるるのに大切な
高い・低い

高かった・低かったのアクセントが意外と難しいんです!

さらに。。。
のアクセントに苦戦する久慈アナ

これまで使ってきたアクセントを直していくのは大変です!


残り約一週間となった研修ですが、
みんなの声が太くしっかりしてきたのが
耳で分かるようになってきました!!

この同期みんなで研修ができるのもあとわずか!
残された時間を大切に、しっかりと練習したいと思います

海老原優香

 

研修15日目

いよいよ研修も三週目が終わってしまいました
あっという間だったような、長いような。。

まず!
1限目 梅津アナウンサーの講義では、
滑舌練習とニュース原稿読みを重点的に練習しました。

今回は、実際に番組で使われた原稿をもとに、
初見のニュース原稿読み
に挑戦しました!!

間違えないように必死に原稿を見つめる
真鍋アナ
普段とはまた違った緊張感が漂いました!


続いて
2限目 奥寺アナウンサー・藤村アナウンサーの
ナレーション研修がDAVスタジオと呼ばれる
特別な部屋で行われました

みんなスタジオの見慣れない機材にそわそわ!


そして、
奥寺アナウンサーのお手本姿にみんなほれぼれです


3限目は、川野アナウンサー・藤村アナウンサーによる
ナレーション研修です。

中には、体の力を抜くために
走り回ってからナレーションに挑む人も

一人一人のナレーションをみんなで聞いて、
ちょっとしたテンポや間の取り方、声の高さで
受ける印象がこんなにも変わるということを学びました

最後に
今日で研修最終日になってしまった
秋田テレビの佐藤アナと、鹿児島テレビの高橋アナを囲んで

優しくて、芯の強い大好きな2人

一緒に研修をしてきた同期がいなくなってしまうのは
とっても寂しいですが

各局で頑張っている姿を応援しつつ、
私たちも残りの研修さらに頑張ります!!

海老原優香
 

研修11日目

五週間のアナウンサー研修も、
いよいよ折り返し地点に近づいてきました!

5月22日今日のスケジュールは
1限目 鈴木先生
2限目 福永アナウンサー
3限目 笠井アナウンサー
の講義でした!

まずは、今週から新しくEBC テレビ愛媛から二人のアナウンサーが
この研修に参加することになりました!


福吉アナウンサーと、真鍋アナウンサーです

自己紹介をする二人

新しいメンバーが加わり
また研修の雰囲気が変わりました!

1限目 鈴木先生の講義では、
アナウンサーにとって最も大切な、基礎発声を学びます。



そのためのストレッチがこちら。。
なんだか不思議な光景が広がっています。。。


ら行の練習を、
机に顎をつけてしている平川アナウンサー


2限目 福永アナウンサーの講義では、
アナウンサーとしての姿勢について語っていただきました!

あこがれの人を何人か見つけて、
その人を徹底的に真似してみる。

そうすることで、唯一無二の自分を作ることができる
というお話でした。

私も、アナウンサーの先輩や、あこがれの人を良く観察して
その技を盗めるようになりたいと思います
方程式にすると、、、
A+B+C=自分

ではなく
A×B×C=自分!!

3限目の笠井アナウンサーの講義は
震災における報道陣としての行動について

実際に東日本大震災に取材に赴くことで経験した
報道陣としての葛藤をお話ししてくださいました。

研修室では、ぼろぼろと泣くアナウンサーが続出し
いつもとは違う空気での研修でした。


万が一の非常事態に備え、しっかりと情報をお伝えできるように
心の準備をしたいと思います。

海老原優香
 

研修7日目

研修が始まってから、1週間が経ちました

先日担当した日記では、
数字のところが改行されてしまい、読みにくくなってしまったみたいです
失礼いたしました

というわけで、読みやすい記事を目指して、
海老原が担当します!


1限目は、
笠井アナウンサーのサ行の滑舌練習!

その前に。。。

自己紹介です
が、ありきたりな出身大学や、地元の話では、
その人がどんな人なのかわからないし、
なかなか覚えてもらえませんよね。

というわけで。。。

「インパクト自己紹介」
1人10秒で、インパクトのある自己紹介をします!


トップバッターを務めた平川君!
地元では、お祖父と「イノシシ狩り」をしているそうです

インパクトありますよね
皆さんもぜひ、自分だけの「インパクト自己紹介」
考えてみてください


全員集合写真♪


2限目は、
牧原アナウンサーのニュース原稿読み練習です。


意味のブロックを意識しながら読みました。
自分が読みやすいように、呼吸したいタイミングで文を切ってしまいがちですが
そこは、腹式呼吸

相手にわかりやすく伝えるには
文の意味をしっかりと理解し
言葉に、メリハリをつけることが大切なんです!


3限目は、
佐藤アナウンサーの司会進行の講義です!

「〜〜会を開催させていただきます。」
という初っ端の言葉で噛む安宅

読み終わった後は、大量の汗をかいていました!(笑)


黒Pも安宅に続きます!

司会の原稿は、普段使いなれない言葉がたくさん出てくるので
下読みでしっかりと読み込まないと、不慣れな感じが出てしまいます。


最後は久慈ちゃん

イベントの趣旨や、主催者、自分の立ち位置を考え
語尾の言い回しをシンプルかつ失礼のないように工夫しました。

また、「賞品」のアクセントは「商品」とは違うので
景品の説明がある場合などは注意が必要ですね

夏の夢大陸のミニステージに向けて
司会進行のお仕事が待っています

同期のみんなで成長できるように
今週も頑張りたいと思います
 

研修3日目!!

5月10日(木)
 

研修3日目!!

今日の研修日記は、海老原が担当させていただきます!よろしくお願いします

 

〈時間割〉

1限目 佐々木アナウンサー 

短文のア行、ニュース原稿の練習

 

2限目 塩原アナウンサー

滑舌練習、ニュース原稿の練習

 

3限目 西山アナウンサー

バラエティー番組にむけて

 

 

1限目
佐々木アナウンサーによる、短文のア行、ニュース原稿の練習です。

最初に自己紹介と、一人一人今の課題を発表し、今日1番気をつけるべきことを確認し合いました。

 

 

私の課題は、

『滑舌が甘いこと』

『原稿に集中すると、下を向いてしまい、視野が狭くなってしまうこと』です

 

その改善策として、

アドバイスをいただきました!

「まず、足の親指の付け根に力を入れて、地面にしっかりつける。
そして、天井から頭がピンッと引っ張られているイメージで、体をしっかり固定する。」

この姿勢をキープしたまま、普段の3倍くらいの声量で原稿を読む練習をしました。

 

素敵な声を出すためには、

体の動きは声に直接影響するので、

正しい姿勢で、体の力を抜くことが大切なんです!!

体がふらふらしてしまうと、声も芯のない声になってしまうとおっしゃっていました。

芯のある声にするために、まずは形から!

 

また、明るいニュースを伝えるときは、

笑顔や口角を上げることを意識することで

声色も明るくすることができるそうです!

 

ひたすら練習あるのみです

 
 

2限目

お昼休憩の後は、塩原アナウンサーの講義です。

 
 

ア行の滑舌練習を1人ずつした後、

隣の人とペアになってニュース原稿読みを練習しました。

 

ペアになると、後に読む人が、1人目の読むペースに合わせて読むので
しっかりと周りの声を聞くことを意識します



 

最後は、

『もしもアナウンサーになっていなかったら』というお題でフリートークの練習

『台場』というキーワードからの連想ゲームをして、

一人一人の個性も大切にしようというお話をしてくださいました!

 

 

3限目
西山アナウンサーによる講義では
バラエティー番組に向けての実践的な研修を行いました!



5分間のトークバラエティー番組を想定して、
隣同士ペアを組んで、番組を進行していきます。

「アナウンサーになろうと思ったきっかけ」「どんなアナウンサーになりたいか」など、
会話のキャッチボールを意識しながらのインタビューは、とっても難しかったです

まだまだ課題だらけの研修ですが、この5週間を大切に、
一つ一つ頑張っていきたいと思います!!

海老原 優香