研修21日目! 

新人研修ブログをご覧の皆さま

6月9日(火)のブログは

今週から宮司アナと席が隣になった


内野泰輔が担当いたします

昨日のブログにもあったように

研修人数が8人になりました(最初は18人いました)



皆元気に研修をしております

では、今日も張り切って書いていきます
写真も多めです

1限目は君島先生による講義です



君島先生の講義はまずストレッチから始まり



響く声の出易い立ち方や

この姿勢は×です



正しい姿勢のテレビ愛媛 正本アナ



声紋を1人ずつ取りました

声紋をとる新美アナ




2限目はボイストレーナーの鈴木先生による講義です



講義の冒頭、鈴木先生が
 
声の出し方、読み方、伝え方など色々と悩みを抱える私たちに対して
 

「艱難汝を玉にす」
 

この時期は誰もが悩む時期
苦労や困難を乗り越えて立派なアナウンサーになって
 
と優しい言葉をかけて下さいました
 
講義の内容は
 
腹式呼吸や基礎発声といった基礎的なトレーニングを
 
1人ずつ確認しました
 
講義が終わると

悩んでいた皆の顔が穏やかになった気がしました
 
 
 
3限目は竹下陽平アナウンサーです

 


竹下アナの講義では2人1組で仮想のニュース番組を行うというもの
 
写真はテレビ愛媛 正本アナとサガテレビ 鈴木恵理香アナ


原稿はこれまで読んだニュース原稿から
原稿の尺や番組の尺
ニュースの順番なども決められています
 
読んだことのある原稿とはいえ、尺が決まっていて、終わりの時間まで決められている
 
納めなければいけないというプレッシャー
ミスをするとペアに迷惑がかかるというプレッシャー
 

手汗が・・・
 

本番さながらの緊張感のなか4組が順番に全員の前で披露しました
 
ちなみに私は宮司アナとペアでした
 

他にも沖縄テレビ 稲嶺アナと小澤アナペア
 

テレビ愛媛 山ア真依アナと新美アナペア
 

読みなどに課題はあるものの、皆尺管理をしっかりできていて良かったと誉められました
 
最後に竹下アナから
 
ニュースを担当するときは
 
1.原稿を持ってきたか
2.原稿の順番はあっているか

 
この2つを必ず確認するようにと
 
竹下アナの経験談とともに教わりました
 


今回は写真が多めのブログとなりました

というのも研修も残りわずかとなり

5週間一緒に過ごした仲間たちとの別れが近づいている今

写真で残しておきたい気持ちが強いからです

次回も沢山写真を載せていきたいと思います
 


さて、次のブログは本番に強い


小澤アナです












 

コメント