18日目!



こんにちは!

(光が強すぎて、し、白い…笑)



本日のブログは1番左の 小澤陽子
お届けいたします!!!
 
研修ブログをのぞきに来てくださり、
ありがとうございます

 
6月から私服で来るようになりましたが…
今日は、こんなに花柄が沢山で、
晴れやかな気分でした…

(某 女性ファッション誌風。
カメラマン ウチの内野アナ)
 

 
 

 
さて
1限目は、佐藤アナウンサー
 

『沢山の基礎練習を終え、ニュース原稿読みに
入った今、にぶち当たっている頃なのでは
と、私たちを思いやってくださりながら、
1人1人の読みを、寄り添うように
チェックしてくださいました。


 
 
そして私たち同期も互いに気付いた事を
フィードバックをしました

聞いているほうも、耳が鍛えられます

 
また、ニュース読みではなく、司会の台本を
様々な場面に合わせたトーンで練習しました



アナウンサーとして、色々な顔ができるよう、
幅を広げてゆきたいものです
 
 
 
 
そして2限目は、いつも新人に
付き添ってくれていますが、講師としては
初めての、藤村アナウンサーです


 
藤村アナは、自身が新人だった当時、
この同じ『系列局新人アナウンサー研修』
得た教訓をいくつか教えていただきました。
 

そして藤村アナにとっても、この新人研修では
今でも とても印象に残る事・教訓が多く、
非常に密度の濃い6週間だとのことです。
 
 
そして、
一人ひとりが抱えている症状(悩んでいる事)を
診てくださり、その人に合わせた
処方箋を一緒に考えていただきました。



楽器にも勉強にもスポーツにも……
何にでも、こういうの時期はあると思います。


 (う〜む…。。悩)


沢山数をこなし、この今ぶち当たっている
みんなで突破していきます


 
 
 
ラスト3限目は、
フジテレビアナウンサーOBの野間先生です
 
この時間は <朗読> を練習しました
 
題材は、芥川龍之介 作
「蜘蛛の糸」 です。
 
朗読が、
ニュースと共通する点だなと感じたのが、
内容を正しく理解し、語り伝える
という大切さ。
 
 
また、更に朗読の場合は、作者がいます。
 
その作者について知り、作者に対する
敬意 を持って 読むこと も、
とても大切ということを学びました。




また、自分の中に情景を創ること
相手の心に届くための第一歩だということです。
 
 
実際にセリフやナレーション通りの動きを
してみたりすると良いということで、
実践してみると…、
不思議と自然なが生まれたりと、
感情も入れやすくなりました。
 
 
朗読は本当に、奥が深い…
 
 
 

 
さて明日は、ついに4人のメンバーにとって
最後の日………
 
寂しすぎて、既に今日の授業中、ふと
涙がこみあげてきました。


この光景も残り1日……
 
 
 
そんなラストの日を、
原稿読みを練習のために録音する時、
「にいみが読みます。」
いつも宣言する、新美アナが担当します


 
にいみが書きます。








小澤 陽子



 

コメント