音楽。

04月27日(木)
二年生になった息子の1番好きな教科は音楽だそうです。

あの粗暴な少年が、まさかの。笑

体育に最も燃えていたのに、何があるかわからないものです。

理由は、歌っていると楽しくていい気分がするからだそうです。


ここのところ、2ヶ月限定で参加していたゴスペルクワイアで、かーさんもまさにそう思います。

ひとりで鼻歌も楽しいのに、30名近くが集まって声を合わせ、ノリノリであることが恥ずかしくなく、人生の光と陰を味わい、いまここにいることに感謝し、一緒に歌えることがうれしく、


もう、アドレナリンが大放出です。


こう見えて照れ屋なので、ひとりでノリノリはできませんが、ノッてて当たり前の環境になると、自分の枠が取っ払われて。

わたしよりも先輩方が多く、忙しさも社会的責任も、もっともっとたくさん抱えた方たちが場を大事に続けていらっしゃることにも、心からすごいなぁ、、、と思うのです。

わたし自身は練習に行けないからという理由で、何度も何度も諦めましたが、みんな忙しいから来られるときに来ればいいよと言ってくださる先輩方を見ては、


その時間の使い方や楽しみ方含めて、教わることばかりで。


やはり、迷って迷ってやらないより、なんとか工夫してやる方が、楽しいなぁと思います。


ただ、家で鼻歌、、、のつもりが、つい大声になるので、ムスメに、

まま。声が大きくてうるさい、、、と煙たそうな目で見られますけどね、、笑


100リスト

04月26日(水)
友人が、毎年やりたいことを100書き出して実現させていくノートをプレゼントしてくれました。

ノートに付箋を貼りつけながら、ちょびちょびわたしも100書き起こしています。

新年から始めたのに、まだ70くらいしか書き出せていない。

もっと時間があれば、、、いろいろできるような気がしているのですが、実は、欲望も少ないことに気づくわけです。笑

やりたいことをやる時間がないわけでもなく、抑圧されてるわけでもなく、そもそもなにがなんでもやりたいことがないことに、恐れおののくわけですね、、、。つまらない女だわ、我ながら。
この日本に住んでいながら、なんてもったいないのだろう、、、。


でも、これが。

書き出し始めると、だんだん出てきて、ふとした休みの日、ただぼぉーっとしているときに思い出して意識することができて、なかなか快適なのです。

そうだ、音楽聴こうとか、そうだ、手を止めて子どもと遊ぼうとか、週に一度はパックしようとか、
ものすごぉ、、、く小さなことから大きなことまで。もちろん、こんな仕事をしたいとか、会いたい人に会いに行こうとか。


頭の中にぼんやりあるものを、あえて言葉にして外に出すから気づくことも多いんですよね。

今年はたくさんのホンモノに触れたい!と付箋に書くと、自ずと行きたいところなども出てきたりして。
楽しみになります。

やるべきこともあるからこそ、やりたいことをやるのは、もっとしあわせ。

自分の志向が恐ろしいほど見える化されるのですよね。

毎日にワクワクが少なくなったら、ぜひぜひオススメします。

しかし、、、そのノートだけは、絶対紛失できないですね。笑

大きく夢想できる人がうらやましいなぁ。わたしは、現実的な小さなことの集積だとつくづく思い知るので。


















2日間。

04月25日(火)
情勢が緊迫するなか、この月曜、火曜のわたしにとっての休みの日は、いつになくちょっとのんびりでした。

と書けていることに、ほっ。

習い事が休みになっていて、幼稚園と小学校から帰る子どもたちに、しっかりお帰りなさいと顔を見て言ってあげられる。

わたしにとっては、非日常でした。

ただいま、おかえりは、働く母たちにとっては、なかなかないので、いいもんだなぁとしみじみしまして。


でも、いや、これが毎日当たり前だと、ぞんざいにやっちゃうだろうなという自分も想像できて。


改めて、ちょっとしたことを丁寧にしたいと思うのでした。

ほんの少しゆとりがあると、料理するのも、洗濯ものを片づけるのも鼻歌ひとつも出るのに、普段は鼻息しか出てないです。笑

時々、しっかりと休むのも大事ですね。












ど真剣。

04月21日(金)
ブログを読んでくださっている方や、この間はわたしに取材をしてくださった方から、


まじめですねーとか、ど真剣ですねーとか、褒められてるのかどうかビミョーなリアクションをいただくことがあります。笑

確かに、そんな面もあれば、人は多面体なので、待ち合わせ場所を間違える等々のすっとこどっこいな日常も多々あります。
ルーズ盛りだくさんで。


いろんなことを始めたり試したり続けたり、やめたり、あ、ブログではわざわざやめる宣言などはしてないこともありますが、

今日がよりハッピーになるようチャレンジしたくなるのは、周りにチャレンジし続けているすてきなオトナが、たくさんいてくださるおかげだなぁと思うのです。

ユーレイ部員だったゴスペルに期間限定復帰しようと思えたことや、走ること、新しいレシピ、等。

東京オリンピックに向けての英語も、アナウンス室にも、仲間というより大先輩を発見。

先日お互いにオススメのポッドキャストを紹介し合ったら、すぐに試して感想をくださる。
凄まじい、チャレンジ精神。

かっこいいな、と思います。


そして、とってもとっても励まされるのです。

よし。諦めたらそこが最後になっちゃうな、と。

好奇心の赴くままに、ですね。










前へ  1  2  3  4  5  … 次へ