極端な季節の移行の副産物

02月16日(土)
金曜の午前中、台場に雪が舞っていたと思ったら、土曜はダウンを着て出社して後悔。
電車で、汗ばむ。

季節の移行が極端です。

折しも、母友がリップをプレゼントしてくれました。
色が合うかなー、などと気遣ってくれながら開けてみると、

鮮やかなピンク。

ここのところ、全てクレンジング不要なシンプルなオーガニックコスメばかり使っていたので、パッケージの感じも、色味も、いきなりの女っぷり。

あまりの可愛らしい色味に気負けしながらつけてみたら、これが、、、一気に気持ちが華やぐ、成熟した落ち着いた色合いのピンク。

きゃー、なんだか、ときめくー!

といったきっかけで、久しぶりにおしゃれ心を取り戻してきたのでした。

寒空の下の園庭遊びもまもなく卒園、これからは1人で学校に通えるようになります。

ベビーが引っ張るからという理由で諦めていたアクセサリーもいつしか復活したし、授乳のための前あきシャツを卒業し、

いつ脚を広げても大丈夫なようにパンツばかりのバギー生活も終わり、

手を繋ぐために両手あけたくて、すっかり好きになっていたリュックやポシェットももう新調することもないかも。

いかん、書いてたら感傷にひたってきた、、、

もう、自分の着たいものを着る時期が戻りました。

嬉しい。そして、ちょっと、さみしい。

でも、変化することを楽しみたい。


また、自分の気持ちを第一に、気持ちのよいカッコをする喜びを感じます。

その間、ヒールだけは、もう私とは無縁のものになったけれど。笑









ずっとやりたくて着手できなかったこと。

02月16日(土)
あー、ようやくパソコン始動させることができたー。

オットから誕生日にパソコンをプレゼントしてもらったのが2017の年末。

セッティングまでしてくれていたのに、起動させて使い始めるまでが長かった、、、。

スマホと会社のパソコンで事足りてはいたからかも、、なのですが、

写真の管理や、子どもの係りの関連や、最近オンラインで学び始めたので、やはりパソコン画面が必要で。

やはり、切迫して必要に迫られるのが、1番チカラを振り絞れるものなのだなぁ、、、。

またしても、再会。

02月15日(金)
働いている年次は長いので、仕事現場で、あー!お久しぶりー!ってな再会がしばしば。

この日は、おそらく6年ぶりのディレクターさんと再会です。

『有頂ヘン列島』という、日本の中のへんなものをアナウンサーたちがおどろおどろしく渾身リポートしている番組のナレーションです。


司会は、サンドウィッチマンさんと加藤綾子ちゃん。

番組のテイストに合わせ、わたしもどうしても隠せない可憐さをひた隠しにして、笑
野太くナレーションさせていただきました。

ちょっとでも美しく読もうとすると、演出陣から、

ものものしく
野太く、とリクエストされまして、、笑


再会に加え、普段とちょっと違うことをするのは、すこぶる楽しかったです。

16日土曜16時半から、放送です。

ぜひ!

我が家のエイジング事情

02月14日(木)
元気な76歳の母が、腰を圧迫骨折。

背もたれのない椅子に腰掛けながら、背もたれがあると勘違いして椅子から落ちたのがきっかけです。

以来、ここのところ、家族の団結が強まっていました。

太陽のような明るいひとが具合悪くて安静にしていると、家庭の灯火が消えたようで。

母に手を貸す父の足下もおぼつかない。

父は10年余前に両足骨折して以来、より歩きにくそうです。

掃除しといたよー、洗い物ここに置くねー等、いろいろ声をかけますが、毎度、


えー?なんてー?と返事がくる。

気づくとテレビのボリュームも大きい。


耳もね、だいぶ遠くはなるわけです。
、、、こうして、エイジングしていくのだなと思います。

幸いなのは、子らが親切になることかしら。
また、寂しくもあるけど、母の生粋の前向きな気丈さにも救われる。

骨密度を測ったら随分元気で、骨密度の薬は飲まなくてよかったわ、それに、あー、頭を打たなくてよかったわよー。


前向きな気持ちが、何よりのエイジングとの付き合い方だなと学んでおります。





前へ  1  2  3  次へ