こんな時間がほしかった。

01月31日(水)
もっと時間が欲しいよぉ、、、と、毎朝思います。家中ダッシュしていたのも数年前まで、そんな体力気力もなくなってきた今は、笑、
なるたけ穏やかに過ごせるよう、早目準備をこころがけています。

だって、時間がたんまりあっても、ダランダランして、大して何もしないことも自分でよくわかっているので。笑

とはいえ、日々時間ない、、、ストレスは蓄積する。そんなときは、漠然とではなく、具体的に考えます。

何する時間がほしいの?何して過ごしたいの?
あるいは、何をしない時間がほしいの?と。

大概、家事しない時間が欲しいんですけどね。笑

さて、オットが東京に帰任し、再同居生活が始まっていますが、こんな時間が欲しかった!と心底思うことがありました。

日曜、わたしが仕事から帰って、4人で公園に行き、まだ雪が残る坂をころげたり、ボールを投げあったり、ムスメは自転車補助なしにチャレンジしたり。
たくさん失敗して、みんなドロだらけで大笑いして。オットの野生児ぶりに驚いたり。


帰って4人で餃子を大量製作。男子チームが刻んでくれた野菜を、ムスメがひき肉と混ぜ、みんなで包み、焼き、食べる。食べる。そして飲む。

これまでもオットの不在時に公園に行ったり、一緒に料理もしましたが、すぐ教育的かつ指導的になるわたしのせいか、楽しいけど、ちょっと盛り上がりに欠けていた。笑

そうだ。一緒にただ、楽しみたかった。待ってあげたかった。その余裕が、なかった。

特別なことはなんにもないのに、こんなシンプルなことを求めてたんだなぁ、、と細胞が緩むしあわせを感じたのでした。











フードの意味。

01月29日(月)
連日、寒いですね。今週また東京は雪かも、、、。

本来、フードがついた服が好きではないです。
デザイン云々の理由というより、洗濯が乾きにくいので。

なので、わたしが持っているフード付きのものは、レイン用としてのウィンドブレーカーと、普段用のダウンコートみ。

雨ならいざ知らず、普段ダウンを着てもフードを被ることはないのですが、ここのところ夜の会社帰りがあまりに寒くて、耳が痛くて、、、被ってみました。

違うわぁ。暖かいわぁ、、、顔周りが覆われるだけで。


以前、秋のカナダを旅したとき、秋なのにすごく寒くて、街行く人はみんなファー付きのフードを被って闊歩していました。

あのファーって単なる飾りだと思っていたら、極寒の地では実用的なものなんだなぁと感心したのですが、

まさか東京でもこんな寒さが続くとは。



受験生やそのご家族のみなさまがた、健康第一で寒さに負けず、頑張ってくださいね!






泥だらけですが。

01月24日(水)
雪の降る日に、兄妹で雪だるまを作ってました。

雪だるまも兄妹になってた、、、。笑。

翌朝溶けてなくなるのをみて、ムスメがしくしく泣くという、、。
いなくなっちゃうよぉぉぉぉ。

あぁ、こういう感性、わたしはとうにどこかに置き忘れてきているのですが、ふと思い出される一瞬ですねぇ。





今日、おそくなる。

01月23日(火)
ちょうど同じ頃合いの育児をしているワーキングマザーと、ふとした折に話したこと。

悪気がないのはわかってるけど、時々オットが、今日遅くなるわ、とか、今日は夜ご飯いらないとか、その日の朝に告げてくるの、驚くよね、と。

苛立つとかムカつく、といった感情とは違って、驚くのです。笑

だって、産み落としたその日から、考えてみたら、今日の夜の予定を突然決めることなど、なくなったわぁ、、。


もちろん、夜出かけることもあれば、突然の事態が起きることもありますが、自分が動こうと思うと、何日も前から調整し、代わってみてくれる人や場所の手配が必要になる。


なので、今日おそくなるっていう言葉を聞くと、それがもう当たり前ではなくなってしまった母たちにとっては、
え?そんなことできるんだっけ?と、本当に単純に、驚くのです。


女性か男性か、性別による固定的な役割分担の問題もあるでしょうが、それよりも、日常育児をする時間がどちらか長いかによるところが大きいのでしょうね

わたしの周りには、まだ少ないけれど、稼ぎ頭が女性で、男性が仕事を辞めて主夫を選択した家庭もあります。

お互い、得意な方で貢献しようと。

女性側に話を聞くと、世間の目などは、自分達で決めたことだからあまり気にはならない。でも、わたしにはもう仕事を辞める選択や自由はなくなったんだと思うと、すごくプレッシャーを感じるときがあるんですよねぇ、男性ってこんなに背負ってたんですねぇ、と。


夫婦に限らず、言われないと、聞いてみないと、まったく想像もしていない気持ちってあるのだと思います。

あまりに、それぞれの当たり前とする前提が違っていて。
前提が違うことに気づかないまま、永遠に溝を深めるコミュニケーションをしていることも、多いのだろうなぁ。

たくさん、思い当たるなぁ、、、わたし。
でも、いまちょっと話す前提を確認していいですか?なんてことを日常言うと、相当重いですしね。笑


そこを軽々と乗り越える出来事があれば、またブログで報告します。



前へ  1  2  3  次へ