あなせん。

10月31日(金)
10月の最終日、待ちに待っておりました。


江東区明治小学校でのあなせん


4月に再始動してから、

CSRのメンバー、アナウンサーたちの知恵の結集で、
どんどん深化したプログラムになっており、

ぜひにと申し込んでくださる学校も増えてきました。


今日は、梅津アナとわたしが先生。

4年生4クラスを、2クラスずつ2人で担当させていただきました。


今日もまた、
感動をもらう私たち。


普段発表が苦手な子、
発表したいけど、話す内容そのものを見つけられないと悩む子、
内容は見つかるけれどうまく表現できないという子、


それぞれにちょっとしたコツとヒント、実践練習で、

想うこと、感じること、
どんどん発言してくれました。

勇気をだして言ってみよう。
受け止めるよ。

正解なんてひとつじゃない、
自分の心に映るものはオンリーワンだから、言ってもいいんだという安心な場を創るためにあなせんはあるのだと、改めて実感しましたよ。


一緒に給食をいただいたり、
サプライズで合唱のプレゼントをくれたり、
勇気づけの花道を作ってくれたり、

不覚にも、涙が出てしまったではないですか。


全国のアナウンサーとつながって、日本中の子どもがコミュニケーションが得意と思えるように応援する、

今年も、来年度も、

地道に続けていきたいです。


あぁ、胸いっぱい。




前園さん

10月31日(金)





前園さん、41歳のお誕生日を、ワイドナショーの収録の際にお祝いしました。


この番組で、松本人志さんに突っ込まれ続ける前園さんが大好きです。


毎度、鳩が豆鉄砲を食らったような、という表現そのままのようなお顔で、何事も赤裸々に真摯に答える姿。


すてきです。



いい1年をお過ごしくださいね。



カジュアル。

10月30日(木)
それはそうと、

今日デニムとカットソーで会社に来たら、


あれ、クルマの運転でもしてきたの?ずいぶん気楽なカッコウで、と大先輩の弁。


そうなんですよねぇ。


本人は、こなれ感←(このコトバ女性誌では定着しましたね)
出してるつもりが、

どうもだらしなく映るらしい。笑。

カジュアルなのにオシャレして見える、極めたいなぁ。

受け止めかた。

10月30日(木)

昨夜は、地域・家族・いのちを考えるシンポジウムを聴きに行きました。


登壇されている方はそれぞれ、
5児を育てるワーキングマザーや、イクメン・イクボスしながらバリバリ社長業をしている方、ファッションとエシカルをつなげている方、江戸の地域社会の学ぶべきところを紹介されている方



様々なお立場ながら、



共通しているのは、

介護にしろ育児にしろ、現実の重しがあるからこそ
人間力を高められたと実感されていること。


大変大変と言いたくなる状況を、どうやったら
前向きな取り組みにできるか、


発想の引き出しがたくさんあることにまたまた刺激を受けました。


たとえば、


ワークライフバランス、とかく女性の問題と思われがちだけど、
むしろ男性のほうが大変かも、という視点。

転勤、出張、長時間労働、急な飲み会、
これのいずれも、女性と比較すると、家族の問題を持ち出しにくい世の中ですものね、まだまだ。

イクメンであるべきプレッシャーも、さぞのしかかってることでしょうし。


男性からもよく聞きますもんね。

行きたい飲み会ばかりじゃないっすよ、
すかさず、

じゃあ帰ればいいじゃん、と一刀両断にしたいところですが、笑


本当は早く帰りたい日もあるんだね、
帰れたらどう過ごしたいの?そのために何から始める?って

聞く心づもりを持ちたいと思ったのでした。





前へ  1  2  3  4  5  次へ