ウルっ。

05月31日(金)
世界中のボーイフレンドと呼ばれている

オースティン・マホーンくん。

17歳になったばかりの男の子。


今、めざニューのテーマソングを歌ってるアーティスト。


事前情報はそれくらいだったのですが、
インタビューを終えた30分後、大好きになっちゃった。


アゲるエンタをご覧いただいてる方は、たぶん、彼のこと初めて知る方も多いだろうし、


もしかしたら、
わたしの娘がファンだわ、という方もいらっしゃるかもしれないと、


そんな目線でお話聞いたのですが、

もうね、

彼からお母さんへの想いを聞いた時、

そのあまりの表現の素直さに、

ウルっときてしまいそうでした。抑えましたけどね、もちろん。


いやはや、ティーンネイジャーの男の子って、
まだ未知だけれど、
うるせーとか何だとか、
呼んでも返事しない、とか、

なんだか難しいイメージなのに、


こんなにも素直な子がいるんだなぁ。

歌も上手な、好青年。


あぁ、返す返すも、お話してる自分の声がハスキーすぎて、悲しかったわ。



すてきーと言ってるつもりが、


ズデギー、完全に濁点だらけな感じです。


でも、心が通じ合う、いい時間でした。


ありがとうございます。





えーん。

05月31日(金)
朝起きてから、声はどんどん調子悪くなるし、

放送にのせる声ではなく、失礼いたしました。


おまけに、直前に、メイクポーチをスタジオに持ってくのを忘れたことに気づき、

ノー口紅で出ちゃうし、

もうごめんなさいの嵐です。

あー、しっかりするぞー。

人は、ちょっとスキがあるのは魅力だけど、
スキだらけなのは、ちょっとねー。


気を取り直して、

全世界のボーイフレンドと呼ばれるあの方に、

インタビューに行ってきますよぉ





読みきかせ。

05月30日(木)

読むことを生業としてるのに、


仕事に復帰してから、なかなか子どもたちに読み聞かせしてあげてなかった。

息子は、ティラノサウルスが主人公の本が大好きなので、

よし、また私自身の読むモチベーションをあげるぞ、と思って、

そのシリーズの最新刊を入手した。

よほどうれしかったのね。


朝ごはんの席から、ママ読んでーとずっとくっついてくる。


洗濯物干したり、歯磨きしながら、読み終えたら、

あまりの自己犠牲のいい話に、

息子もわたしも涙目になってた。


その後ろで、娘は、何やらおもしろそうなことがあるわと、

必死に、彼女なりのスピードMAXで、

ずりずりっと近寄ってきてた。


育児をしてるといつも思う。

誰かが代われること。
母しかできないこと。


なんでもかんでも、やはりママが一番よと言われると、
時々苦しい。


わかってる。十分わかってるから。

だけど、物理的に無理だから、いろいろな人の助けをいただいて、みんながハッピーになれる道を探してる。


朝の読み聞かせの数分は、

もっと読んであげたいと思ったし、他にどんなうまい読み手がいても、
私が、たとえながら読みになってしまったとしても

わたしにしかできないことかもって確かな感じがあった。



そして父になる、この映画を一足先に見せていただいてから、ずっと心がザワザワしてます。
親と子をつなぐのは、
血のつながり?
それとも、時間の積み重ね?
それも長さだけではない。

どんな関わりをもてるのか。問われてる。


毎日少しでも、お腹の底から、笑いあえますように。そんな気分の朝です。
雨だけれどね。



週末

05月27日(月)
久しぶりに、予定のなかった週末。


息子のスイミングに付き添う以外は、

ダラダラでした。

本当に、自堕落だわ(笑)

やりたいことはいろいろあったけど、
気がつくと、眠る眠る。

わたし、何も時間の締め切りやら切羽つまったものがないと、

ダラダラ、ダラダラ。

でも、いい時間でした。

まだ授乳していて、夜中も何度か目が覚める生活が続いてるので、
身体の奥底で眠りを欲してたのでしょう。

娘の爪、切らなきゃ、と思いながらダラダラしてたら、手が当たり、今、わたしの頬、けっこうえぐれてます。

一週間に二回は切らないと、ベビーの爪はあっちゅーまに伸びる。
代謝がいいのねぇ。

かたや、わたしのえぐれ、いつ治るんだろう、年々遅いぞ。

現実です(笑)。





前へ  1  2  3  4  5  … 次へ