顔がこわい。

10月15日(月)
外では理性的に振る舞えても、家ではあるがままの姿でいます。

子らに指摘される。


ママは言葉は怖くない。でも、顔と声がこわい。

、、、正しすぎてぐうの音も出ないな。

最近、仕事場のスタッフからも、あのスタジオの時の顔怖かったよと指摘を受けることもある。

そ、そんなつもりでは、、と思いつつ、本当にそうなのだろう。

自覚できる瞬間もある。

オットが風邪を引いてしまった、、、と申し訳なさそうにマスクをする時。

なにゆえ、、?!と恐ろしい形相になっているに違いない。

子どもに移さないでね的な無言の圧迫をしている、、、と思う。

もっと優しい気持ちでいたいのに。



人生後半の顔は自分の責任。
こころが反映される。

気づいた日から実行だわ。

いやはや。



コメント