古都。

08月15日(水)
古都で、平成最後の終戦記念日を迎えています。

遠くに見えるのは、若草山の山焼き。


オットの実家のある奈良は、不思議な気に包まれています。

オットは、自分の育った場所の価値について無垢すぎます。えー、古墳なんてあって当たり前やん、と。笑



今も朱雀門跡を前に、若草山の山焼きを見ながら、
ひとの権勢を誇りたいきもち、遣唐使として未知なる旅に出るたまらないアドベンチャーなきもち、
推し量れないほどの、変わらないひとの営みを感じるわけです。

オトナになって古都にくると、なんて贅沢なのだろう。

子らは、電線も少ないこの広い場を、ただの広い土地として満喫しているようです。歴史ロマンに想いは馳せておりません、残念ながら、、、。笑


この先も、この日を日常として迎えられる変わらぬ平和が続きますように。


願ってやまない1日です。









コメント