切ない、この季節。

03月26日(月)







一気に桜が開花しましたね。
先週真冬に戻ったかのような気温に、桜の木を見る余裕もなかったのですが、温かさを待ち侘びて、気づくと突如満開に。

毎年書きますが、桜を見る喜びがしみじみ奥行きのあるものに、変わってきています。

また新しい季節を迎えることができたな、、、という無事と平穏に、感謝や祈りが湧いてくる。

近くの、桜で有名な公園に遊びに行くも、足の踏み場もない混雑ぶりで、すごすごと帰りましたけれどね、、、笑。



昨日の新報道2001。
ゲストに来てくださった『子連れ狼』の漫画原作者、小池一夫さんのツイッターが、読むととにかく元気が出ると、約85万人のフォロワーを数えるのだそうです。
80歳を越えてなお、ご自身の可能性を拓き続ける歩みに、励まされるのだと思います。


選りすぐりの数カ所を朗読なさった須田さん、深く感じ入ることがあったのでしょう、読み終わると目の淵が真っ赤になっていらっしゃいました。



10年務めてこられた2001の司会。
振り返るとね、60代はとても楽しかった、と先週の会議で話されていたのも、とてもまぶしかった、、、。


世の中、歳を重ねるのに臆すような情報が、探さずともたくさん目に飛び込んできます。お金、健康、人間関係。

そんなことを吹き飛ばすような年の重ね方をされている先達が近くにいてくださることは、本当に心強いのです。

伝統ある番組のオンエアも、今週いっぱい。


春は、出会いと別れが同居する季節。切ないセンチメンタルな気持ちになりますね。

がんばろ。











コメント