泣かせたのは誰?
2012年09月01日(土)
APゾエです!

さて、大反響の余韻が残る土曜の夜ですが、我々は8話でこのひとの演出に泣かされていました!



真ん中に座るのは、3、4、6、8、10話を担当します田中監督です
(^^) 
フジテレビ内でも若手の監督で、おしゃれなリッチマンです
(^^) 
田中監督がトランシーバー越しに飛ばすスタッフいじりのジョークは、いつも現場を大爆笑に包みます
( ´ ▽ ` ) 
そして現場で誰よりも大きな声で笑っているのが監督だったりします
(^^) 

そんな田中監督をいつも隣でサポートしているのが、写真右側の「記録」さんです!
スクリプターと呼ばれたりもします。 
記録さんは、役者さんの服や髪型のつながり、時間設定、動作や台詞のチェックや、どのシーンのどのカットがどのテープに入っているか編集の時に分かるようになどなど、撮影されたものの中味を細かくチェック、記録しています。
とても集中力と注意力のある方でなくては務まらないなぁと思います
(>_<)
そして、誰よりも監督の近くにいるので、監督が撮影しやすいように細やかな気配りもされているのです!!
カメラマンや助監督とかよく聞く部署と違って、視聴者の方にはなかなか想像のつかないお仕事かもしれませんね!
以後、お見知りおきを
( ´ ▽ ` )ノ 

8話涙涙のスライドショーを担当したのは、助監督Nさんです!!
写真がGETできてなくてすみません(>_<) 
スクリーンやテレビ画面の中の映像は、再撮と言って、本編とは別に撮影や編集をすることがあります。
それを助監督が担当することもしばしばあり、そこは助監督の腕の見せ所です!
今回のHISTORY OF NEXT INNOVATIONも、助監督Nさんが担当したもので、あれには一同泣かされましたねぇ
(>_<)
皆様Nさんに大きな拍手を!!! 

先ほどの写真に戻って、向かって左側に写っているのはメイクさんです
(^^) 
ドラマのメイクさんは、ただ役者さんを美しく見せるだけでなく、バラバラな日付、順番に撮っているものをちゃんとつながって見えるように同じようにヘアメイクしたり、時には疲れた表情にしたり、わざと傷跡や血や汗をつけたりもします。 
ヘアメイクもして、役者さんのケアもして、台本も読み込んで、大忙しですね!!  
以上、監督紹介からのドラマスタッフお仕事紹介でした
( ´ ▽ ` )ノ
<<前のページへ   次のページへ>>