第6話から、この方たちも登場!!
ついに織田が上京!
さらに集う時代の英傑、英雄たち!!


11月17日月曜日の第6話から登場するのは、松永弾正久秀(古田新太)だけではありません。名だたる武将たちが、次々に登場します。そんな武将を演じる魅力的な役者陣はこちら!


堀部圭亮さんは、室町幕府第15代将軍足利義昭役。義昭は信長(サブロー)と呼応して上京。将軍職を拝します。


越前を領する戦国大名、朝倉義景役は
小市慢太郎さん。信長(サブロー)と激しく対立する義景は、織田領に間者を放っていて…。


市川知宏さんは戦国時代の武将、細川藤孝役。藤孝は、仕えている義昭を将軍にするため織田と手を組むのですが…。

『信長協奏曲』は、第6話からも激動の戦国時代を突き進んでいきます。時代に翻弄される人々のコンツェルトをお楽しみください!!

みなさまからのコメント


コメントを投稿


 


名前
コメント
 
 プレビューする

 
 

投稿されたコメントはエントリー投稿者が承認するまで表示されません。