主題歌はMr.Children&放送日決定!!
主題歌は、Mr.Children
書き下ろし新曲に決定!
放送枠は「月9枠」、
初回放送は「10月13日」に決定!

 
ドラマ『信長協奏曲』の主題歌、そして“月9ドラマ”として10月13日(月)から放送開始となることが発表されました。

主題歌を担当するのは、『第36回日本レコード大賞』(1994年「innocent world」)をはじめ、数多くの受賞歴を誇ると共に、CDセールスにおいても数々の記録を打ち立て、1992年のメジャーデビュー以降、常に日本の音楽シーンを席巻し続けている日本を代表する国民的ロックバンド、
Mr.Children
今回、彼らは、実際に原作漫画や、ドラマ『信長協奏曲』の台本を読み、作品の世界観に共感し、書き下ろし新曲を、ドラマ『信長協奏曲』の主題歌として仕上げました。
Mr.Childrenが、“月9ドラマ”に書き下ろしの新曲を提供するのは、『アンティーク〜西洋骨董洋菓子店〜』(2001年10月クール放送)で、『youthful days』を提供して以来、実に13年ぶり(2010年1月クールの月9ドラマ『コード・ブルー―ドクターヘリ救急救命―2nd season』の主題歌『HANABI』は、2008年7月クールの木曜劇場『コード・ブルー―ドクターヘリ救急救命―』の主題歌として書き下ろされた楽曲のため)。
ドラマ『信長協奏曲』の世界観に寄り添って書き下ろされた彼らの新曲に是非ご期待ください。
また、圧倒的なスケールの映像美と、
Mr.Childrenが奏でる壮大なメロディーとのコラボレーションにも注目です!




桜井和寿さん(Mr.Children)
「このドラマの背中を押したくて
また自分達にも、新しい風を吹かせたくて
気負い過ぎていたのでしょう。。
何曲作っても納得できなくて、何度も何度も手直しして、
やっと 「これだ!!!」って曲が完成しました。
強さと優しさを併せ持つ
そんな曲を、『信長協奏曲』からプレゼントされた、
そんな気持ちです。

ありがとう
また次の一歩を踏み出せます」

村瀬健プロデューサー(フジテレビ ドラマ制作センター)
「このドラマの企画書を書いているときから、主題歌はMr.Children以外に考えられないと思っていました。“月9初の時代劇”、それも“戦国時代を舞台にした若者たちの青春群像”を作ろうと考えたとき、桜井和寿さんの紡ぎ出す、強さと優しさを同時に感じさせてくれるメロディーと歌詞が作品を包み込んでくれたら、最高に素晴らしい世界が生まれると思ったからです。完成した曲を初めて聴かせていただいたときには、知らないうちに涙がこぼれていました。戦国の世を生き抜こうとする主人公・サブローだけでなく、新しい一歩を踏み出そうとしているすべての人の背中を押してくれる、最高の主題歌だと思います。今まさに撮影している戦国モノならではの圧巻の映像と、このスケールの大きな素晴らしいミスチルサウンドがひとつになったとき、どんな協奏曲"が生まれるのか。今から楽しみです」




ドラマ『信長協奏曲』は、“月9枠”で放送されますが、1980年代後半の放送開始当初から常に話題を振りまいてきた同枠で、“時代劇”が放送されるのは初めて。誰もが知っている織田信長が、現代からタイムスリップした普通の高校生だったという斬新な設定のもと、弱小大名にすぎなかった織田家の若武者たちが、未来から来たサブローの力によって「天下統一」という途方もない夢に向かってこぎ出し、やがてその夢を勝ち取る寸前までたどり着く姿を、戦国時代を舞台にした青春群像として描き出していくドラマ『信長協奏曲』。
主演に小栗旬さんを迎え、『LIAR GAME』シリーズ、『失恋ショコラティエ』などでメッセージ性の強い、独自の世界観を構築し続けている松山博昭監督を起用し、年配者向けと捉えられがちな、これまでの“時代劇”の既成概念を覆す“ポップでスタイリッシュな時代劇”に仕立て上げます。
“織田信長”という日本史上最大にして最強の英雄の謎をひもとき、“日本の歴史”と“エンターテインメント”の常識を打ち破る、全く新しい“戦国エンターテインメント”『信長協奏曲』に乞うご期待!


 

みなさまからのコメント


コメントを投稿


 


名前
コメント
 
 プレビューする

 
 

投稿されたコメントはエントリー投稿者が承認するまで表示されません。