新・週刊フジテレビ批評

テレビウィークリー

MX「ニュース女子」に人権侵害BPOが認定

DATE : 2018.03.10(土)

CATEGORIES : | テレビ ウィークリー |



BPO放送倫理番組向上機構の放送人権委員会は、3月8日木曜日、TOKYO MXテレビの情報バラエティ番組に人権侵害があったと認定した。BPOは、去年1月に放送された「ニュース女子」の沖縄の基地問題に関する特集で、「基地反対運動を過激な犯罪行動として描き、市民団体の辛淑玉共同代表をあたかもテロリストのように扱っていた」など名誉を毀損する人権侵害があったと認定。再発防止に努力を重ねるよう勧告した。また、意見の分かれている問題にも関わらず、「辛共同代表への取材が行われていない点」、そして「人種・民族の扱いに配慮を欠いている点」をTOKYO MXが考査で問題にしなかったことは、放送倫理上問題があるとした。TOKYO MXは、「勧告を真摯に受け止め、信頼される放送の推進に努めてまいります」とコメントしている。

 

<< >>
OPINIONS 番組に関するご意見募集中 twitterでつぶやく
<< 2018年03月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ARCHIVES 過去の記事アーカイブARCHIVES 過去の記事アーカイブ