新・週刊フジテレビ批評

テレビウィークリー

BPO 「とくダネ!」に放送倫理違反と判断

DATE : 2018.02.10(土)

CATEGORIES : | テレビ ウィークリー |


BPO=放送倫理・番組向上機構の放送倫理検証委員会は、2月8日木曜日、
フジテレビの情報番組「とくダネ!」の2つの特集で「放送倫理違反があった」とする意見を発表した。

「とくダネ!」は去年7月、さい帯血治療に関する医師法違反事件を扱った特集で、「容疑者として別人男性のインタビュー」を放送。
また、翌8月には、別の特集で「京都府議会議員が書類送検された」など事実と異なる放送した。

BPOの放送倫理検証委員会は、事実に反する情報を視聴者に伝えたことや、十分な裏付けがないまま誤った情報を報じたことは、「放送倫理違反」と判断した。

また、刑事事件に関する情報は極めて慎重に扱われるべきで、スタッフの意識を高める取り組みに力を入れるよう求めたほか、すべての放送人に対し、「取材は徹底的に、裏付けは慎重に、しかし放送は果敢に」と呼びかけた。

フジテレビは、「決定を重くかつ真摯に受け止め、今後の番組制作に活かしてまいります。全社一丸となり再発防止に継続的に取り組んでまいります」とコメント。

 

<< >>
OPINIONS 番組に関するご意見募集中 twitterでつぶやく
<< 2018年02月 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

ARCHIVES 過去の記事アーカイブARCHIVES 過去の記事アーカイブ