新・週刊フジテレビ批評

テレビウィークリー

FNSアワード2016贈呈式 第24回FNSドキュメンタリー大賞/第17回FNSソフト工場 「第32回FNSアナウンス大賞授賞式」

DATE : 2016.03.19(土)

CATEGORIES : | テレビ ウィークリー | 報道・情報 |



3月18日(金)、フジテレビ系列28局が制作・放送した番組の中から優秀な番組を選ぶFNSアワード2016の贈呈式、また優秀なアナウンサーに与えられるFNSアナウンス大賞の授賞式が行われた。
優秀なドキュメンタリー番組に贈られるFNSドキュメンタリー大賞は、テレビ長崎制作の『五島のトラさん〜父親と家族の22年〜』。長崎県の五島列島に暮らす9人家族を、22年の長きにわたり密着し続けたこの番組は、家族間の微妙な感情を丁寧に紡ぎ取ったことが高く評価された。
そして優秀なバラエティ番組に贈られるFNSソフト工場の最優秀番組は、福島テレビ制作の『叶えて!魔術先生』。最新の科学技術で夢を叶えるというこの番組は、ディレクターの遊び心が伝わる演出が高く評価された。
また、FNSアナウンス大賞には3人が選ばれた。初めてワールドカップバレーの実況を担当した東海テレビの斎藤誠征アナウンサー。大阪寝屋川中学生殺害事件の被害者の行動を、中継で分かりやすく伝えた関西テレビの新実彰平アナウンサー。そして川崎中1殺人事件の現場で花を手向ける人々に密着したドキュメンタリーのナレーションを担当したフジテレビの武田祐子アナウンサーが、それぞれ受賞した。

 

<< >>
OPINIONS 番組に関するご意見募集中 twitterでつぶやく
<< 2016年03月 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ARCHIVES 過去の記事アーカイブARCHIVES 過去の記事アーカイブ