新・週刊フジテレビ批評

クリティックトーク

東日本大震災 テレビが果たす役割

DATE : 2011.03.19(土)

CATEGORIES : | Critique TALK |

大震災発生から約一週間、既に被災地と東京を3往復したというビデオジャーナリストの神保哲生氏。宮城・気仙沼市、岩手・陸前高田市の取材を終え駆けつけた神保氏は、「本当に被災していれば情報は出しようがないから数日たたないと出てこない。状況がわかってから現地に入ろうとしても規制がかかりなかなか入れないことを阪神淡路大震災の時に経験していたから、地震発生から約一時間後には車で東京を出発。16時間かけて福島県相馬市に到着、ジャーナリストとして初めて被災地に立ち取材を行った。」と語った。コメンテーターのジャーナリスト江川紹子氏の「余震や更なる津波の心配などなかったのか?」という質問に、神保氏は、『防災放送がよく流れていたがリスクを覚悟していた。状況がまず伝わることにより世の中が救援体制を整えてくれると思い後先考えず取材を続けた』と話した。

「テレビとの取材スタンスの違い」については、『テレビは十分な設備があるので、私のように車で往復せずともマイクロや衛星を使い被災地から映像を飛ばすことができる。しかしその分チームで動かなければいけない、小回りが利かないなど長所・短所両面がある。テレビはアンテナなので比較的災害に強いため、非常時のテレビの役割はとても大きいと思う』と話した。同コメンテーターのメディアジャーナリスト・津田大介氏は、「今回マスメディアとネットメディアが国難にどう連携していくかが見られ感慨深かった。震災直後からテレビが壊れた所のためにネットがNHKや民放テレビのサイマル放送を流すという事を始め、またテレビも様々なネットの情報を発信していった。」と語った。神保氏は、『私も垣根がなくなったと驚いた。しかし独自で取材するフリーの記者の記事を吸い上げる仕組みがまだできていないと思う。ネットに災害の映像をあげたら海外から映像が欲しいという多くの連絡があった。メディア全体を使っての取材の成果をテレビという公共性が高い出口を通じて活用できていないと思う。』と話した。

さらに神保氏は、『テレビの記者もリスクをもっと背負って欲しいと思う。結局最終的には視聴者に価値のある物を届けられるかどうかがメディアとしての価値を決めるわけだから、現場でどれだけ頑張るかにかかっている。戦争や災害などになると局は危ないところには行きたくないのでフリーの人から映像を買いましょう、そうじゃなくなったらフリーの人はあっちに行ってくださいでは、いつまでたっても垣根は取れない。テレビは沢山の人が観てくれるが、テレビよりネットに出した方がフリーにとっては価値があるんじゃないか、という事に下手をするとなりかねない。テレビはリアルタイムで見る人の数は多いけどUstreamやニコニコ動画などネットはオンデマンドで流すのでトータルでみるとテレビと変わらないくらいの数になる。私が流した相馬市の被災地映像もすでに視聴者数10万人を越えている。』と話した。

そして『テレビ取材の特に若い方に会うとよく思うが、テレビとはこういうものだ、こういう絵を撮りにいくんだ、というような規定路線があって、どうもそれを探しているように思える。避難所にいっても再会できて抱き合う家族とか、泣いている方を撮りに行くというような…。確かに情緒的なフックっていうのは大事な部分ではあるが、本来より多くの人に観てもらうためのフックであって、そっちがメインではない。自分の目で、耳で取材して今までの形にこだわらず出していけばテレビは変わっていく可能性があると思う。今や色々なメディアで情報が出てくるようになったので、そろそろテレビ側も考えないといけないのでは。今、一番情報が欲しい人のため全てのメディアが一緒になって提供することが大切。それが視聴者にとっては有益な情報が沢山入手できるということになる。』と語った。津田氏は、「ずっとお涙ちょうだい的な映像を流すというやり方は通用しないし、それよりも本当にほしい情報を流してくれというのがネットでも出てきているので、そういうものをテレビも取り込んでいくべき。」と話した。江川氏は、「被災者のおかれた状況がいろいろ多様化してくる。それをいろんなメディアで、いろんな人たちがきちっと伝えていくということが大切になってくる。」と語った。


神保哲生(じんぼう・てつお)

ビデオジャーナリスト
1961年東京生まれ。コロンビア大学ジャーナリズム大学院を卒業後、日刊紙クリスチャンサイエンス・モニター紙、AP通信記者などを経て、1994年独立し、撮影・取材・編集などテレビ制作の工程を一人で行うビデオジャーナリストに。1996年日本ビデオニュースを設立。2000年日本初のニュース専門インターネット放送局「ビデオニュース・ドットコム」を設立。


<< >>
OPINIONS 番組に関するご意見募集中 twitterでつぶやく
<< 2011年03月 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ARCHIVES 過去の記事アーカイブARCHIVES 過去の記事アーカイブ