フジテレビ☆MOVEメルマガ

『ONE PIECE FILM Z』邦画の歴史を塗り替える偉業を達成!満員御礼!入場者プレゼント「第千巻」増刷決定!(2012年12月21日号)

最近一人暮らしを始めたマリンです♪寒いですね〜;
先日実家から救援物資が届きました。ありがたやvv
実家に置き忘れてた洋服・レトルトカレー・お菓子・そして『ふわもこ』…。
ふわもこ!??(* ・`д・´)
『ふわもこ』とは、フワフワ モコモコの太ももまである長い靴下のことなのですが、
寝るときに一度履いたらもうやみつきΨ(`∀´)Ψ
マリンは寝相が悪いので、いつも布団から足が飛び出るのですが
朝起きた時に足が冷たくない!!
春までヘビロテ率No.1になること間違いなしです。

さて、No.1といえば12月15日より全国で公開となった『ONE PIECE FILM Z』!!
(無理やり繋げたー!(・∀・)bグッ)
皆様もう劇場でご覧頂けましたか?
『ONE PIECE FILM Z』は今世紀・邦画2日間最多動員数達成しました!
…わかりやすく言うと、2000年以降の邦画の歴史の中で、
公開初日と2日目に劇場に足を運んだお客さんが一番多かったのです!!
今世紀邦画最多となる土日2日間で動員114万人突破、興行収入13億円突破!
数字が大きすぎてもうよくわかりません!!
映画をご覧になって頂いた皆様、本当にありがとうございます!!
そしてそして!観に来て頂いている皆様に感謝をこめて、
入場プレゼントに入っている第千巻の増刷が決定致しました!
まだ映画をご覧になれてない方も、どうぞ安心して劇場へ(*≧∀≦)

冬休みお正月と、お家でまったりするのも醍醐味の一つですが、
この機会にぜひ、麦わらの一味と一緒に劇場で冒険に出てみてはいかがですか?♪

**********************
映画『ONE PIECE FILM Z』
原作:尾田栄一郎
監督:長峯達也
脚本:鈴木おさむ
出演:田中真弓 ほか
公開:ギガントヒット公開中!
公式HP:http://www.onepiece-film.com/
**********************
2012年12月21日 | 18:03:21 | 個別ページ
歴史エンターテイメントが現る!2013年11月公開 『 清須会議 』 三谷監督のこだわりとは?(2012年12月21日号)

日本史上初めて、
戦ではなく話し合いで歴史が動いたことがあった。
――それが「清須会議」
「清須会議」とは、織田信長の没後、
勃発した信長の継嗣問題と領地分配問題を話し合った会議のことです◎

この歴史を、エンターテイメントとすべく挑むのが
喜劇を大の得意とする三谷幸喜監督Ξ(*゚▽゚)ノ
今日は、来年11月公開予定映画『清須会議』の制作発表の様子をお届けします♪

「初めての時代劇に挑戦するので、衣装やビジュアルにもこだわりました!」
という三谷監督は歴史が大好き!!
何と小学校のころから「清須会議」に心惹かれていたそうです。
本作でメインとなる柴田勝家や羽柴秀吉に至っては
友達のような存在だったとかオオーw(*゚o゚*)w

「好きだからこそ、歴史上の人物に近いキャストを選びました!!」
監督、だいぶ力が入っています(。・ω・。)
そうして集められたのは三谷組ならではの豪華キャスト(o>ω<o)
その中から制作発表にはずらり15名が登壇!
役所広司さん、大泉洋さん、小日向文世さん、佐藤浩市さん、
鈴木京香さん、妻夫木聡さん、中谷美紀さん、浅野忠信さん、
伊勢谷友介さん、剛力彩芽さん、寺島進さん、でんでんさん、
坂東巳之助さん、梶原善さん、市川しんぺーさん
主役級の方がずらりΣ(ロ゚ ノ)ノ

主演の柴田勝家を演じる役所広司さんが
「7年ぶりの三谷組です。見捨てられていなかったと安心しました(笑)」
と会場を沸かせたと思いきや、「髪が薄い」とツッコミを受けて
更に会場を沸かせたのは羽柴秀吉を演じる大泉洋さん。
「衣装合わせの時に愕然としました…(涙)」
という大泉さんに対し、監督はすかさず、
「秀吉は信長からハゲネズミと呼ばれていたんですが、
 今までドラマでもハゲネズミに近い秀吉がいなかったことに
 僕は不満だったんです!!」
と歴史に詳しいフォローがΣ(・ω・ノ)ノ!
「そして白刃の矢が私に…」と笑い泣きの大泉さん。
でもお似合いでした♪

大泉さんだけではありません。
鈴木京香さんは殿上眉にし、お歯黒までする徹底ぶり!!
豪華キャスト陣をすっかり三谷色
いえっ、史実に染め上げた三谷監督!さすがです☆

ビジュアルにこだわった結果、
セットも細部までこだわりがぎゅっと詰められています。
安土桃山時代タイムスリップした気持ちになれる世界観です!
一見の価値ありですのでお楽しみに☆
『清須会議』の続報を待たれよ〜

***********************
『 清須会議 』
原作と脚本と監督 : 三谷幸喜
出演 : 役所広司 大泉洋 小日向文世 佐藤浩市ほか
公開 : 2013年11月予定
***********************
2012年12月21日 | 17:59:21 | 個別ページ
フジテレビアナウンサー立本信吾の映画王国エピソード113『 ミラクル7号 』(2012年12月21日号)

こんにちはタテモトです。今年最後の映画王国です。
今年もさまざまな映画を紹介してきました。いやぁ一年がたつのは早いです。
さて、紹介する作品ですが、タテモトのお気に入り映画『ミラクル7号』です。
『少林サッカー』『カンフーハッスル』でかなぁ〜り独自の世界観をつくりあげてきた
チャウ・シンチーの監督作です。ジャンルはコメディー。
今回もかなぁ〜り独特な仕上がりとなっていますよ。

チャウ・シンチーが演じるのは妻を病気で亡くし工事現場で働く貧乏男のティー。
「貧乏は自分だけで十分!」と…
息子のディッキーを一流私立に通わせているんですね。
だからお金が全然ありません。
ある日、ティーはディッキーの欲しがる靴を探しにゴミ捨て場へいきます。
でも、ティーがそこで見つけたのは靴ではなく…緑色のボール。
家に持って帰ると、そのボールから謎のかわいらしい生物?が産まれました。
ディッキーは大喜び。その生物にミラクル7号と名前を付けて飼いはじめるのでした。

というチャウ・シンチーにしてはかなりファンタジー寄りな内容なんですが、
やはりその演出方法や映像描写はチャウ・シンチーワールド。
『少林サッカー』『カンフーハッスル』ファンにはたまらない内容になっています。
ただ、その2作と今回のミラクル7号の決定的な違いは…笑いの数。
チャウ・シンチー映画といえば息つく暇もないほどギャグ連発で、
観る者を笑いの渦に巻き込みますよね。
でも今作はそのギャグも若干控えめ。
特に後半は笑いの要素を極力抑えて、何だかしんみり。
父親と子供の絆を描く際の二人の自然な笑顔には、涙もろいひとは泣いちゃうかも。
うん。あきらかに過去の作品とは雰囲気が違うんです。

タテモトがこの作品を見た後に思ったのは…チャップリン。
チャップリンが映画人生後半になるにつれて、
単純な笑いではない深みのあるコメディーを追い求めたように、
チャウ・シンチーもそのコメディー観を変化させているように思ったんですね。
本人が出演して監督も務めるという点もちょっと似ています。
さすがにチャップリンと作風は全然違いますがね(笑)。
新境地を開拓したチャウ・シンチー。
最新作は西遊記をモチーフにしたものらしいですが、是非とも劇場で見たい。
日本公開!をサンタさんにお願い中です。

来年も、ミッドナイトアートシアターとムービー★メルマガを宜しくお願いします。
ではではまた来年。よいお年を〜。

**********************
映画「 ミラクル7号 」(2008年香港)
監督:チャウ・シンチー
脚本:チャウ・シンチーほか
出演:チャウ・シンチー/シュー・チャオ/キティ・チャン ほか
DVD:ソニー・ピクチャーズエンタテインメンより発売中
**********************
2012年12月21日 | 17:57:21 | 個別ページ
ついに明日公開! 『 ONE PIECE FILM Z 』 公開直前ファンイベント開催!!(2012年12月14日号)

みなさま、お待たせしました(*>ω<)o
いよいよ明日『 ONE PIECE FILM Z 』が公開となります★
公開を目前に控え、昨日『 ONE PIECE 』が六本木をジャック!!
“ ONE PIECE AWARD ” が開催されました。
麦わらの一味に扮したお客様1,000人がどどっと六本木に押し寄せましたよ♪

舞台には大きな大きなサニーヘッドヾ(=^▽^=)ノ
サニーヘッドの下から続々と豪華出演者が登場です☆
田中真弓さん、岡村明美さん、中井和哉さん、山口勝平さん、平田広明さん、
大谷育江さん、山口由里子さん、矢尾一樹さん、チョーさん、
皆さんそれぞれのキャラクターと同じ衣装を身にまとい、決め台詞を披露すると…
「きゃぁぁぁぁぁぁ!!」と黄色い声援が飛び交い、集まったファンのボルテージは最高潮!

そして…特別なイベントならではのゲストが次々と登場!
まずはワンピース大好き有名人として…
お笑い界から“笑い飯”のお二人、音楽界から氣志団の綾小路翔さん、
スポーツ界から西武ライオンズ石井一久さんがステージに!!
「 実写版のフランキー役として呼ばれたのかと思っていました! 」
と会場の笑いを誘った綾小路さん(*>ω<)o
確かに髪型がフランキーそっくりですよねぇw( ̄▽ ̄)w
「 お子さんがワンピースお好きなんですよね? 」という問いに対し、
「 いえっ!僕発信です!!子供に面白いから見なさいと言いました! 」
と石井一久さんもワンピース好きをアピールしていました◎

さらに、佐々木希さん、田中美保さん、西内まりやさんという華やかなゲストも☆
実は皆さん本作に声優として参加されているんです♪
ちょっとした役なのに、この豪華キャストΣ(・ω・ノ)ノ! さすがワンピース。
お一人は何とおばあちゃん役!劇場で耳を澄まして聞いてみて下さいね!

さらにさらに…本作のゲスト声優、篠原涼子さん、香川照之さんも登場!
会場からは驚き声と同時に大きな歓声が!!
声優初挑戦となった篠原さんはその出来栄えを聞かれ、
「 自分ではやり直した方がいいんじゃないかと思うくらいでしたが、
演出家の方に手取り足取り教えていただき、何とか上映できるようになったと思います。」
とコメントすると間髪いれず、長峯監督が「100点です!」と太鼓判☆
息子さんがワンピースの大ファンだという香川さんは、
「 収録前日に“モサモサの実”の発音を練習していたら、息子に『違うな』と言われました…
息子は完全に自分がルフィやゾロだと思い込んでいて、
家に帰ると『ギガント!』と叫んでいるんですよ(笑) 」
ぽっ(。・_・。)と気持ちが温かくなるエピソードを教えて下さいました◎

「 今日集まってくれたみんな、お前たちはオレの仲間だー! 」
ファンにとってはたまらないルフィの叫びでイベントは終了v(。・ω・。)♪
イベントの様子をメモに取りながら、
コメグも思わずうぉぉぉ!と左手を掲げたくなりました(`□´)ノオオオォォォー!!

シリーズ歴代最高興収を記録した『ONE PIECE FILM ストロングワールド』に次ぐ、
原作・尾田栄一郎先生が総合プロデューサーを務める本作(*>ω<)o
「 原作ファンを代表するつもりで作りました! 」
という脚本家・鈴木おさむさんも出来栄えに大満足の作品ですから、
原作ファンも大満足間違いなし・:*:・゚★(。・ω・)ノ゙
12/15(土)に日付が変わった午前0時から上映を行う最速上映も決定☆
劇場でお待ちしています (*>ω<)o!

**********************
映画『ONE PIECE FILM Z』
原作:尾田栄一郎
監督:長峯達也
脚本:鈴木おさむ
出演:田中真弓 ほか
公開:2012年12月15日全国ロードショー
公式HP:http://www.onepiece-film.com/
**********************

あっ!そして…明日夜9時にはテレビの前に集合っ!!
ワンピース初心者でも大丈夫!もちろんファンは必見!!
『 ワンピース エピソード オブ ルフィ〜ハンドアイランドの冒険〜』をお届けします☆
ルフィが冒険に出るきっかけになった
赤髪のシャンクスとのエピソードを含んだオリジナルストーリー。
これを見れば『ワンピース』がさらに面白くなりますよ(*>ω<)o!
お見逃しなく☆
2012年12月14日 | 19:29:14 | 個別ページ
フジテレビアナウンサー立本信吾の映画王国 エピソード112『 34丁目の奇跡 』(2012年12月14日号)

メリークリスマス!
若干気が早いですが、今年もクリスマスの季節がやってまいりましたね。
クリスマスを題材にした映画はたくさんありますが、
今回はそんなクリスマス映画のなかから 『 34丁目の奇跡 』 の紹介です。
1940年代に制作された同名映画のリメイク作品です。

おもちゃを売る老舗のデパート、コールズに務めるのはシングルマザーのドリー・ウォーカー。
彼女はクリスマスのイベントプロデューサーをしているのです。
ある日、クリスマス商戦を見据えてコールズはクリスマスパレードを企画。
ドリーはそこに偶然居合わせた自らをサンタと名乗る老人クリングルを
サンタクロース役として採用します。すると…この老人がハマり役!
子供たちに大人気でコールズの売り上げもウナギ昇り。
サンタを信じていなかった子供たち、そして大人たちも、その存在を信じはじめました。
一躍クリングルは街の人気者になるんですね。
でも…それを面白く思わない人も、もちろんいました。
コールズのライバル会社です。クリングルは罠に嵌められ…。警察に逮捕…。
これは大変。ドリーは彼を助けるため、法廷での勝負を決意します。
こうしてサンタを信じる人も信じない人も巻き込んで、
年末粉雪混じりのドタバタ裁判が幕を開けるのです。

さてこの映画。
クリスマスものということで子供が観てもとっても楽しい。
でも、大人が観ても実に深みのある作品なんですね。
サンタクロースと法廷という実に似つかわしくない組み合わせの中で、
笑いを交えながら「本当にサンタクロースは存在するのか」を議論します。
真剣です。だからこそ面白い。そして、ときどき観る者にも問いかけるんですね。
「サンタはいるか?神様ってなんだ?信じるってなんだ?大人ってなんだ?」ってね。
タテモトもこの映画を見ながら「う〜ん、なんだろうなぁ」って考えちゃいました。
老人の名前はクリス・クリングル、出身地は北極。職業はサンタクロース。
すべて自称です。彼が魔法を使うシーンも、空飛ぶソリに乗っているシーンもありません。
タテモトは観た直後に「もっと魔法とか見たかったなぁ」と思いました。
でも、実はそこがこの映画のミソ。
映画の中でもサンタを信じるかどうかが議論されますが、
実はスクリーンを観ている「あなた」にも問いかけているんですね。
この画面に映っている老人はただのおかしなお爺ちゃんなのか…
それとも本当のサンタさんなのか…。
非常に心地よい余韻とともに、最後はそんな問いかけを残して映画は幕を下ろします。

クリスマスのミッドナイトにちょうどいい。
大人も楽しめる極上のクリスマスムービー。是非ご覧になってください。

ではでは。ほなまた。

**********************
映画「 34丁目の奇跡 」(1994年アメリカ)
監督:レス・メイフィールド
原案:ヴァレンタイン・デイヴィス
脚本:ジョージ・シートン/ジョン・ヒューズ
出演:リチャード・アッテンボロー/エリザベス・パーキンス/
ディラン・マクダーモット/マーラ・ウィルソン ほか
DVD:20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパンより発売中
**********************

関東地区のみなさまはこの作品の放映を、下記の日時でご覧頂けます。
放送時間:『ミッドナイト・アートシアター』 12月18日(火)26時〜放送予定。
2012年12月14日 | 19:27:14 | 個別ページ
次へ |  トップへもどる |  前へ
このページに掲載されている写真はすべて著作権管理ソフトで保護され、掲載期限を過ぎたものについては削除されます。
無断で転載、加工などを行うと、著作権に基づく処罰の対象になる場合もあります。なお、『フジテレビホームページをご利用される方へ』もご覧下さい。   (C) FujiTelevision Network,Inc.All rights reserved.
フジテレビムービー
フジテレビムービーメルマガ
最新の記事
カレンダー
<   2012/12   >
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリー
アーカイブ