フジテレビ☆MOVEメルマガ

来週土曜にいよいよ公開!『ライアーゲーム -再生-』から、いろんなお知らせをお届けします!(2012年2月24日号)

去る2月9日(木)、『ライアーゲーム -再生-』完成披露舞台挨拶が行われました。
今ならその模様をニコニコ動画(ニコ生放送)でご覧頂けますのでぜひ。
イケテツさんこと、池田鉄洋さんのまわしっぷりが最高です。
当日は興奮して眠れなかったそうです。そうつぶやいてらっしゃいました。
舞台挨拶後は、新井浩文さん、小池栄子さんもニコ生放送に参加してくれて
本当に楽しい番組になりました。

映画をご覧頂いた皆さんどうでしたか?
完成披露でご覧になった方のつぶやきを覗いてみるとなかなか好評価ですが、
もちろん手厳しい意見もなくはない…
松山監督は「制作を発表した時、
ファンから喜びの声と同時に裏切られた、騙されたと言う声が届きました。
僕としては、その声に対して良い作品を作って
“ライアーゲーム”は復活する意味があったんだ
と思ってもらうしか答えは無いと思い、キャスト・スタッフ全員で作品を作ってきました。
この完成披露でライアーゲームは“再生”します。
“再生”した事が正しかったかどうかは、
お客さんに映画を見ていただいて判断していただきたい」と語りました。
もう一回ニコ生でこの部分だけ聞きたいぐらいです。
スタッフの思いを代弁しています。
映画を観てもらえれば確実に皆さんに納得してもらえる、分かってもらえる。
そう思います。
また、この完成披露の壇上で船越英一郎さんが
「これは参加する映画です」とコメント、まさにその通りだと思います。
これは観る映画ではなく参加する映画なんです。
自分もあの空間に放り込まれたらどう動くのか?
裏切らずに裏切られることを選択できるのか?
これはライアーゲーム、
人を裏切ってこそ勝ち上がっていけるんだと開き直って戦っていくのか?
極限状態に追い込まれたとき、あなたはどういう行動をとるのか?
ただただうろたえ逃げ回るのか、
それとも歯を食いしばって踏みとどまるのか、
騙し合うのか、信じ合い助け合うのか。
参加して感じてもらえればいいかなと。自分はマエケンさんの村田です、たぶん。
あと、完成披露を観ていて思ったのは
中田ヤスタカさんの音楽はやはり素晴らしいなということ。
オープニングタイトルのあの曲を聞くだけでテンションあがります。
そして今回はタイトルバックでぎゅいーんってなるんです、曲が。
劇場がライブ会場になります。
監督も言っていたことなのですが、
前作『ファイナルステージ』ほど今作は音楽べた付きなイメージはありません。
その分、メリハリがあって映画に絶妙なテンポ感が生まれています。
映画的な間のとり方というか。観ていて気持ちが良いです。
スピンオフドラマ『フクナガVSヨコヤ』も完成です。
2月25日(土)からBSスカパー!で無料放送。
これも世辞抜きで?面白いです。
何といってもフクナガとヨコヤが出ずっぱりの60分、濃厚です。
ゲームも難しい!でもいいんです、二人がやるゲームが簡単じゃ困りますから。
最後に…
3月3日(土)の公開初日夜9時から放送します。前作『ファイナルステージ』を。
観てから見るか、見てから観るか。そんな感じでしょうか。
よろしくお願いします。

映画『ライアーゲーム -再生-』
原作:甲斐谷 忍「週刊ヤングジャンプ(集英社)」
脚本:岡田道尚 黒岩勉
監督:松山博昭
出演:松田翔太 多部未華子 芦田愛菜/江角マキ子(特別出演)
公開:3月3日(土)
公式サイト:http://liargame.jp/
2012年02月24日 | 16:18:24 | 個別ページ
『ウタヒメ 彼女たちのスモーク・オン・ザ・ウォーター』2月18日 全国公開、大阪での舞台挨拶♪ 全日本選手権チャンピオン輝いた、静ちゃんも参加、4女優が再集結!(2012年2月24日号)

黒木瞳、木村多江、山崎静代、真矢みき。
超豪華メンバーによる女の友情を描いた
『ウタヒメ 彼女たちのスモーク・オン・ザ・ウォーター』の全国公開がスタート!
舞台挨拶が2月18日(土)大阪で行われました!

東京での先行ロードショーの舞台挨拶では、
ボクシング全日本選手権の決勝で欠席した静ちゃんこと、山崎静代さんも駆けつけ、
黒木瞳さん、木村多江さん、真矢みきさんの4名再集結し、
大阪で舞台挨拶が行われました。

挨拶の中で、“地元大阪で映画の舞台挨拶が出来る事を嬉しい。
皆さん是非見てください”と語った静ちゃん、
司会者から“静ちゃんと言えば先日、ボクシング全日本選手権で優勝しましたとね”
と紹介されると会場から温かい拍手が沸き起こりました。

“撮影中、朝からニンニクを丸ごと1個食べていた”というエピソードや、
“撮影の合間に、いないと思ったらシャドーボクシングしていた”
というエピソードなどを黒木さん、木村さんが披露。
“是非オリンピックに行ってください!”とエールを送られると、
“先輩から応援されると頑張らなきゃと思うので、嬉しい”
と感謝の気持ちを伝えていました。
舞台裏には、静ちゃんのお母さんと弟も駆けつけ、
黒木さん、木村さん、真矢さん達記念撮影するなど、
バンド練習、撮影中と友情を育んだ4人だけに、
仲の良い光景が見受けられました。

女性たちが抱えるリアルな悩みと日常の閉塞感、やるせない心情。
女性なら、誰もが「あるある、そういうこと」と思わず共感してしまうテーマに、
ロックバンドという痛快なモチベーションをプラス。
個性豊かな中年女達が慣れない演奏に四苦八苦し、
それぞれの悩みと向き合い、ぶつかり合いながら、
ロックという夢を通して大切なものに気づき、輝きを取り戻していく。
彼女たちの姿に、ときには笑い、ときにホロリとさせられる。
そして最後にはスカッとした気分を味わえること間違いなしの、
大人のガールズムービーです!
黒木瞳、木村多江、山崎静代、真矢みき。
超豪華メンバーによる女の友情を描いた
『ウタヒメ 彼女たちのスモーク・オン・ザ・ウォーター』
全国公開中です!
4女優の共演を是非劇場でご覧ください。

【STORY】
自分では一生懸命やっているつもりなのに、家族や社会にはなかなか認めてもらえない。一見、幸せな奥様に見える40代の主婦、美恵子の心はフラストレーションではちきれそうだった。自分に無関心な夫、引きこもりの娘、嫌みな姑……。私だって疲れるわよ! そんな美恵子がコンビニでパートを始めたことをきっかけに、同じく悩める3人の女たちと意気投合。4人の鬱屈した気分を打ち破ったのは「私たち、ロックバンドやっちゃおうよ!」という大胆な思いつきだった。ディープ・パープルのあの名曲「スモーク・オン・ザ・ウォーター」を、「演奏できたら気持ちいいんだろうなあ」というつぶやきが、彼女たちを駆り立てたのだ。そんな4人に、高校のチャリティ・コンサートの出演話が舞い込んで、テンションは最高潮に。しかし、ひとりを除いてはまったくの初心者。しかもそれぞれ問題を抱えた4人が、一回限りの演奏を成功させることはできるのか!?

監督:星田良子
脚本:神山由美子
原作:五十嵐貴久「1995年のスモーク・オン・ザ・ウォーター」
出演:黒木瞳、木村多江、山崎静代(南海キャンディーズ)、真矢みき
公式サイト:http://www.utahime-eiga.com
2012年02月24日 | 16:17:24 | 個別ページ
映画制作部「ドン」のフジテレビ映画情報!【2月20日】

みなさんこんにちは!
今年はコンスタント更新できてご機嫌な「ドン」です。

本日は先日行われた「ライアーゲーム −再生−」完成披露の模様と
「ウタヒメ 彼女たちのスモーク・オン・ザ・ウォーター」大阪初日の写真をお届けします!

まずは2/9(木)に行われた
「ライアーゲーム −再生−」完成披露試写会の写真をご紹介します!

まずはメインディーラー「アルサブ」の紹介で出演者のみなさんが舞台に設置された赤い階段からの登場です
今回は「イス取りゲーム」にちなんで全員イスに座っての舞台挨拶となりました。

今回の登壇者は、松田翔太さん、多部未華子さん、芦田愛菜さん、高橋ジョージさん、
濱田マリさん、新井浩文さん、野波麻帆さん、池田鉄洋さん、小池栄子さん、鈴木浩介さん、船越英一郎さん、
松山博昭監督、豪華キャスト勢揃いの舞台挨拶でした。



映画の時とは少し違う雰囲気の松田翔太さん!ステキですね
新ヒロインの多部未華子さんもほんとにかわいかったです
そして、笑顔を封印した芦田愛菜さん、舞台挨拶では思わず笑顔がこぼれ「愛菜ちゃんスマイル」健在でした


様々な質問のあと、登壇者全員でフォトセッション
やっぱり豪華ですね〜
一風変わった完成披露試写舞台挨拶でとっても楽しかったです!

詳しい内容は近日中にご報告させて頂きます


さて、続きまして
「ウタヒメ 彼女たちのスモーク・オン・ザ・ウォーター」大阪初日の写真をお届けです

2月18日(土)に全国公開をした今作品ですが、2月11日の東京先行公開時にも
舞台挨拶を行いました。
当日は山崎静代さん(南海キャンディーズしずちゃん)は女子ボクシング(見事勝利!)の試合のため欠席でしたが
18日は舞台挨拶にご登壇頂きました!!

11日の東京先行公開の模様はこちらをごらんください!
「ウタヒメ」東京先行公開



(左から)真矢みきさん、木村多江さん、黒木瞳さん、山崎静代さん(南海キャンディーズしずちゃん)



(左から)木村多江さん、黒木瞳さん、山崎静代さん(南海キャンディーズしずちゃん)、星田良子監督

18日の模様は、今週金曜のメルマガをチェック
4人の女性がそれぞれ違った悩みを抱えながらバンドを通して変化していく彼女たちをぜひご覧ください!

****************************
「ドン」の日常

お昼に海猿担当のK先輩と表面張力対決!
結果は。。。。



引き分けでした!
次はもっとぎりぎりまで挑戦だ

****************************

ご意見・ご感想などございましたら下記へお願いします。
「ご意見BOX」

ドン


2012年02月20日 | 18:45:20 | 個別ページ
『ウタヒメ 彼女たちのスモーク・オン・ザ・ウォーター』 2月11日 東京・有楽町スバル座先行公開、舞台挨拶♪ 静ちゃんも勝利し、縁起のいい好スタート!(2012年2月17日号)

黒木瞳、木村多江、山崎静代、真矢みき。
超豪華メンバーによる女の友情を描いた
『ウタヒメ 彼女たちのスモーク・オン・ザ・ウォーター』の東京先行公開、
舞台挨拶が2月11日(土)有楽町スバル座にて行われました!

静ちゃんこと、山崎静代さんは、
同時刻にボクシング全日本選手権の決勝があるため、
残念ながら欠席になりましたが、
黒木瞳さん、木村多江さん、真矢みきさんの3名が登壇し、
舞台挨拶が行われました。
バンドの練習、映画の撮影を通して、映画と同じく友情を深めた4名。
静ちゃんから、「絶対に勝ちます」というメッセージが届くと、
ヴァレンタインにちなんで、チョコレートで製作された、だるまの目に、
映画のヒット祈願と静ちゃんの勝利を願って、
だるまにチョコレートで目入れを行い、静ちゃんにエールを送りました。
舞台挨拶終了後に、静ちゃんが優勝したという一報が入り、舞台裏は大盛り上がり!
黒木さんは、「オリンピックに一歩近づきましたね。大変だったろうけどお疲れ様」
とねぎらいの言葉を、真矢さんは、「さすが、静ちゃん、有言実行ですね!」と、
木村さんは、「勇気をもらいました。ありがとう!」と3人とも喜びを隠せない様子でした!静ちゃんは、この後、5月に中国で行われる世界選手権に
ロンドンオリンピック出場をかけ挑戦することになります。頑張れ!静ちゃん!
来週18日には、大阪(テアトル梅田、TOHOシネマズ西宮)で予定されており、
静ちゃんを含めた4名が再び集合します!お楽しみに!

女性たちが抱えるリアルな悩みと日常の閉塞感、やるせない心情。
女性なら、誰もが「あるある、そういうこと」と思わず共感してしまうテーマに、
ロックバンドという痛快なモチベーションをプラス。
個性豊かな中年女達が慣れない演奏に四苦八苦し、
それぞれの悩みと向き合い、ぶつかり合いながら、
ロックという夢を通して大切なものに気づき、輝きを取り戻していく。
彼女たちの姿に、ときには笑い、ときにホロリとさせられる。
そして最後にはスカッとした気分を味わえること間違いなしの、
大人のガールズムービーです!
黒木瞳、木村多江、山崎静代、真矢みき。
超豪華メンバーによる女の友情を描いた
『ウタヒメ 彼女たちのスモーク・オン・ザ・ウォーター』
2月18日(土)全国公開です!
4女優の共演を是非劇場でご覧ください。

【STORY】
自分では一生懸命やっているつもりなのに、家族や社会にはなかなか認めてもらえない。一見、幸せな奥様に見える40代の主婦、美恵子の心はフラストレーションではちきれそうだった。自分に無関心な夫、引きこもりの娘、嫌みな姑……。私だって疲れるわよ! そんな美恵子がコンビニでパートを始めたことをきっかけに、同じく悩める3人の女たちと意気投合。4人の鬱屈した気分を打ち破ったのは「私たち、ロックバンドやっちゃおうよ!」という大胆な思いつきだった。ディープ・パープルのあの名曲「スモーク・オン・ザ・ウォーター」を、「演奏できたら気持ちいいんだろうなあ」というつぶやきが、彼女たちを駆り立てたのだ。そんな4人に、高校のチャリティ・コンサートの出演話が舞い込んで、テンションは最高潮に。しかし、ひとりを除いてはまったくの初心者。しかもそれぞれ問題を抱えた4人が、一回限りの演奏を成功させることはできるのか!?

監督:星田良子
脚本:神山由美子
原作:五十嵐貴久「1995年のスモーク・オン・ザ・ウォーター」
出演:黒木瞳、木村多江、山崎静代(南海キャンディーズ)、真矢みき
公式サイト:http://www.utahime-eiga.com
2012年02月17日 | 15:26:17 | 個別ページ
フジテレビアナウンサー立本信吾の映画王国 エピソード75『ウタヒメ 彼女たちのスモーク・オン・ザ・ウォーター』(2012年2月17日号)

毎週恒例の立本アナウンサーによる映画コラム!
立本アナウンサーへの応援メッセージや、メルマガへのご意見はこちら↓
http://www.fujitv.co.jp/movie/ml/goiken/ 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

今作の主役は4人の個性的な女性たち。
みんなアラフォー(40代近辺)なのですが、
そんな彼女たちがなんとロックバンドを結成してしまうのです。
僭越ながら私タテモト。
今回ミッドナイトアートシアターでキャストの皆さんにインタビューをさせて頂きました!!
いや〜。超豪華女優陣が並ぶ、もうそれだけでかなりのインパクト。迫力がありました。
さて、映画のみどころですが…
一つは彼女たちが実際に演奏しているラストのライブシーン。
圧巻なのは、やはりヴォーカルとギター担当の黒木瞳さんです。
黒木さんが演じる優等生な主婦だった美恵子。
でも次第に彼女自身が自分の中に閉じ込めてきた本当の自分に気づき、
分厚い殻をぶち壊していくんです。
「優等生ぶってんじゃねーぞ、私!!」という強烈な熱が、
そのギターサウンドと歌声から伝わってきます。
実は元ロッカーらしい謎多き女の新子(真矢みき)、
人一倍頑張り屋さんのバツイチ女のかおり(木村多江)、
さびしがりやの団地妻の雪見(山崎静代)。
とんでもなーく個性的なメンバーの想いを背負ってサウンドを解き放つ美恵子の姿に、
タテモトはクラクラしちゃいました。
そしてもう一つの見どころは。女子力!
「AKB48にも負けないくらいよ!」と、
インタビューでも4人の皆さんは語ってくださいましたが、
現場での女性のイキイキとしたパワーが
スクリーンを通じてこちらにも伝わってきます。
監督は星田良子さん、そして脚本は神山由美子さん。
このコンビが描き出す女性ならではの
「あるある〜」感が満載の独特な世界に共感できること間違いなし。
実際に映画館の中でも女性客の反応が人一倍強いような気がしました。

商店街で4人がお互いの感情を吐露し、ぶつけ合うシーンはまさに女子力全開で、
男性なら若干ひいちゃうかも?というくらいの激しさMAXな演出になっていますので、
特にこのシーンは必見ですよ。
いよいよ明日18日より、全国ロードショーです!
映画館で女子グループで見るのもよし、彼氏・彼女やご夫婦で観るのもよし。
4人の奏でる音楽と、大人の青春を感じちゃってください。
ほなまた。

映画「ウタヒメ 彼女たちのスモーク・オン・ザ・ウォーター」
監督:星田良子
脚本:神山由美子
原作:五十嵐貴久「1995年のスモーク・オン・ザ・ウォーター」
出演:黒木瞳、木村多江、山崎静代(南海キャンディーズ)、真矢みき
公式サイト:http://www.utahime-eiga.com   
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
立本信吾アナウンサー
http://www.fujitv.co.jp/ana/tatemoto/
2012年02月17日 | 15:25:17 | 個別ページ
次へ |  トップへもどる |  前へ
このページに掲載されている写真はすべて著作権管理ソフトで保護され、掲載期限を過ぎたものについては削除されます。
無断で転載、加工などを行うと、著作権に基づく処罰の対象になる場合もあります。なお、『フジテレビホームページをご利用される方へ』もご覧下さい。   (C) FujiTelevision Network,Inc.All rights reserved.
フジテレビムービー
フジテレビムービーメルマガ
最新の記事
カレンダー
<   2012/02   >
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29
カテゴリー
アーカイブ