フジテレビ☆MOVEメルマガ

この冬最高のラブコメディー『クロサワ映画2011』いよいよ明日公開! 出演者「舞台挨拶」のお知らせ!最終版!(2011年11月25日号)

『クロサワ映画2011〜笑いにできない恋もある〜』がついに明日公開です!
女芸人の人生を「笑い」と「涙」でつづる大人気ラブコメディーの本作。
第1弾の「クロサワ映画」は、沖縄映画祭グランプリを獲得!
第2弾となる本作もファンと審査員の支持により、急きょ特別賞を受賞!
ちょっと元気のない日本に大きな感動を呼び起こします。
そして、最後の結末は衝撃!みなさん、その目でとくとご確認下さい。
本日は、公開初日の舞台挨拶について最後のご案内をします。
登壇するのは黒沢かずこ、椿鬼奴、光浦靖子、大久保佳代子の四人組に加え、
人気急上昇のコン・テユ、イ・テガン。
そして、特別応援として、森三中の大島、村上も乱入!
温かくて最高に笑える舞台挨拶になります。
詳しくは、下記のフジテレビムービー公式サイトをご確認下さい!
↓ ↓ ↓
http://www.fujitv.co.jp/movie/index.html


タイトル:クロサワ映画2011〜笑いにできない恋もある〜
脚本  :石原健次
監督  :渡辺 琢
出演  :黒沢かずこ、コン・テユ、椿鬼奴、光浦靖子、大久保佳代子、イ・テガン 他
公開日 :11月26日(土)〜明日〜
公式サイト:http://misskurosawafilm.com/index_pc.html
2011年11月25日 | 15:33:25 | 個別ページ
映画「ロボジー」全国キャンペーン出発イベント♪(2011年11月25日号)

マリンです(◎´∀`)ノ.。.:*
皆様ご無沙汰しております♪
急激に寒くなってきましたが、お元気でしょうか??
私は先日浅草寺に行ったら、3連続で"凶"をひきました。
「人の道にはずれないように」と書いてあったのですが、
私に何が起こるのでしょうか?
ちょっと神様、せめてヒントだけでも・・・ヽ(´Д`;)
さて、2012年1月14日より公開となる映画『ロボジー』。
皆様チェックして頂けているでしょうか?
『ウォーターボーイズ』や『スウィングガールズ』『ハッピーフライト』など、
お腹がよじれるほど笑った後に、ホロっと感動をさせてくれる
矢口史靖(やぐち しのぶ)監督の最新作!!
先日、この映画の宣伝で、全国各地の劇場にお邪魔する全国キャラバンの
出発イベントが行われました!
『ロボジー』に出演している"ニュー潮風"が生まれた東宝スタジオ前からの出発。
何とも感慨深いですね・・・(*ノ∀`*)
当日の様子は、下記「ロボジー」の公式Twitterからチェックできますので、
是非のぞいてみて下さいね!
https://twitter.com/#!/robo_g_movie
マリンもお見送りに行ったのですが、『ロボジー』のラッピングが施された車で
助手席にニュー潮風が乗って、監督が運転している姿は何とも可愛らしかったですvv
無事に全国各地を回ってきておくれ〜。
もし街中で見かけたりしたら、これもご縁だと思って
写メを撮ってブログにあげて、めっちゃ宣伝してくださいw
2012年公開のフジテレビ映画1発目を飾る映画『ロボジー』!
最高に笑えて、泣けて、最後にじ〜んと感動できるお話になっています。
是非、おじいちゃん、おばあちゃん、お孫さんと一緒に楽しんで頂きたい作品ですね。
もちろん、カップルや親子にもオススメ映画です♪
今後もイベントの様子など、皆様にお伝えしていきますので、どうぞお楽しみに☆

映画『ロボジー』
監督・脚本:矢口史靖
出演:五十嵐信次郎/吉高由里子 濱田岳 川合正悟 川島潤哉 
田畑智子/和久井映見 小野武彦 ほか
公開:2012年1月14日(土)制御不能のロードショー!
公式HP:http://www.robo-g.jp/
2011年11月25日 | 15:31:25 | 個別ページ
フジテレビアナウンサー立本信吾の映画王国 エピソード66『ジェロニモ』(2011年11月25日号)

毎週恒例の立本アナウンサーによる映画コラム!
立本アナウンサーへの応援メッセージや、メルマガへのご意見はこちら↓
http://www.fujitv.co.jp/movie/ml/goiken/ 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
歴史ものはその作品がいつ、誰に映画化されたかによって
大きくその表情を変えるものだと思います。
その監督の心の奥底にある「正義」がスクリーンに映し出される。
そこが歴史映画の面白いところですよね。

今回紹介する映画の主人公は題名の通りジェロニモ。
ネイティブアメリカンの部族であるアパッチ族を率いて
白人の支配と戦った実在の人物なのです。
ジェロニモを演じるのは「ザ・ラストモヒカン」でも相当いい味を出していた
ウェス・ステューディ。
なんでも彼自身がネイティブアメリカンの血を引いているということで、
その顔立ちや風貌、醸し出す雰囲気は他の俳優に真似できないものがあります。
さて、ジェロニモというと
歴史を勉強したことのある人であれば一度は耳にしたことがある有名な人物。
そして、その印象は強奪や殺戮を繰り返す
凶暴なアパッチ族の戦士…決していいものではありませんよね。
実際、映画の序盤でウェス・ステューディが初めて画面に現れる時は
そのような第一印象を受けます。
過去にジェロニモに関する物語は何度か映画化されていますが、
西部劇における悪役がほとんど、決してヒーローとは言い難い扱いです。
そんなジェロニモですが、この映画では
自然を愛し、仲間を想い、そして実に理性的な人間として描かれています。
白人に対する炎のような復讐心はもちろん存在するのですが、
その瞳の奥には冷静かつ正確に未来を見つめる聡明さも同居しているのです。
アパッチ族が白人を襲撃するシーン。
監督がスローモーションで描くそのシーンで表現したかったのは、
残虐なアパッチ族ではなく、
人間としての尊厳を守るために必死でもがくアパッチ族なのではないでしょうか。
これこそがこの作品における、
監督の譲れない正義への想いなのではないかとタテモトは思いました。

そして、ジェイソン・パトリック、マット・デイモンという有名どころに加えて
ロバート・デュヴァルやジーン・ハックマンという
超渋い名優たちが白人文化のジレンマを見事に表現しているところも見どころですよ。
タテモトのお気に入り台詞はジェイソン・パトリックの一言。
「私は人間だ、君と同じ…家に帰って、家族の顔が見たい。」
ほなまた。

映画『ジェロニモ』(1994年・アメリカ)
監督:ウォルター・ヒル
脚本:ジョン・ミリアス/ラリー・グロス
出演:ジェイソン・パトリック/ジーン・ハックマン/ロバート・デュヴァル/
ウェス・ステューディ/マット・デイモンほか

※関東地区のみなさまは、この作品の放映を下記の日時でご覧いただけます。
放送時間:『ミッドナイト・アートシアター』11月29日(火) 26時05分から放送予定
※放送でご覧いただけるのは、関東地区のみとなります。予めご了承ください。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
立本信吾アナウンサー
http://www.fujitv.co.jp/ana/tatemoto/
2011年11月25日 | 15:30:25 | 個別ページ
『ステキな金縛り』大ヒット御礼舞台挨拶!!狙うは今年の邦画NO.1☆☆☆☆☆(2011年11月18日号)

◎◎ドーナツです◎◎
13日(日)に映画『ステキな金縛り』の大ヒット御礼舞台挨拶が行われ、
深津絵里さん、中井貴一さん、阿部寛さん、
脚本と監督を務めた三谷幸喜監督が登壇しました(*^^)v
三谷監督は「こんなカッコ良いのに、
こう見えて日本を代表するコメディアンであると思っている中井さん、阿部さん、
そして世界を代表するコメディエンヌの深津さん…
いつも素晴らしい俳優さんに集まっていただいて僕は幸せ者です」
と登壇したキャストの方々を大絶賛!
さらに、映画のストーリーにちなんで、
西田敏行さん演じる落ち武者の幽霊・更科六兵衛が法廷シーンで、
見えない人に意思を伝えるために使用されるハーモニカが登場。
六兵衛さんがハーモニカを使って話すという異例のご挨拶(@_@;)
登壇者の方々の質問に対して、
ハーモニカをYESの時は一回、NOの時には二回吹いて答える六兵衛さん(^o^)/ 
会場内は拍手が沸き起こりました。
最後に「幅広い年齢層に方々に観ていただいてとても感謝しています。」と
三谷監督の感謝の言葉で幕を閉じました。
「ステキな金縛り」はまだまだ大ヒット公開中です。

映画『ステキな金縛り』
脚本と監督:三谷幸喜
出演:深津絵里 西田敏行 阿部寛 竹内結子 浅野忠信 草なぎ剛・中井貴一 ほか
公開:大ヒット公開中!!
公式HP: <http://www.sutekina-eiga.com/>
2011年11月18日 | 16:43:18 | 個別ページ
劇場版最新作『ライアーゲーム −再生−』芦田愛菜 出演決定!!(2011年11月18日号)

2012年3月3日公開の映画『ライアーゲーム −再生−』に、
芦田愛菜ちゃんの出演が決定しました!
愛菜ちゃんが演じるのは、謎に満ちた天才少女・アリス。
最年少ライアーゲーム事務局員役として、クールな黒服を身にまとい、
今回は日本中を魅了するあの“愛菜ちゃんスマイル”を封印!
新境地に挑みます。

前作で、松田翔太演じる秋山深一に大敗したライアーゲーム事務局。
今回復讐のために復活したライアーゲーム事務局の標的は秋山ただ一人!
その秋山をゲームにおびき出し、
ライアーゲームシリーズ史上最高の傑作エピソードと言われる
“イス取りゲーム”を展開する最新作で、
愛菜ちゃんは秋山をこのゲームに陥れる重要な役どころを演じます。
愛菜ちゃん演じるクールなアリスと
松田翔太さん演じる秋山らプレイヤーとの対立の構図は
これまでのライアーシリーズに無かった
新たな緊張感をもたらしてくれることは間違いありません。
来年3月3日の公開、ご期待ください。

映画『ライアーゲーム −再生-』
原作:甲斐谷 忍「週刊ヤングジャンプ(集英社)」
脚本:岡田道尚 黒岩 勉
監督:松山博昭
出演:松田翔太 多部未華子 芦田愛菜
公開:2012年3月3日(土)
2011年11月18日 | 16:42:18 | 個別ページ
次へ |  トップへもどる |  前へ
このページに掲載されている写真はすべて著作権管理ソフトで保護され、掲載期限を過ぎたものについては削除されます。
無断で転載、加工などを行うと、著作権に基づく処罰の対象になる場合もあります。なお、『フジテレビホームページをご利用される方へ』もご覧下さい。   (C) FujiTelevision Network,Inc.All rights reserved.
フジテレビムービー
フジテレビムービーメルマガ
最新の記事
カレンダー
<   2011/11   >
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
カテゴリー
アーカイブ