2016年03月23日

イースター休暇

 代表ウィークに入りリーグ戦が中断するドイツでは、イースター休暇も始まりました。
夜の試合だとまだまだ真冬の寒さが辛いですが、日中は春の日差し。20日のアウグスブルク対ドルトムント戦に駆けつけたドルトムントのファンたちも、市役所前広場のカフェの外席に座って日光浴していました。

 さて試合は、アウグスブルクに先制されて、前半終了間際に1-1に追いつき、後半にカストロとラモスが得点して3-1で勝ちました。
まあ、期待通りの結果と言っていいでしょう。これでバイエルンとの勝ち点差5をキープできました。
バイエルンは3年前には2位ドルトムントに勝ち点25差、2年前は19点差をつけて優勝し、昨シーズンはウォルフスブルクに10点差でしたから、”差”が縮まるこの傾向が続けば、来季の優勝争いはもっと面白くなるかもしれません。

 ドルトムントは4月に、欧州リーグでリバプール戦、リーグ戦ではシャルケとのダービー、ドイツ杯の準々決勝のヘルタ戦と見どころが目白押し。日本人選手の多くを巻き込んだ残留争いもスリリングです。

2016年03月15日

You’ll never walk alone

 3月13日のマインツ戦、後半28分。オーバメヤンからのボールが左から入り、香川選手のゴールが決まりました。
でもなぜか、観客たちは静かなまま。「カーガワ・シンジ〜」と歌うこともなく、スタジアム・アナウンサーもいつもと違って暗い声で2−0が入ったことを伝えるだけ。いつもとは何かが違うことを察した香川選手は、控えめに喜ぶだけでした。
 
 その後もしーんと静まりかえったファンたちは、88分になると急にみんなでマフラーを掲げて「You’ll never walk alone」を大合唱。これにはマインツのファンたちも参加し、試合後には選手たちも南側スタンド前で肩を組んで、一緒に歌いました。
 
 試合中に観客2人が心臓発作を起こし、その1人が亡くなったことに対する悲しみをファンたちが表現したのですが、瞬く間に8万人に広まって、その統一の取れていることに感心しました。
スタジアム・アナウンサーが試合後に「ファンのみなさんの、敬意のあるこの行動に感謝します。特にマインツのファンたちに、ありがとうと言いたい」と言ったのも良かったです。こういうことがきっかけとなって、両クラブ•サポーター同士の友好関係が生まれたりするのかもしれません。
 
 毎試合8万人もの観客が集まるのですから、いつ何があってもおかしくないのかもしれません。
長年勤務するセキュリティーの男性は、「心臓発作はよくある。でもこういう風にファンたちが反応したのは初めて」と言っていました。
 
 ちなみに選手たちは、試合が終わってから事情を知ったそう。異様な雰囲気の中で試合を続けるのは難しかったかもしれないですね。
とにかく、考えさせられる特別な試合になりました。
 

2016年03月08日

監督解任
 3月6日、フランクフルトがアーミン・フェー監督を解雇しました。
後任候補にはヨス・ルフカイ(元ヘルタ、アウグスブルク)、マルクス・ギスドル(元ホッフェンハイム)、タイフン・コルクト(元ハノーファー)などが挙がっているそうです。

 現在他にも、ハノーファーのトーマス・シャーフ監督、シャルケのアンドレ・ブライテンライター監督、メンヘングラッドバッハのアンドレ・シューベルト監督、レヴァクーゼンのロジャー・シュミット監督の座が怪しいとか。一人監督が動くと、他のクラブでも監督人事が回り出すことを、ドイツでは「監督のメリーゴーラウンド」と呼びます。

先週発売のシュポルトビルト誌ではこんな合成写真が……(笑)

フェー監督とシューベルト監督が馬から落ちそうになっている一方で、ヴァインツィール監督(アウグスブルク)やハーゼンヒュットル監督(インゴルシュタット)はしっかり馬にまたがっていますが、頭の中では違うクラブのことを考えています。
 
 同誌の推測では、このメリーゴーラウンドを動かすことになるのはおそらくRBライプツィヒ。
来季1部に昇格する見込みのこのクラブは、ヴァインツィール監督の招聘を願っているものの、アウグスブルクはRBライプツィヒに行かせたくないため、メンヘングラッドバッハが横入りする。
そうなるとメンヘングラッドバッハは現在のシューベルト監督を解雇し……とメリーゴーラウンドは回り始めるということです。
 

2016年03月04日

リーガ優勝争い
 スペインではバルサのリーガ優勝は事実上決定、といわれている。
 バルセロナの地元メディア、スポルト紙やムンド・デポルティーボ紙は当然のこと、マルカ紙やアス紙などマドリード本拠の媒体も「レアルもアトレティコもこのバルサには追いつけない」という論調で埋め尽くされている。
 バルサとの勝ち点差は開く一方だが、その理由のひとつは、苦手とする2月の克服にあった。
過去を振り返ると、バルサが2月に苦しんだ年は多く、同時期に落とした勝ち点は少なくない。一般的に2月というのはシーズン半ばを乗り越え、ちょうどフィジカルとメンタルが低迷する時期といわれる。事実、バルサだけでなくレアルマドリーも昨季はこの時期に苦しみ、多くのポイントを落としている。
前線のトリデンテ以外はメンバーを回しながらこの時期に挑んだルイス・エンリケにも称賛の声が上がる。通常ならこの3人も交代で休ませるものだが、彼はあくまでも3人だけは変えずに毎試合起用した。今年2月のバルサは7勝1分け。リーガ記録となる34試合無敗記録に並んでいる。
シーズンの最大の山場を最高の形で乗り越えたバルサ。焦点はいつタイトル獲得がきまるか、この一点だけだ

2016年03月01日

日本人選手トリオ

 2月27日。8連敗して最下位にいるハノーファーが、アウェーのシュツットガルト戦で勝利しました。
この試合でトーマス・シャーフ監督は6つのポジションを変えていて、「やぶれかぶれの策か」ともとられましたが、大当たり。シュツットガルトに先制された後も諦めずに、相手の猛攻撃に耐えぬいて、いずれも清武選手のフリーキックから2得点。0−1を2−1にひっくり返しました。
 
 それにしても、清武選手のフリーキックはさすがです。怪我でしばらくいなくても、こういう感覚はなくならないようです。
また、この試合では日本人選手が3人も同時に先発出場したのですが、清武選手、酒井宏樹選手、山口選手の試合後の話を見てみると、3人ともそれは意識していたようです。
「僕たち3人がいて降格することは、やっぱり日本人の評価を下げてしまうことにもなるので、とても悔しい思いでしたし……」と酒井選手。
試合終了の笛が鳴った時には、本当に嬉しそうに、山口選手に駆け寄って行きました。
 
 一方で清武選手は、しばらくベンチに座ったまま。「疲れました!久々に90分近くプレーして、疲れたし」としながらも、「まだ1勝しただけなので、そこは気を締めてやらないと。この1勝が無駄になる可能性もあるし、だからこれからかなと思います」と冷静でした。
でも「喜びまくったら、疲れますもん」と笑顔を見せる清武選手に、とてもシンパシーを感じました。
「ハノーファーが生き残るための唯一の希望」とか地元紙に呼ばれてプレッシャーにならないかなと考えたのは、余計な心配のようでした。
<<前のページへ  1  次のページへ>>