2015年10月27日

ユヴェントス対アタランタ

ミッドウィークのCLボルシアMG戦がスコアレスドローに終わったこと、その試合で今夏の補強の目玉商品だったディバラがまたもスタメンを外れたことで、この試合に向けたマスコミの論調は、4000万ユーロを投じて獲得したにもかかわらずディバラを活かせないアッレーグリ監督を批判するものだった。昨シーズンまで所属していたパレルモのザンパリーニ会長が「パウロのようなタレントは自由にプレーさせるべきだ。アッレーグリはディバラを壊そうとしている。もし使わないのなら移籍させた方がいい」とコメントしたことも、火に油を注いだ格好。

 批判を浴びたアッレーグリ監督は前日会見でこうコメントして苛立ちを隠さなかった。
「ディバラはFWの中で一番出場時間が長い。一部のマスコミが書いていることを読むと笑うしかない。パウロはまだ若い。去年パレルモで担ったような責任をここですぐに担わせるのは間違っている。4000万ユーロも払って獲得したことは、監督である私にとってはどうでもいいことだ。そういうことを言うと逆に本人を困難に追い込むことになる。マンチェスター・シティが8000万ユーロ支払ったデ・ブルイネだってあまり出場していないがイングランドでは何も言われない」

 そしてこの試合でスタメン出場したディバラは、前線を縦横無尽に駆け回って数多くのチャンスに絡み、1得点1アシスト、さらにPKをひとつゲットするという大活躍を見せた。試合後のインタビューでは次のようにコメントしている。
「半分だけ満足している。ゴールとアシストは良かったけれどミスも多過ぎたから。このポジションでプレーするのは簡単じゃない。パレルモでは1トップとして自由にプレーさせてもらって、ヴァスケスがいつもアシストしてくれた。でもここでは僕がチームメイトをアシストしなければならない。それがもっとうまくできるように毎日トレーニングしている。プレッシャー?大丈夫。いつもチームメイトと話をして、新聞はあまり読まないようにしてそういうプレッシャーを避けるようにしているし」

2015年10月27日

香川真司の喜び

 25日、アウグスブルクを相手に5-1(3-0)で圧勝したドルトムントですが、香川選手が2アシストを決めました。
でも本人が「アシストうんぬんというより一番嬉しい」と言っていたのは、何かというと……
 
 それは、ロイスによる2−0をアシストした際の手の使い方でした。寄せてくる相手にうまく手を入れてブロックしながらドリブルして、ロイスへ切り返したシーンですね。
「手の使い方っていうのは意識してるんで……ドリブルの時もそうですけど、こっちの選手はうまいですから。今日は自然と体がついてきてた……」と照れ笑いしていました。
 
 アシストとか起点とか、そんなんじゃない。そういう細かいところで何かがいつもより上手くいった時の喜び。
なるほど〜。リーグ戦では連勝して首位を独走しているバイエルンを見ると、「気持ち的によく持つな」と関心しますが、3冠という目標やチーム内のライバル競争があるのは当然として、そういう日常の小さな喜びというかも、モチベーションになっているのかもしれませんね。

2015年10月21日

アセンシオのセンセーション
 エイバルのボルハ・バストンと共に、一躍時の人となっているのが、エスパニョールのアセンシオだ。
 
 彼にとってリーガ1部でのプレーは初めてのことだが、わずか5試合、高いセンスとテクニックで、スペイン人を虜にしている。
 
 第8節、エスパニョールがアウェーでベティスを破った試合でのことだ。
 
 アセンシオに敵地のサポーターは盛大な拍手を送った。敵地で喝采を浴びる、というのは、限られた選手にしか起こらないことだ。近年ではカンプノウでのジダンやベルナベウでのロナウジーニョくらいだろう。並の好プレーくらいでは、スタジアム全体が揺れるような喝采は起きないのである。
 
 それにもかかわらず、この19歳の若者は各地でスペイン人の心を動かしている。
 
 ちなみに1−3で勝利したベティス戦、アセンシオは1点も得点を決めていない。得点という結果が何よりも重視されるスペインで、無得点でこれほど評価されるケースは稀だ。3アシストをしたアセンシオに、地元紙マルカは異例の9点をつけ絶賛した。
 
 今夏のU19欧州選手権で優勝したスペインU19代表の中心で、同大会では最優秀選手にも選出。この活躍を続ければ、来夏のユーロ2016のメンバー入りもあり得る。メジャー大会3連覇の後、ここ数年はやや停滞感のあるスペイン代表を活性化できるのは、この19歳かもしれない。

2015年10月20日

壊された夏のメルヒェン
 2006年の自国開催のW杯は、ドイツの人たちにとって「夏のメルヒェン」としてとても良い思い出として残っています。
それが買収されていた可能性があると、10月17日発売のシュピーゲル誌が報道して、ドイツに激震が走りました。
なにしろ、ドイツでは”神”的は存在で「皇帝」と呼ばれるベッケンバウアー(W杯組織委員会会長だった)も絡んでいるとか。
 
 開催国を決める投票の際、FIFA理事24人からドイツが確実に集められるのは欧州の7、8票だけ。
南アフリカと12対12の”引き分け”となれば、会長の権利として1票入れることができるブラッター氏が南アフリカを選ぶことは明らかで、このままではドイツは負けてしまう。
だから最低あと4票は必要……という計算で、アジアの4理事を買収したというのが疑惑です。
 
 買収するための670万ユーロを組織委員会に貸したのは、元アディダス会長のロバート・ルイス・ドレイフェス氏。
同氏にこれを返すため、FIFAの銀行口座に支払いの指示を出したのが現ドイツサッカー連盟会長のニースバッハ氏(当時組織委員会の役員)だったとか。
 
 いや〜、こんなすごい情報をシュピーゲル誌に提供したのは誰なのでしょう?!
プレス席では「ニースバッハに恨みのある人に違いない」、「ブラッター自身じゃないか?」などと憶測が飛び交っていましたが、私の隣に座った人が一言。
「なに、そんなのNSA(米国国家安全保障局)に決まってるだろう?」!
 
……いやはや、真相はいずこに。これからの報道が気になります。

2015年10月13日

ナポリ好調の要因
 ナポリは、首位フィオレンティーナと並んでいま最も勢いのあるチームだ。立ち上がりこそややもたついたが、サッリ新監督がシステムを当初の4-3-1-2から4-3-3に変えた第4節以降、すべてが噛み合って4試合で11得点1失点という絶好調ぶりである。
 
 サッリ監督は昨季チームが不本意な成績に終わったことでややモティベーションを落としていたイグアインを「世界最高のセンターフォワード」と評価し、就任当初からチームの中心に据えて戦術を組み立てた。

コンパクトな陣形を高い位置まで押し上げてのハイプレスという守備戦術にも積極的な貢献を要求しながら、敵陣でのボール奪取がより多くのゴールにつながることを説得、イグアインもこれに応える形でこれまでにないほどアクティブにプレッシングに取り組んでいる。

ユヴェントス戦でヘルナネスの横パスをかっさらって独走し、そのままねじ込んだゴールは、今シーズンのこうしたプレースタイルの変化を象徴するもの。味方のプレッシングから生まれたこぼれ球を拾ってのゴール(ラツィオ戦、サンプドリア戦)も、ナポリのアグレッシブな守備戦術の賜物だ。

もちろん、持ち前の得点感覚を活かしたセンターフォワードらしいゴールも多い。インシーニェからのスルーパスに合わせて絶妙のタイミングで裏に抜け出してのゴール(サンプドリア戦)はその典型。

 インシーニェのゴールは、そのイグアインとの息の合ったコンビネーションから生まれたものが大半。4-3-3の左サイドで「逆足のウイング」としてプレーするインシーニェは、敵の右SBと右CBの「ゾーンの切れ目」でパスを受け、そこから前を向いてゴールに向かって斜めに仕掛けるプレーを最も得意としている。そこから前線のイグアインにスルーパスを送り込むこともあれば、イグアインに当ててワンツーのリターンを受けシュート、あるいは単独でドリブル突破をしかけてそのままシュートと、レパートリーは豊富。そのいずれの形からもゴールやアシストを成功させている。
 
 ナポリはハイプレスでボールを奪うと、前の3人だけでなく中盤からハムシク、アランも前線に走り込み、ワンタッチ、ツータッチでボールを素早く動かして一気にゴールに迫るシステマティックな攻撃の形を持っている。これによって前線のイグアイン、インシーニェにに数多くのボールを供給できていることが、彼らの好調にもつながっていると言える

2015年10月13日

ベニテス監督の誤算
 10月のユーロ2016予選、各国代表の試合を頭を抱えて見ていた男がいる。

 レアルマドリーのラファ・ベニテス監督だ。

 彼はこの代表戦で、今季のマドリーで最も好調だった2選手、ベンゼマとモドリッチを負傷で失ったのである。リーガ得点王でもあるベンゼマは3週間の離脱。”現マドリーはモドリッチのチーム”と言われるほど攻撃の中心になっているモドリッチは、チャンピオンズリーグのPSG戦での復帰が予想されるが、これも定かではない。

 特に得点面で痛いのはベンゼマ。8月29日以降、ベンゼマとロナウド以外の選手は誰も得点しておらず、ゴールはこのふたりに完全に頼る形になっている。エースのロナウドはエスパニョール戦しか得点していないなどパフォーマンスにブレも。

 得点源とチャンスメイカーのふたりを一時的に失ったベニテス。得点王不在の中、ベニテスが望みをつなぐのは、まさかの不調に苦しむロナウドしかいない。

2015年10月13日

クロップ プレミアリーグへ

 ユルゲン・クロップがリバプールの監督に就任して、盛り上がっているのはイングランドのメディアだけでなく、ドイツもです。
ビルト紙は、クロップ監督一行がドルトムント空港にタクシーで乗りつけたところから、ネットでレポート。
ドルトムントの番記者がリバプールに先入りして、クロップの動きを逐一伝えていました。
 
 久々に見る(生ではないですが)クロップ監督は、ちょっと痩せてスッキリした感じで、英語でもイングランドの記者たちを笑わせていているところは、さすが。「私はノーマルワン!」と言ったあたりもお茶目で、ドルトムント時代と変わらないなあ〜と懐かしくなりました。
 
 そして、今季のブンデスリーガで何かが足りない……と思っていたものが何だったかが、わかりました。
試合中はコーチングゾーンで、ふつう大人なら有り得ないほど跳んだり跳ねたり……試合後の記者会見ではユーモア溢れる発言と相手監督との面白いやり取りで記者たちを笑わせ、テレビのインタビューでも怒ったり笑ったり表情豊かだったクロップ監督がいないのは、やはりさみしいです。
 
 アンフィールド・ロードで大暴れするクロップ監督を見るために、有料のSKYテレビと契約をする人もドイツで増えることな間違いないでしょう。
 
※ツィッター動画
https://twitter.com/JOE_co_uk/status/652435991869919232


 
<<前のページへ  1  次のページへ>>