2015年07月25日

新戦力
 シャヴィの離脱後はじめてとなる今シーズン、バルセロニスタの間で期待が高まっているのが、新加入のアルダだ。

 アルダはアトレティコではサイドハーフ、ウイング的な位置を務めていたがバルサではインテリオール、チャビのポジションでの起用も考えられている。アルダは「誰もチャビになることはできない。彼はバルサだけじゃなく、世界のアイドルだった。自分は違うタイプの選手だ。自分のプレーでファンを喜ばせたい」と比較を望まなかったが、同ポジションで期待が高まっているのは確か。前線にはメッシ、スアレス、ネイマールに加えペドロも待機しており、競争は熾烈だからだ。ちなみにアルダの昔からのアイドルはメッシでもチャビでもなく「イニエスタ」とのこと。半年後、同じ中盤で自身のアイドルと共にプレーするアルダの姿をファンは楽しみにしている。

<<前のページへ  1  次のページへ>>