2015年09月15日

マッチプログラム
 
 イングランドのマッチプログラムは、実に充実しています。

 レスターでも、オールフルカラーの全84ページ。価格は3.5ポンド(約650円)とやや高めですが、対アストンビラ戦の内容もイングランド代表に選出されたFWジェイミー・バーディや、90年代に活躍したクラブOBのインタビュー、1950年代のプログラム紹介となかなか読み応えがあります。
 
 ふと目に止まったのが、キッズサポーターを紹介する「ジュニア・ニュース」のページ。ホームのアストンビラ戦で「エスコートキッズ」を務めた子どもたちの紹介欄です。
 
 レスターの愛称「フォクシーズ(きつね)」にちなんで、「お気に入りのフォックス(選手)は?」との問いに「Shinji Okazaki」(!)と答えるオーウェン君の可愛らしさに思わず微笑んでしまいますが、「スコア予想」で0−2から3−2への大逆転劇を見事に的中させたハリー君の勘の鋭さには脱帽です。
 
 父親からサッカーの英才教育を受けているのか、キッズサポーターといえども侮れません。

2015年09月08日

百年越しの夢 ボーンマス
 英国南西部のボーンマスを取材してきました。南海岸に位置するリゾート地として知られ、人口は約16万人。ビーチと温暖な気候が自慢の中都市のサッカークラブが、初めてプレミアリーグに昇格したことで、街は異様な盛り上がりを見せています。
 
 なにしろ、1890年のクラブ創設以来、初となる1部参戦です。百年越しの夢を叶えたサポーターが、興奮するのも無理はありません。しかも、2008年には破産を申請して4部に降格。苦難を乗り越えた分、喜びもひとしおのようです。
 
 本拠地ヴァイタリティ・スタジアムの集客数は約11,700人で、今季プレミアリーグで断トツの最小スタジアムになります。開幕2試合は当然のように満員で、「チケットがとれない」と地元サポーターからは嘆き節も聞こえてきます。
 
 広告ボードには地元企業の名が並び、壁面には昨季2部優勝時の巨大パネルが掲げられるなど、スタジアム内はアットホームな雰囲気が漂っています。チームを率いるのは、クラブOBで弱冠37歳のエディー・ハウ監督。世界中からスーパースターが集うプレミアリーグですが、彼らのような地元志向の強いクラブに注目しても面白いのではないでしょうか


 

2015年09月01日

サウサンプトン・吉田麻也
 サウサンプトンの吉田麻也が先月30日に行われたノーリッジ戦で先発フル出場し、3−0の勝利に貢献。これで今シーズン公式戦の全8試合でフル出場となりました。

 サウサンプトンで4季目を迎え、選手の入れ替えが激しいチームの中ではすでに古株と呼べる存在です。本人は「僕はこのクラブのスーパースターではないので」と謙遜していますが、先月の27歳の誕生日にはチームメートのポルトガル代表CBのジョゼ・フォンテやイタリア代表FWのグラツィアーノ・ペッレら5選手が駆けつけ、ロンドン市内の日本食レストランで食事を楽しんだようです。存在感も影響力も、年を追うごとに増してきています。
 
 故障者が続出した昨シーズンは、ユーティリティ性を買われてサイドバックもこなし、新境地を切り開いています。そんなプレーはもちろん、試合後の囲み取材で「最近、SBをやって当たり前のようになっているのが、ちょっと怖い!」と言って記者を笑わせてくれるのも、彼の魅力のひとつです。人当たりの良さとユーモアあふれる言葉の数々。素晴らしい人間性があるからこそ、仲間からも深く愛されているのでしょう

 

2015年08月25日

岡崎 プレミア初ゴール

 レスターに加入した岡崎慎司が、15日のウエストハム戦で移籍後初ゴールを決めました。試合後の会見では、クラウディオ・ラニエリ監督が鼻をクンクンさせながら「シンジにはゴール嗅覚がある」と独特の表現で賞賛。記者たちを笑わせていました。
 
 クロスボールに右足アウトサイドのボレーで直接合わせ、GKが弾いたところを頭でねじ込んだゴールについても「シンジにとっては、いたって普通の得点。わたしもハッピーだが、そこに驚きはない。勇敢でファンタスティック!」と日本代表FWに信頼を寄せている様子です。
 
そのラニエリ監督。00〜04年まで指揮を執ったチェルシー時代にあまりに頻繁にセレクションを変えたので「ティンカーマン(下手な修理屋)」と不名誉なあだ名をつけられてしまいましたが、開幕2連勝で試合後に暫定首位に立ったことで、英紙『サン』も「ティンカーマンからリーグのトップマンへ」と驚きをもってレスターの好スタートを伝えています。シーズン開幕前は降格候補と言われていた彼らが、はたしてどこまで躍進できるか。スイス代表MFのギョクハン・インレルの獲得も無事決まり、ラニエリ監督は汚名返上に燃えていることでしょう。
 
<<前のページへ  1  次のページへ>>