2014年06月28日 OA
トイレそうじ!? とむくん

岐阜県羽島市のとあるお宅に、とっても一途なにゃんこが暮らしています。
猫じゃらしをくわえて現れた「とむ」。


スーパーの駐車場で衰弱していたところを保護されたのがウソのように元気です。猫じゃらしを投げると、くわえて持ってくるのが、今一番気に入っている遊び。猫じゃらしを追って、階段を上り下りすること、十数回。ご主人が音を上げるまで、何度でも繰り返します。


一途なんです。
そんな「とむ」、ご主人がトイレそうじを始めると、
ちょっと変わったことをします。


カバーの中に入りカリカリ、カリカリ…。夢中で天井を掻くんです。
トイレそうじのときは決まってこうなります。
(ご主人がそうじする猫砂の音に合わせて…。)そうじを手伝っているつもりでしょうか。思い込んだらとっても一途な「とむ」なんです。


2014年06月21日 OA
開かないドアはニャイ! キキちゃん

千葉県流山市。この街のとあるお宅にドアを開けるのが得意なにゃんこが暮らしています。「キキ」です。
ドアノブめがけて、ジャンプ。いとも簡単に開けるんです。
そんな「キキ」にも、この家に一つだけ苦手なドアがあります。


大好きなご主人が開けたこのドア。
手前に引かなければ開かないので「キキ」は滅多に手を出しません。


夕方。外出したご主人が帰ってきました。
早くご主人の元へ行きたい「キキ」。そこに立ちはだかる苦手なドア。
一筋縄ではいきません。するとこの大股開き。
あとは手前に、よいしょ!開きました!


ご主人への想いが苦手なドアをこじ開けたんです。
開かないドアはニャイ。今日も満足げな「キキ」なんです。


2014年06月14日 OA
都電とにゃんこ ドラくん

都電が走る東京・大塚。とある中華料理店に町のみんなに愛されているにゃんこがいます。子猫の頃からご主人と毎日お店に通う「ドラ」。寂しがり屋だから、家で留守番をしているよりいいんです。


ご主人はベトナム出身で、17年前からこの町で中華料理店を営んでいます。猫には少々賑やかなこの場所。でも「ドラ」は町の人たちと触れ合えるここが大好き。


こちらの女性は、猫じゃらし持参で毎日来てくれます。
おもちゃにおやつ、ベッドや毛布など、町の人たちから「ドラ」へのプレゼントは絶えません。


そして一番のお楽しみが散歩。この日連れて行ってくれたのは小学生のお姉ちゃん。お店が忙しいご主人に代わりお客さんや近所の人と一緒に行くこともしばしば。都電の走るこの町で、人情に触れ幸せに暮らす「ドラ」なんです。


2014年06月07日 OA
ピアノでおやすみ リズムくん

横浜市のとあるお宅に、音楽好きのにゃんこが暮らしています。
名前は「リズム」。
大好きなピアノの音色に誘われ動き出しました。


中でもお姉ちゃんが弾く「少年時代」がお気に入りで、ついうっとり。
お姉ちゃんも「リズム」がそばで聞いてくれると、
練習により身が入るといいます。


今度は軽快なテンポのバッハ。すると…目はパッチリ。
子猫のころから、ピアノが寝床であり、遊び場でした。
以前は鍵盤に乗り、自ら音を奏でることも。最近はもっぱら聞き役。


猫は人間よりも聴覚が鋭いはずですが、近くで聞きたいのか、
ピアノのそばへ移動。そしてうっとり。
耳を傾けてくれる「リズム」のおかげで、お姉ちゃんのピアノの腕もみるみる上達。今日もお姉ちゃんのピアノに聞き惚れる「リズム」なんです。


<<前のページへ  1  次のページへ>>