辰巳雄大さんが初月9で相葉雅紀さんと初共演!
『貴族探偵』第10話(6月19日)と最終話(6月26日)にジャニーズJr.内の人気ユニット・ふぉ〜ゆ〜のメンバー、
辰巳雄大さんが出演することが決定しました。
今回が初の月9ドラマ出演、そして相葉さんとは初共演となります。

辰巳さんが演じるのは、日本を代表する門閥・具同家の跡取りである具同弘基(ぐどう・ひろき/桐山漣)の従兄弟・具同佳久(ぐどう・よしひさ)。具同家の興りは、日露戦争で勲功を上げた基親(もとちか)が造船所を設営したことにより、その後は軍部との関わりを深め、武器商人として財をなしていきます。現在の当主・基文(もとふみ)からはアジアへ進出。シンガポールを拠点にインドや中東への軍需品の販売を拡大しています。
佳久は基文の次男の息子で大学院生。礼儀正しく性格は真面目。名門の出自らしく所作にも気品があり、ただ女性に対して非常に積極的な従兄弟の弘基とは違い、どこか奥手な人物。また基文の長男の息子である弘基からは「分家」と下に見られており、それに対して胸に一物を持っています。

相葉さんと初共演になる辰巳さんは、KinKi Kidsや嵐などのコンサートのバックダンサーを務めて培われた屈指のダンス力と、自身が「会いに行けるジャニーズ」と言う、その飾らない親しみやすさから若者を中心に人気急上昇中のユニット・ふぉ〜ゆ〜のメンバーとして活躍中で、目標の人は相葉さんです。それは以前、辰巳さんが、相葉さんが『8時だJ』(テレビ朝日系)に出演していた当時に番組内で“スーパーアイドル”と呼ばれていたことから、「もう少し大人になったら、尊敬する相葉くんに続く2代目スーパーアイドルに絶対なる!」と公言するほど。そんな辰巳さんは、これまで芝居においては舞台を中心に活動をし、そこで育まれた演技力はスタッフや共演者から高く評価されています。目標の人物・相葉さん演じる貴族探偵の謎を巡る激動の最終章だからこそ、辰巳さんが大いに盛り上げてくれることは間違いありません!

羽鳥健一プロデューサー
「ふぉ〜ゆ〜のメンバーとして数多くのお仕事を経験しているにもかかわらず、非常に謙虚にドラマの収録現場に臨まれている姿が印象的です。当初は少し緊張した様子でしたが、相葉さんと初めて共演するシーンにおいて前室で気さくに会話をしたり実際に共演したりすることで、少し肩の力が抜けたようで、とてもナチュラルなお芝居をされていました。演じていただいている佳久という役は、妹思いのやさしい兄、ということでご本人のキャラクターとも重なるところがあるのではと思っています。そのナチュラルさを活かして、今後さらに飛躍されることを願ってやみません」