上原多香子さんが月9ドラマに初出演!
『貴族探偵』の第8話(6月5日放送)に上原多香子さんが出演します。
上原さんは今回が初の月9ドラマ出演。また、主演の相葉雅紀さんとは初共演となります。
上原さんが演じるのは韮山瞳(にらやま・ひとみ)という、とある大学の准教授で菌類研究者。と同時に武井咲さん演じる新米探偵・高徳愛香の大学の先輩であり、愛香と一緒にミステリ研究会に所属していた過去を持つ女性です。
第8話は、愛香が師匠と仰ぐ今は亡き名探偵・喜多見切子(井川遥)の遺品のメモ帳で見つけた「政宗是正」という名前こそ貴族探偵(相葉雅紀)の謎の正体につながる鍵だと感じた愛香が、警部補の鼻形雷雨(生瀬勝久)に警察の力で「政宗是正」が何者なのか調査をしてもらえないか、と相談をするところから幕を開けます。鼻形に、これまでに分かった貴族探偵と切子の過去を説明していると、瞳から電話が掛かってき、これから、久しぶりに大学へ遊びに来ないかと誘われることに。
学生時代を思い出し、懐かしさに心を満たされた愛香が瞳の准教授室に入ると、そこには貴族探偵の姿が。実は、とあるパーティーで貴族探偵と瞳は知り合い、瞳が新種の光るキノコを発見したと聞き、それを見に来た貴族探偵が、瞳と愛香の関係を知ると愛香も誘うよう瞳に進言したのでした。
「あなたは何人恋人がいるんですか?」とあきれかえる愛香ですが、どこ吹く風で紅茶を楽しむ貴族探偵。そんな折、悲鳴が上がります。なんと瞳の研究室のゼミ生が殺害されていたのです。
警察が現場を調べる中、鼻形も到着。今回も貴族探偵と愛香の推理対決になるかと思いきや、警官は愛香に近寄り、重要参考人として話を伺いたいと言います。もちろん、愛香は無罪を訴えるものの連行されることに。そして、愛香は鼻形に助けを求めます。ついに1人で推理をすることとなった鼻形! 果たして真実にたどり着くことができるのでしょうか? そして愛香の運命は!?

今回が初の月9出演となった上原さん。一流の研究者というドラマの登場人物で、これまでで最も知的でクールな役どころに挑むこととなりましたが、菌類研究者故に自身初のマッシュルームカット姿で見事に演じきり、超個性的なキャラクターたちの中でも圧倒的な存在感を見せ、見事な化学反応を起こします。また初の鼻形の推理劇も大きな見どころ。普段、場を笑わす立場であることが多い鼻形が必死に真相を探り当てようとする姿は、まさかの感動を約束! さらに、第7話のラストでみなさんを衝撃の渦に落とし込んで話題沸騰の「政宗是正」の正体がついに明らかになる激動の第8話! ぜひお見逃し無く!

上原多香子さんコメント
Q・『貴族探偵』への出演の感想をお願いします。
「個性的で魅力あふれるキャストの皆さんとご一緒できることが楽しみでしかたがなく、撮影中は毎日が新鮮でした。素敵な機会をいただき、本当にうれしかったです」
Q・瞳を演じて印象に残っていることをお願いします。
「瞳は、キノコの研究に情熱を注ぐ准教授で、無意識にヘアスタイルまでもキノコっぽくなってしまっている!という(笑)。衣装合わせでウィッグを合わせた時は見慣れない姿に若干違和感がありましたが、撮影が終了する頃はすっかりなじんでいて、逆に地毛の姿に違和感があるほどでした」
Q・相葉雅紀さんとは初共演となりましたが、感想をお願いします。
「歌番組などでご一緒することはありましたが、お芝居を通して共演させていただくのは初めてのことで、とても楽しみでした。爽やかで穏やかな方と勝手にイメージしていたのですが、そのイメージのままま優しい方で同い年ということもあり、お話しやすかったです」

羽鳥健一プロデユーサー
「2015年に舞台で上原さんのピュアなお芝居を拝見してから、いつかお仕事をご一緒したいと思っていたのですが、遂に果たすことができました。上原さんに演じていただくのは若くして大学の准教授というエリートでありながら、貴族探偵とパーティーで知り合ってアバンチュールな仲かもしれないチャーミングなキャラクター。研究対象であるキノコさながらのマッシュルームカットで可愛らしい姿が印象的です。しかし、担当するゼミの幹事が自分の研究室内で殺害されるという事件が発生することで、意味深なキャラクターへと変貌していく様を見事に演じていただきました。クレバーでありながらも怪しさや妖艶さを垣間見せるお芝居にぜひご期待ください!」

 
田中千絵さんが12年ぶりに凱旋出演!
貴族探偵』第9話(6月12日放送)に田中千絵さんが出演することが決定しました。
田中さんは今回が『剣客商売スペシャル「決闘・高田馬場」』(2005年9月6日放送)以来12年ぶりの日本ドラマ出演、ならびにゴールデン帯(午後7時〜10時)放送の連続ドラマへは初出演となります。

田中さんが演じるのは水橋佐和子という名の女性ジャズシンガーで夫(山中崇)はサラリーマン。大人気作家(小市慢太郎)と結婚した元女優(高岡早紀)を姉に持ち、性格は自由奔放で、異性に対しても開放的。ある日、佐和子の家族と姉の家族、また両家族と親交のある男性ミュージシャン(中村俊介)の5人で、その姿を見た者は運命の人と結ばれると言われている“あかね古式蝶”という珍しい蝶が出ると噂のキャンプ場で、バーベキューをすることに。蝶はなかなか見つからないものの、バーベキューを心から楽しむ一同ですが、その笑顔を悲鳴に変える殺人事件が発生してしまいます。被害者は、なんと佐和子。絞殺された遺体は、世にも美しい姿で発見され、全員にアリバイがあるという状況の中、果たして犯人は誰なのか?
さらに第9話では事件をきっかけに、第7話より激動の展開を見せている「貴族探偵の謎」、その正体に、武井咲さん演じる新米探偵・高徳愛香がついに迫ることになります。
超豪華出演者に加え、アジアを股にかけて活躍するトップ女優が参戦! 最終回を前に謎が破局的に崩れ出す必見の回! すべてのみなさまが必ずや仰天する貴族探偵のカタストロフィに、ぜひご期待ください!

田中千絵さんコメント
Q・『貴族探偵』出演のオファーを聞枯れた時の感想をお願いします。
「今回『貴族探偵』のオファーをいただけたことは、私にとってとても意義深いものでした。月9・30周年という節目のこの作品に参加させていただけたことはもちろんですが、デビュー作『美少女H』で大変お世話になった中江監督と羽鳥プロデューサーと20年ぶりに、またこうしてお仕事をご一緒させていただけたこと、どんなに時間がたっても当時と変わらない温かさで私をまたフジテレビのドラマに呼んでくださったことに心から感謝しています」
Q・撮影現場はいかがでしたか? 主演の相葉さんの印象も併せてお願いします。
「久しぶりの日本語でのお芝居に最初は慣れない感じでしたが、共演者のみなさん、スタッフのみなさんがファミリーのようで、とっても温かい現場でした。毎回撮影に行くのが楽しかったです!相葉さんはブラウン管を通してもその人柄の良さが伝わってくる程で、今回共演させていただけることを、とても楽しみにしていました。台湾や中国でも相葉さんは大人気で、私の台湾の友人にも相葉さんのファンはたくさんいます。今回のゲスト出演が決まったことに、私よりも周りの台湾の友人たちが興奮していたくらいで(笑)、相葉さんの人気はアジア圏でも絶大なものです!」
Q・視聴者のみなさまへ見どころをお願いします。
「今回の見どころは、トリックが"まさか"というところに仕掛けられているところと、私が演じさせていただいた被害者である佐和子の死体が、今までには見たことのない姿で発見されるので、ぜひそのあたりに注目して見ていただければと思います!」

羽鳥健一プロデユーサー
「1998年『美少女H』というドラマで、僕はプロデューサー、田中さんは女優としてお互いデビュー同士の立場でお仕事をご一緒させていただきました。それから20年近い月日が経っていることに驚きを隠せないのですが、当時田中さんは女子高生とは思えない大人びた表情やお芝居が印象的でした。その後、田中さんは活躍の場を台湾、中国に移し、大活躍していることは知っていたのですが、今回、本当に奇跡的にタイミングが合ってお仕事を再びご一緒にできることとなり感激の限りです。美しい表情やお芝居には、ますます磨きがかかっていて、ドラマの中の重要な役どころを見事に演じ切っていただいています。夏は中国の作品の撮影を予定しているということで、ますますアジアでの活躍を願ってやみません」
<<前のページへ   次のページへ>>