2012/11/30(金)

やっと見つけた!バリアフリー自販機

寒くなりましたねー。咽喉と鼻の調子がイマイチの桜井郁子です。

先日、「障害者と放送の未来」というシンポジウムを聴きに、新宿区にある全国障害者総合福祉センター 「戸山サンライズ」に行ってきました。

シンポジウムは、字幕放送や手話放送に関しての問題点が浮き彫りになって興味深いものでした。
で、休憩中飲み物を買おうとしたら・・・さすがに行き届いた自販機がありました!バリアフリー自販機!!

「働く障害者を応援」する自販機だそうですが、よく見ると・・・

品名・金額・あたたかい・つめたいなどの説明に「点字」がついています!

しかも・・・

紙幣やコインの挿入口にも点字があり、取り出しやすく工夫されています。この取り出し口は、手が不自由は方でも簡単に扱えそうです。

下の方には、こういうボタンが。

高いところに手が届かない車いすの方の為のボタンですね。背が低い私にも嬉しい♪子どもも嬉しい♪


以前、<ダイアログ イン ザ ダーク>のアテンダーさん(視覚障害者)と雑談していて、「自販機って困らないですか?」と聞いたことがあります。実際困るのだそうです。「だいたい一番上の右側に水のボタンがあるでしょ。水が出てきたら『当たり!』って感じです。職場の近くにある自販機は、どこに何があるか見える人に教えてもらって覚えるのですが」とおっしゃっていました。

バリアフリーは障害のある方だけに便利という意味ではありません。誰にでも使いやすいということ。誰にでも親切に心配りされているということ。その「誰」には、あなたも私も子どももお年寄りも外国人も含まれています。

こういう自販機が、なぜ公共の場にもっと増えないのでしょうねー


投稿:桜井郁子 l 10:26 l 個別ページ l 考えさせらた事

2012/11/21(水)

相田さんではなく!会田さんの展覧会。

桜井郁子です、こんにちは〜

わぁーーーーい六本木の森美術館で美術家・会田誠さんの個展「会田誠展:天才でごめんなさい」が始まりました!プレス内覧会で拝見しましたが、久しぶりにワクワクする展覧会でしたー



同じアイダさんでも、「〜人間だもの」の相田みつをさんではないですよ。こちらの会田さんは「天才だもの」とでも言いましょうか・・・。

この人、何でも描けちゃうのです、そう「天才」だからね!琳派の屏風絵的な日本画も油彩も彫刻も映像、どんな技法も軽々取り入れて、しかも「会田誠」なのです。


まぁ、鮮やかな「桜の巨木」でしょうか?

いえいえ!!ピンクの部分は、一時期街中にあふれたピンクチラシ

まあ、可愛い!一年生の作品が、なぜこの会場に?


この一連の作品(全18作品)のタイトルは、「みんないっしょ」。<子どもの頃に美術の授業で描かされた道徳的なスローガンの児童画>を28歳の時にヒネリやデフォルメを加えて描いた作品です。<子どもの純粋を大人が利用する構図に抵抗や嫌悪を感じていたのが動機>。そうそう、そうなのよ!めちゃかっこいいシュミレーションアートです。

別の展示室には、こういう屏風も。ビール箱の上に展示しているのも逃せない。この展示室は戦争画の再考。


その一方、この気の抜けた人は「考えない人」

ロダンの「考える人」のポーズの様であり、弥勒菩薩半跏思惟像にも似ている。この作品は写真撮影OKです!是非、「考えない人」をあなたの待ち受けに。

私が一番笑ったのは、これです。

小さい人々が箱の上に乗っています。箱の中には音響装置が仕込まれていて・・・

腰に紐をつけて引っ張る、歩きながらマイクで「〇〇はんたーーーい!」など自分の主張を叫ぶ。それがこの「一人デモマシーン」の正しい使い方。箱の中から小さい人たちが、一緒に叫んでくれます。この面白さは、是非会場で。

もちろん、この超巨大な名作《
滝の絵》2007-10年も展示されていますよ。



書き出せばきりがありません。展示室に入るたびに「ウワーーーッ」と驚きますー。「現代美術は分からない」が口癖になっている、そこのあなた!実はこういう作品群を見たことがないのではありませんが。見もしないで、楽しみもしないで「わからん」と言ってはいけません。


奇才 会田誠の全貌が明らかに!『会田誠展:天才でごめんなさい』
会  期: 2012年11月17日(土)−2013年3月31日(日)
会  場: 森美術館(六本木ヒルズ森タワー53階)
主  催: 森美術館






投稿:桜井郁子 l 16:56 l 個別ページ l アートの話

2012/11/09(金)

こんなんあったら便利〜その後〜

こんにちは。

CSR推進室の木幡です。

先日アップした【コードぱっちん】(←勝手にそう呼んでいる)ですが、
思いのほか使いやすく、また周囲にも好評でしたので、
違うリボンでもいろいろ作ってみました

シックなアダルトタイプも・・・。

携帯の充電器がいい感じでまとまります

一個の制作時間は、およそ20分。

日本って携帯周辺機器などにはみんな驚くほどこだわりがあり
お店にも多種多様なアイテムがあるのに、
コードを束ねるものは意外とない。

さらに改良を重ねてみます




投稿:木幡美子 l 11:24 l 個別ページ l あれこれ

2012/11/07(水)

二本松市にて朗読会

CSR推進室の木幡美子です。

11月3日
福島県の二本松市で「ずっとおうえんプロジェクト」の活動の一環として
朗読会を開催しました。

訪れたのは「安達が原ふるさと村」というところ。

ほのぼのとしたいい雰囲気

「福幸祭」というイベントの一企画として
この施設内の古民家で西山喜久恵アナの朗読会を開催しました。

戊辰戦争に出陣し命を落とした二本松少年隊(最年少隊士の年齢はわずか12歳)の
実話をぜひフジテレビアナウンサーに朗読してもらいたい、と
地元の青年会議所の方から依頼を受けたのがきっかけです。

福島テレビの人気キャラクター【ふくたん】も登場し子どもたちは
大喜び

二本松のみなさんと出会うことができ思い出深い一日となりました。

詳しい内容は近日中にホームページにアップします




投稿:木幡美子 l 14:41 l 個別ページ l CSR活動報告

2012/11/07(水)

こんなんあったら便利?

こんにちは!
CSR推進室の木幡です。

今日は“コード”の話です。

みなさんの身の回りにどれだけのコードがありますか

イヤフォンとか、充電ケーブルとか、パソコン周辺機器への接続コードとか
とにかく びよ〜〜んと長いものが
たっくさんありませんか?

これらを世の中の人はどうまとめているのか。
いつも疑問でした。

聞いてみると・・・

ヘアゴムで止めていたり、それ自体で結んでたり、
リボンタイ(針金がはいっているヤツ)で束ねたり、
あるいは、そのままにしているという人も。

でもどれもあまり美しくない。

そこでこんなものを作ってみました

材料は、よく紙袋についているヒモと余ったリボン。

これを縫い合わせスナップをつけただけ。

これをどうするかというと・・・・

こうする。

すっきりかわいい

“ぱっちん”と留めるから
名付けて【コードぱっちん】

売れるかな?













投稿:木幡美子 l 11:41 l 個別ページ l あれこれ

2012/11/01(木)

足場も美しい。今こそ、平等院鳳凰堂へ!

こんにちは!桜井郁子です。
昨日は、社会貢献イベントで京都府宇治市に行ってきました。
宇治市内にあるグループホーム(認知症のお年寄りが暮らしています)で、「にゃんこ THE MOVIE5」の上映会を行ったのですが、今回は特別に牧原俊幸アナウンサーのマジック付き


岡春夫さんの♪「憧れのハワイ航路」をバックに牧原アナが次々繰り出すマジック!お年寄りはもちろん大笑い、大喜びでした。私も、お年寄りたちと一緒に拍手しながら楽しい時間を過ごしました。

この模様は、CSRブログに近々アップします。

さて、このイベントの帰り。宇治といえば、お茶?いえいえ、10円玉でおなじみの世界遺産「平等院鳳凰堂」ですすぐ近くまで来ているのですから、この名高い名所を拝見せねば。

しかし!平等院では、、国宝平等院鳳凰堂の屋根葺き替え及び塗装事業を実施>中。<鳳凰堂は仮設素屋根に覆われ、足場等が掛かった状態>なのです。ある意味、めちゃくちゃ珍しい状態を拝見できるわけで・・・


ほうほう、確かに工事中。クレーン車も庭園内に入っています。

足場の中には、働いている方々が。世界遺産&国宝の屋根葺き替えができる方々ですから、「日本の匠」の中でも特に選ばれたスペシャリストなのでしょう。なんか、「工事」には見えないのです。これもアリ!と思える端正さ。
わずかに1000年の歴史を生きた鳳凰堂が見えます。


この位置でよーーく見ると、「そうかーーー、足場がすべて材木なんだ!だから美しいんだー」 発展途上国ならいざ知らず、2012年の日本で材木の足場を見るとは!!しかも、造形美と言っていいほどのこの見事な組み方。足場も、水面に移って上下対称のの美しさ。
船として漕ぎ出しそうな光景です。この足場の組み方もまた、スペシャルな匠たちにしかできない1000年の技なのでしょう。

見る価値あります、この工事現場。平成26年3月31日(予定)までかかるそうですから、今こそ、是非平等院鳳凰堂へ。

あっ、そういえば一昨年は出雲大社の<国宝御本殿の御修造・大屋根の檜皮の葺き替え>を見に行ったなー。昔、改修工事中のパリの凱旋門も見たことがあるなー。

私は、工事好きなのか??













 





投稿:桜井郁子 l 14:49 l 個別ページ l 旅の話

<< 前のページへ   次のページへ >>