2012/08/31(金)

京都でパワースポット三昧(伏見稲荷編)

桜井郁子です。京都・鞍馬山で「パワー浴び放題」の翌日は、<お稲荷さん御鎮座1300年>の伏見稲荷大社へ。
全国に3万社もあると言われるお稲荷さんの総本宮が伏見稲荷大社です。名前は知っていても、行ったことがない方、多いんですねー。京都駅から、すぐなんですよ。東山36峰の南の端。

まず驚くのは、中国系の観光客の多さ。金運上昇の現世利益パワーと魔力に対抗する朱塗りが、中国系の方々の心にもヒットするのかな?ま、そもそも歴史的には渡来人の秦氏とゆかりの深い伏見稲荷ですから、中国系の方には別の感慨もあるのかもしれない。


お稲荷さんですから、もちろん境内のあちこちに狐さんがいます

しかし、稲荷大神が狐さんではないのよ
<「稲荷大神様」のお使い(眷族)はきつねとされています。但し野山に居る狐ではなく、眷属様も大神様同様に我々の目には見えません。そのため白(透明)狐=“びゃっこさん”といってあがめます>ということです。

さて、甲子園球場約22倍の面積がある稲荷山です。本気を出して登ったら、結構スゴイよ。


伏見稲荷の写真で印象的なのは、なんといっても鳥居。この朱塗りの鳥居がパワースポット感をあおります。

絵馬も鳥居。効き目がありそうーーーー

シャッターチャンスの大鳥居。さて、この大鳥居をくぐって振り向くと・・・

ジャ―――――ン、フジテレビにもなじみの深い「電通」の巨大な社名。こんなでっかい鳥居を奉納するって、本気を出していると、妙に感心。


電通に比べて控えめな大きさですが、フジテレビ系列の関西テレビと書かれた鳥居もありました。奉納したのは、今年3月。ご利益が期待できます!


はい、これが超有名な千本鳥居。実際は、この後延々鳥居が続いて、数千本あるそうです。

千本鳥居の中。霊気が漂って、怖いくらいのパワーに圧倒されます。

奥社奉拝所まで歩くと、こんな素敵な絵馬に巡り合えます。この頃、テレビでも良く取り上げられていますよね。

絵馬に自分の似顔絵を書いて奉納すると、綺麗になるとか縁結びにご利益があるとか。若い女性がいっぱいです。

ここから稲荷さん山頂まで鳥居が続きますが、昨日の鞍馬山奥の院踏破で足も痛いし・・・と思いつつ参道を見たらこれはいったい?

伏見稲荷のカラスともなると、火も扱えるのか??煮炊きでもするのか??私の知人にこの写真を見せたら、「カラスが<八つ墓村ごっご>で遊んでんだよー」と、言うてましたそうかも、そうかも。頭に蝋燭刺してねー

さて、伏見稲荷に行ったら、是非買いたいお土産をご紹介します。

いなりや」さんの手焼きいなり煎餅可愛いでしょ。

このおじさんが焼いています。小学生なら、顔にぴったりの大きさの狐のお面煎餅。白味噌味で素朴な味わい。
堅く焼いていますが、持ち帰るときは注意しないと割れちゃいます。

パワースポット三昧の夏休み、さあ、このパワーでしっかりお仕事お仕事。













投稿:桜井郁子 l 11:59 l 個別ページ l 旅の話

2012/08/28(火)

京都でパワースポット三昧(鞍馬編)

桜井郁子です。夏休みで京都に行ってきました。と言うと、みんなに「京都、暑いでしょ〜!!」って聞かれるんですか、お台場の酷暑に慣れていると、緑が多い分だけ京都は涼しい気がします。

さて、せっかくなので京都の中心部ではないところへ行こう!というのが今回の旅行のポイント。例えば、鞍馬寺とか貴船とか。

「出町柳駅」から叡山電鉄に載って30分で、天狗のお山、もしくは牛若丸修行の地、鞍馬に着きます。なーーんだ、近い近い。

↑鞍馬の天狗さんは、こんな方らしい。


鞍馬寺の山門からケーブルカ―に乗って(鉄道事業法による許可を受けた鉄道としては唯一宗教法人が運営している日本一短い鉄道の単線だそうです)で2分。気持ちよく木立の中を歩くと、鞍馬寺正殿につきます。
で、正殿前のこれです

「六芒星」といって天のエネルギーが降臨するといわれている場所。この六角パワーって全世界的にエネルギーの象徴らしいよ。(フリーメイスンとかピラミッドとか陰陽五行説とか・・・)

ま、ここまでは初心者用のパワースポット。鞍馬寺に行くなら「奥ノ院」へgo!


山道を登っておりて・・・30分。いかにも霊験あらたかな社が登場します。僧正ガ谷不動堂です。牛若丸(源義経)が天狗に剣を習ったという言い伝えもある場所です。

不動堂というくらいですから、御不動様パワーも凄いというのに、かてて加えてまたまた「六芒星」が!みなさん、六芒星の真ん中に立ってお参りしています。

では私も。↓

「六芒星」の真ん中に立つと、足の裏からスーッと涼しい風が吹くような気がするのです。いわゆる「風の通りが良い」って感じ。これが宇宙エネルギーかな??

ここはまだ奥ノ院ではありません。ここから15分ほど山道を登って下って・・・

いいえーーーー、決してすぐではありませんでした。木の根道をゼーゼーフーフーと激しい息で!

はい、ここが鞍馬寺奥ノ院・魔王殿。「魔王」っていうくらいですから、パワー充満。天狗は中国伝来のモノノケで、<俗に人を魔道に導く魔物>と言われます。魔王殿に張られた幕には、天狗の持物・ヤツデのマークが。

さらに、さらにーーーー!

お賽銭箱の上を見てね。左が天狗のヤツデ、右が「六芒星」!天狗は「天の狗」(天かけるイヌ)、そこに宇宙エネルギーが集まる「六芒星」。ある意味、怖いくらいのパワーですが、私大丈夫かしら・・・
鞍馬寺の開祖は、鑑真が唐から伴ってきた高弟8鑑禎ですからそもそも仏教的にありがたいところ。しかも鞍馬山の山岳信仰でしょ、陰陽道でしょ、天狗信仰でしょ、義経伝説でしょ。

さて、そのあと縁結びのパワースポット貴船神社に行ったんですよ。

夕暮れ時の貴船神社本殿。もはや縁結びでもないし、これ以上パワーを浴びたらかえって体に悪いかも〜なんて思いつつ、お賽銭をあげて神様にご挨拶。そしたらねーーーー

見にくいんですが、私のお賽銭は「お賽銭箱の桟と桟の間にぴったり乗っかって」しまいました。中に落ちないのよー。これって、パワーみなぎり過ぎ??

さて、その日は貴船の川床料理。ウヒャーーー、涼しいパワー炸裂。

お食事は、鮎パワー万歳。


さて、次回は稲荷パワーを書きますね。





投稿:桜井郁子 l 16:19 l 個別ページ l 旅の話

2012/08/18(土)

にゃんこTHE MOVIIE5 無料上映会!

まだまだ暑い日がつづきますね
CSR推進室の木幡です。

この夏は、「ずっとおうえんプロジェクト」などの活動が目白押しで
大忙し
夏バテしている暇もありません

さて今日(18日土曜)は、福島県東白川郡塙(はなわ)町に行ってきました。















緑いっぱい!すぐそばに久慈川が流れる自然豊かな町です。
この塙町の公民館で、「にゃんこTHE MOVIE5」の無料上映会を行いました

今回は、「めざましテレビ」での無料上映会募集案内をご覧になった
塙町教育委員会の方が
「ぜひ塙町で上映会を!」とお申し込みいただき、実現の運びとなったものです。
CSR推進室は、社会貢献の一環としてお手伝いをしています。)

ポスターやチラシで宣伝して下さったおかげで
70人以上のお子さんやおかあさん、おとうさん、おばあちゃん、おじいちゃんが
集まり、楽しい上映会となりました















司会進行は新人の宮澤 智アナウンサー




















CSRのお仕事は初めてでしたが、フレッシュな笑顔で
子どもたちに大人気でした

詳しい活動の模様は、後日HPの活動報告に掲載しますのでぜひご覧ください

投稿:木幡美子 l 23:11 l 個別ページ l CSR活動報告

2012/08/17(金)

驚!ここまでやるかゴミ拾い!!

お暑うございます桜井郁子です。
さて、数週間前の表参道交差点。信号待ちをしていたら・・・いやに動きの良い中年男性が一人・・・
↓わかりますか?横断歩道の真ん中に立つ人。


自転車用のヘルメット、黒いリュック、黒い自転車用のパンツ、黒いTシャツ。そして、片手には・・・レジ袋。

画面真ん中。赤い車の左にその人はいます。中央分離帯の内側なので、車は通っていませんが。
この方、ゴミを拾っているのです。

全く無駄のない動き 見つける⇒しゃがむ⇒拾う⇒レジ袋に入れる、この一連の作業が目にもとまらぬ速さ  
信号が変わる前に、一個のゴミも見逃さない!軍手を付けた右手で直接チャチャとゴミをつまむ!

この方が動いた後、ホントにきれいになったの。タバコの吸い殻一個、落ちていない。凄い凄い。

私たちも、隔週お昼休みにフジテレビ社屋周辺の清掃ボランティアをしていますが、いやー、まだまだだな。こういう人に私はなりたい。

しかし、<なぜここまでゴミを拾うのか?いつからやっているのか?どこから自転車で来たのか?>聞けばよかった。

ただし、車には十分気を付けてくださいね。良い子はマネをしないようにね。


投稿:桜井郁子 l 09:51 l 個別ページ l あれこれ

2012/08/03(金)

「ツタンカーメン展」明日から!

こんにちは!桜井郁子です。午前中、上野に行ってきましたがやっぱり暑かったーーー
ただし、本日関係者内覧会が行われた上野の森美術館の『ツタンカーメン展』会場内は、涼しくって快適やっぱり、夏は美術館ですよ。陽にも焼けないしね。

プレスの方の多いのにもびっくり。記者さんも「見たいなぁ、ツタンカーメン」ってことでしょうね。


私は、今年5月に「大阪展」にも行きましたが、会場構成は上野の森美術館の方が断然見やすいです。開放感があって、混んでも見やすそう。

さて、私好みの展示品をご紹介。右は、マトリョーシカ風のバランスが可愛いカノポス容器。ミイラを作るとき、内臓を入れるものです。左は、中国の明器みたいな副葬のための「模造品」じゃないかな。来世で暮らすために道具?
動物の造形は素晴らしいです。三沢厚彦さんの木彫作品のように力強くて躍動感のある「ヒョウ」像

牛も良いです。数千年前から、牛ってこんな顔なんだー


子ども用のミイラ・マスクもあります。すっごく小さいの。2体出土しています。<ツタンカーメンと王妃アンケセナーメンとの間の娘たちで、死産あるいは早産後間もなく死亡したらしい>ですよ。

子どものミイラを入れる御棺の外側も、小さい小さいものです。


さて、これが今回の目玉『ツタンカーメン王のカノポス容器』。この棺形をしたカノポス容器は、<ツタンカーメン王墓から出土したものの中で最も素晴らしい作品のひとつ>です。

内臓を入れるものですから、高さ50センチ弱なのに、このオーラ!精巧な作りを、後ろにも回って見てください。

この室には、こういう展示もあります↓

ミイラの中身ですねー。なんか、ツタンカーメン王という人のレントゲン写真と、自分のからだのレントゲン写真が何も変わっていないことに、驚愕。当たり前なんだけど。

ということで、『ツタンカーメン展』は明日が初日です。お早めに!
詳細は、こちらで。
http://www.fujitv.co.jp/events/art/kingtut/index.html

投稿:桜井郁子 l 15:40 l 個別ページ l アートの話

2012/08/02(木)

にゃんこの楽園、田代島へ

暑いです!でも、その暑いのが好きな桜井郁子です。こんにちは。

昨日まで石巻市内と石巻市の離島「田代島」に行ってきました。今朝の『めざましテレビ』でも紹介されましたが、2007年から継続的に行っている社会貢献活動『にゃんこ The Movie上映会』を被災地・石巻で行ったのです。
その模様は、追ってホームページにアップしますね。

さて、今回上映した『にゃんこThe Movie5』にももちろん登場する猫の楽園・田代島、私は3回目の上陸を果たしましたー!昨年6月以来の田代島猫詣です。


港は、復旧工事中。看板も、猫です。

危険防止の柵も、猫です。


震災後、浜に居る猫は少ないですが・・・

ちょっと歩けば、やっぱり猫の島。2〜3月生まれの子猫もたくさんいます。






あーーー、もうきりがない。震災後激減した<猫好き観光客>も少しずつ増えてきているそうです。


上映会の模様は、後日HPに書きますね。(何はともあれ、旅と猫は相性がいいなー)

投稿:桜井郁子 l 16:12 l 個別ページ l 旅の話

<< 前のページへ   次のページへ >>