2013/04/15(月)

被災地から来たワンコ、ずんだ君、その後

こんにちは!桜井郁子です。先日、我が家の猫の健康診断に行って、「被災地から来たずんだ君」に会ってきました。
猫ではなくワンコですが、ほんとに可愛い♪


ずんだ君は、2011年秋に仙台の動物シェルターから、この動物病院に貰われて来て、住み込みの病院スタッフとして「働いて」います。
待ちあい室の皆様に、愛嬌の「お持て成し」も担当していますよ。


こういう患者さんにも会いました。おじいちゃんのラブちゃん。

後ろ足がちょっと不自由みたいだけど、歯も黄色いけど、陽気で元気なラブちゃんです。

動物病院も人間の病院と同じで、それぞれの人生を生きる動物と家族のドラマがあります。入院中の子が家族の面会に喜ぶのも同じ。泣きながら診察室から出てくるご家族を見かけることもあります。

さてうちの猫ですが、ケージ中でブルブル震えておりました。ったく、からきし意気地のないおてんば娘





投稿:桜井郁子 l 14:27 l 個別ページ l 猫の話

2012/12/14(金)

猫毛フェルトでクリスマス!

こんにちは!桜井郁子です。<中年夫婦と猫たち5匹>しかいない我が家でも、一応クリスマス気分だけは毎年ちょこっと味わいます。

今年は、こういうのを作ってみました



「手芸部」とは縁のない私ですが、一人であれこれ工夫したら結構可愛いではありませんかぁ


身長10センチほどの、猫サンタです。少々お地味な色合いの材料は、うちの猫の毛100%。どんどん収穫できちゃう猫の毛で作ったフェルト作品ですよー。
10月に作ったものに比べると、進歩した!オッホン

ツリーのブローチも作りました。型紙も使わず、テキトーに楽しくチクチク。

サンタの帽子と靴についている猫毛と、猫毛100%で作った幹がポイントでございます。
猫の毛色って、白以外は森やブッシュの保護色ですから、けっこういい感じの木の色になりました。


さて、そんなことをしている一方で、材料提供者のお一人は、家人にこういうことをされていました。

「ネコイルミネーション」と言って、還暦過ぎの男が喜んでおりましたわずか2分間、ゆるーく巻いていますから、虐待はしていません!(良い子はマネをしないでね)


LEDなので熱くないとはいえ、この状態でびくともしないのは、さすが18歳の貫録です。もはや、猫又ですから!いずれ、コレつけたまま立って踊るかも〜

で、それを見ていたお嬢さんは?

「おにいちゃん、何されてんの?バカみたい!!」と申しておりました。

今年もあと2週間ちょっと。次は「謹賀新年猫フェルト」に挑みます材料提供者の皆様、くれぐれも健康に留意してね。




投稿:桜井郁子 l 10:51 l 個別ページ l 猫の話

2012/10/12(金)

まだまだ続行中、猫の毛リサイクル

こんにちは〜桜井郁子です。

秋の夜長にチクチクチク私のオリジナル「猫毛フェルト」の小物作りは続いています。
ほら、黒ネコの毛からはこんなのできちゃいました。(色の部分は、市販の羊毛フェルト)

この方が、材料提供者ですよ


白や茶を中心に使用すると、こんな感じ。




以下の皆さんが、材料をたっぷり提供してくれました。感謝!




つまりこの写真は、「畑」と「野菜」の関係のようなものですかね。(茶トラの太ももが剥げているのは、本作品の制作過程とはなんの関係もありません。自分でむしっちゃうんです・・・)


さて、出来上がった小物は、こうやって使っています(正確に言うと、見せびらかしています



さあーーーーー、猫飼い、犬飼いの皆さん、世界にたった一つの抜け毛リサイクル作品を作ってみましょう!

最近気が付いたポイントは、ブラッシング直後の抜け毛は適度な水分と油分でまとめやすいのですが、時間が経つとパサパサしてきます。うーーーん、やっぱり「鮮度」が命なのね。


投稿:桜井郁子 l 11:39 l 個別ページ l 猫の話

2012/10/05(金)

続・猫の毛リサイクル

こんにちは!桜井郁子です。

羊毛フェルトのテクを応用した<ブラッシングで収穫した猫の毛で作るフェルト>の話を先日書きました。その後、進歩したんですよ。立体が作れるようになりました。テレビ見ながら、チクチクチク


どうかしら?なかなか可愛い猫頭ができたんだけど!!

ところが、猫たちには・・・

長男は反応なし。


茶トラは、まぁ、一応お付き合いで一瞥。


「オカーーサン、これが、どうしたの?」


こんなことをしても、無反応

やじうまで飽きっぽいのが猫なのですが、それ以上に「自分の毛なんて珍しくもない。排泄物みたいなもの」と思われたようですわー。

こうなったら、人間様用に作って一儲けしようか!と企む私です。無理かなー


投稿:桜井郁子 l 13:39 l 個別ページ l 猫の話

2012/09/21(金)

猫の毛リサイクル!

桜井郁子です。やっと、お台場にも秋らしい風が吹き始めました。

季節の変わり目に困るのが、猫の抜け毛。もちろん、ごみ箱へ直行でいいのですが、先日「アーツ千代田3331」のワークショップで「羊毛フェルト」の作り方を習っちゃったんです。面白いのよー
私が初めて作った、羊毛フェルトの猫ちゃんです。



ううーーーーーーん、では羊毛ではなく「猫毛フェルト」は出来ないか??羊毛で作った猫ちゃんではなく、猫毛で作った猫玩具は出来ないか??

出来ましたー試作品ですが・・・

アクセントの赤い色は本物の羊毛フェルトですが、後は、猫の抜け毛をチクチクしたのよーーーーテレビを見ながらあっという間に、猫毛ボールの完成。やったー

では、自分たちの毛で出来たおもちゃに、元の持ち主たちはどう反応するのか?

18歳のおじいさんも興味津々。


ウランちゃん(別名エリカサマ)も「何よ、コレ−。悪くないじゃん」と興味津々。

この猫毛玉にマタマビの粉をまぶすという上級テクを使ったところ、こういうことになりました。

けっこう大騒ぎ

今後、マタタビの実を中に仕込むとか研究してみます。なんたって、5匹いれば無尽蔵に材料はありますから。

さあ、皆さんも猫の毛リサイクル、犬の毛リサイクル、してみませんか?猫の抜け毛を集めてマフラーを編んだ!という猛者の記事を読んだことがありますか、この手法なら手間もかかりませんよー。



投稿:桜井郁子 l 13:24 l 個別ページ l 猫の話

2012/06/01(金)

被災地から来たワンコ、ずんだ君

こんにちはー!桜井郁子です。フジテレビも「スーパークールビス」が始まりました。パソコンの熱でちょっとムーッとしていますが、半袖で頑張っています。平気、ヘイキ

さて、今日も「猫の話」で犬の話を。過去2回、このブログで書きましたが、仙台の動物シェルターから貰われてきた動物病院のずんだ君、すっかり青年にまりました。


食が細いのでまだ2キロ台だそうです。でもお菓子が大好きなんだって受付のお姉さんたちといるから、お菓子好きなのかな?(健康管理は大丈夫か?)

こっち向きのお顔も可愛いです。

正面から撮ったお顔ツヤツヤのお目目とお鼻が、たまりません。でもお耳が反っているから、ちょっと警戒中。

「ヘアレスドッグの血が混じっているので、スーパークールビズ向きのずんだ君なのでしたぁー」


投稿:桜井郁子 l 15:55 l 個別ページ l 猫の話

2012/05/25(金)

カセツの猫ちゃん!

桜井郁子です。もう、心身ともにパンパンな状態で更新する時間がありませんでした 年に一度のおっきい会議、乗り切りましたよー

さて、先週末『ずっとおうえんプロジェクト』で、岩手県の陸前高田市に行ってきました。その模様は、追ってアップしますねー。牧原俊幸アナと梅津弥英子アナによる朗読&マジック(!)や映画「ONE PIECE-  STRONG WORLD」の上映会を行いました。



さて、会場となったスポーツドーム「サンビレッジ高田」は、避難所にもなっていたところ。現在は、スポーツドームの周りに仮設住宅が建てられています。

空き時間に、仮設住宅の回りを歩いていたら・・・玄関に「ネコ注意」の文字を発見。

猫がいるんですか〜猫猫猫なんて思っていたらこちらのお宅のお嬢さんが、外出先から帰宅。猫ちゃん、見せて頂きました!

大震災の日、たまたま親戚のお宅に預けられていて無事だった<クーちゃん>です。シャム猫MIXかな?

スリスリできる良い子でした!このお宅には、もう一匹いるそうで・・・

ちょっと怖がりのチビちゃんです。震災後に一人で生きていたチビちゃん(ホントにチビだったそうです)をこちらのオカーサンが保護しました。良かったねー

どうやら、猫を飼っているお宅はまとまっているらしい。このお宅のお隣にもこんなにチャーミングなお嬢さんが!

そのまた隣のお宅にも!

あらまー、かの有名な「しゃべるねこ しおちゃん」そっくりなめんこい猫ちゃん!チョコちゃんという名前。このお宅のオカーサンは猫3匹連れて「逃げた」のだそうです。3匹とも無事だったのですが、長男猫ちゃんは昨年亡くなったそうです。「震災後激変した生活が、ストレスだったんでしょうねー」と、オカーサン。

チョコちゃん、長生きしようねー。
仮設住宅には犬のイラストを玄関に貼っているお宅もありました。うんうん、オカーサンやオトーサンと一緒に復興を待とうね。

陸前高田は、高田松原の「一本松」で知られていますが、海側はまだこんな状態です。

一年3か月も前に流された畳が、残っています。


仮設住宅にお住いのチョコちゃんのオカーサンがおっしゃった言葉が、ずっと心に残っています。「フジテレビの『にゃんこ THE MOVIE』のDVDはみんな持ってたのに、津波で流されちゃたのー」 嗚呼・・・


投稿:桜井郁子 l 10:41 l 個別ページ l 猫の話

2012/03/27(火)

猫好き限定でスミマセン!

こんにちは!桜井郁子です。お台場は、まだまだ風が冷たいですぅーーー

先週末、このイケメン君と2年数か月ぶりの<感動の再会!>を果たしました

2009年10月10日頃生まれの「不二夫君」です。幼名フジコ→フジオ。ハンドルネーム目福ちゃん。

思い起こせば・・・

169グラム、小さすぎて性別も不明・・・

病院で「女の子」と言われてフジコちゃんと呼んでいたら、「生えてきましたー!男の子です」と言われ・・・フジオ君とあわてて改名。


自分より大きいスノウマンをいじめ倒す<超凶暴子猫>にすくすく成長し・・・

余りに凶暴なため、「黒猫ミトン」で身(手)に守る私をよそに・・・

我が家で一番気のいい<茶トラおじさん>に襲い掛かったり・・・

優しいお兄さんに見守られながら「猫草」の味を覚えたり・・・


三毛姉さんに「何すんのよ!」と叱られても反省はぜず・・・

一時は「この者は本当に猫なのか?」と疑問視されたものの、なんとか・・・かんとか・・・猫らしくなり・・・
2009年12月末、世田谷区在住の「弁当男子」のもとへ婿入りしました。

たくさんのおもちゃセットとケージを婿入り道具にして・・・

通称「親友」と呼ばれるスノウマンを引き連れて・・・

我が家を後にし・・・・・・・・・・



フジオ君は「不二夫君」となって、新しい生活が始まりました。



さて先週末、不二夫君宅で。
不二夫君だけではなく、ボロボロの「親友」にも再会しましたー

おーー!すっかり耳が無くなった黒猫ミトンも居た。黒いドラえもんか???



肝心の不二夫君はーーー知らないおばさん(!)が怖いもはや、おばさんのこと覚えてないのねー


おとーさんとおかーさんがどうなだめても、怖い。


抱っこはもちろん無理でしたが(汗)、すっかり「ビビり」になった元フジオ君に会えただけでもおばさんは嬉しいニャ!

不二夫君、これからもずーーっとこの笑顔でおとーさんとおかーさんを悩殺してね。おばさんもデスクトップに張り付けとくからね!!







投稿:桜井郁子 l 13:52 l 個別ページ l 猫の話

2012/02/22(水)

被災地から来たワンコ、すくすく!

おーーーい、春さーーーん、今どこらへんにいますか?桜井郁子です。

さて、動物病院にいるいつだってご機嫌なワンコ”、ずんだ君です。


昨年11月にも書きましたが、仙台の動物シェルターからこの病院も貰われて来た子です。もうすっかり大きくなってました。病院の住み込みワンコとして、受付のお姉さんにたっぷり甘えて元気いっぱい。


3か月前のずんだ君。笑うのよ〜、この子。






















東日本大震災で被災した動物を支援する活動に参加しているこの動物病院に貰われて良かったねー。テリア・ヘアレスドッグMixらしい薄毛系のずんだ君ですから、あったかい所に居られて良かったねー。毎日大勢の患者さん(もちろん犬とか猫とかetc.)が来ても、全然平気。超フレンドリーな性格で良かったねー。


投稿:桜井郁子 l 14:54 l 個別ページ l 猫の話

2011/12/01(木)

小さな「猫おじさん」

桜井郁子です。東京はどんよりして寒いですぅー

さて、私の知人は猫8匹と人間の息子を育てています。生まれたときは、こんな感じ。「コノ生キ物ハ、何デアルカ?」と次々に覗き込む猫たち
                  

「危険デハ、ナイ。幼稚ナノダ」と分かってくると、猫もつかず離れず保育を手伝ってくれました。
                  
                 
成長とともに、「猫は自分の弟」と思い始めた坊や。顔を見る限り、猫の方がまだまだお利口そうに見えますが。 
                  
                  
さて、最新写真が届きました。外にお友達ができたそうで・・・
                  
散歩中に、いつの間にか顔見知りになったらしい。ママに「ボクのお友達!!」と紹介してくれたそうです

この坊やの愛おしそうな眼差し。この二人にしかわからない会話が成立していそうです。「猫語がしゃべれる」男に成長するんでしょうね。こんな人が「猫専門の獣医さん」になってくれたら、おばさん嬉しいなー

投稿:桜井郁子 l 11:15 l 個別ページ l 猫の話

<< 前のページへ   次のページへ >>