2014/01/31(金)

FREE FRIDAY NIGHT

CSR推進室の木幡美子です。

NYで見たあんなこと、こんなことのつづきです。

モダンアートの美術館として世界的に知られているニューヨーク近代美術館。
(The Museum of Modern Art, New York)通称MoMA(モマ)。

1月3日金曜日の午後に訪れ、夕方5時過ぎに外へ出てみると・・・・
寒い中MOMAのまわりには長蛇の列が!

あれ???なじみのあるロゴだぞ。

そう、ユニクロ!

これは、「フリー・フライデー・ナイト」と言って、MoMAでは、2004年より
毎週金曜日の午後4時〜8時に限り 無料でニューヨーク市民や観光客に開放しているんです。

ふつうに入ると入場料は大人25ドル=約2600円(16才以下は無料)

そして、そのスポンサーに2013年5月からユニクロがなっているということ。
しかも向こう数年間!

 
これってまさにユニクロのCSR!案内にもしっかり書かれています。
(もちろんMOMAの社会貢献プログラムとしても素晴らしいです。)

新年早々美術館に行こうという人たちがこんなにいることに驚きながら、歩いていると、
このMOMAのすぐそば、5番街の一等地にユニクロのお店を発見

セールシーズンとあって、大盛況!みな商品を奪うように買っていましたよ。

NEW YORKで《商品》と《企業の姿勢》 
そのどちらもバッチリアピールされているようでした

 



投稿:木幡美子 l 17:38 l 個別ページ l 旅の話

2014/01/21(火)

セントラルパーク


CSR推進室の木幡美子です。

NEW YORKで目にしたあんなこと、こんなこと・・・セントラルパーク編

朝 美術館に向かう途中にふらふらとPark内を歩いていたら
 
こんなものを発見!

(画像はクリックで拡大します)
ゴミ箱! ・・・なんですが、なんかいい感じ

上がガバッと開くんでしょうね(真ん中のは口が小さいぞ~) 

黒にはTrash(一般ごみ) グレーにはCan・Bottles(缶・ボトル),
グリーンにはMagazines・Newspapers(雑誌・新聞) と書いてありました。

真ん中のは缶・ボトルだからそれ以外のものを入れないように間口が小さいのね。なるほど。

公園の雰囲気を損ねず、機能的でオシャレです。

(おまけ)

りす:寒いのに元気に動き回っていました。











投稿:木幡美子 l 11:27 l 個別ページ l 旅の話

2014/01/21(火)

新しい年スタート!

新しい年おめでとうございます

2014年初投稿になります。
CSR推進室の木幡美子です。

今年も楽しく、まじめにCSR活動を行っていきます! 

さて、私事ですが、年末年始をはじめて海外で過ごしました。

行ったのはNEW YORK

「寒かったでしょ〜」とみんなに言われますが、
確かに気温は朝晩は氷点下。
でも日中は帽子・手袋・ブーツといった防寒対策をとれば
問題ナーシ



それよりも色々な刺激をうけた6日間でした


これから、数回に分けてCSR っぽい話題をお届けしますね


投稿:木幡美子 l 10:37 l 個別ページ l 旅の話

2013/02/25(月)

相馬で食べる「安全で美味い魚料理」

こんにちは!桜井郁子です。

一昨日、福島県相馬市に出張してきました。ずっと小雪が舞う一日でしたが、ここでもまた「地震・津波・原発事故」の被害に負けずに前向きに一歩を踏み出している方々のお話が聞けて、嬉しかった。どこの被災地にも、復興リーダーのような頼もしい方がいるんですよね。2011年3月11日までは、フツーの人だったかもしれないけど。

真ん中の男性が、NPO法人相馬はらがま朝市クラブ理事長の高橋永真さん。水産加工会社に勤務したのち、2007年独立して水産加工会社を経営していましたが、津波で工場が被災。現在は仮設住宅に住みながら、福島県「絆づくり応援事業」に雇用される形で、相馬の被災者支援、復興事業に取り組んでいます。


ここは「活魚発祥の地」と言われ、震災前までは近海高級魚が主力産業だった街。その美味しい魚を売り物にした観光産業も大きな収入源だったと言います。

高橋さんの案内で、何も無くなった港を見学。




この浜で亡くなった300人の鎮魂のため慰霊碑が建っていました。


高橋さん曰く「放射能汚染の食品安全基準100ベクレルに基づくと50%以上の魚が基準を超えてしまいます。海に除染は、自然拡散を待つしかありません。街の6割の産業(漁業・観光・農業)が従来の形では再生できないでしょう。相馬市は、東北3県の中で最も復興が困難な街(30km圏内を除く)となってしまいました」「400年前に津波が来てるのに、そんなこと何も考えずにみんな海辺で暮らしてきた。災難は忘れたころにやってくるんじゃなくて、忘れたところにやってくるんだよ


ただ、じっとしていては何も始まりません。
相馬市、相馬商工会議所の協力と、全国からの支援で「朝市」が出来上がりました。水産加工品の仕入れ、レシピ指導、材料提供などの支援を受けて、松前漬けや甘酒を使った塩辛の加工工場も建てました。




この建物の中に、ある『喰う処 報徳庵』で昼食。高橋さんたちが、静岡をはじめとする全国の皆さんの協力を得て<何もかもみんなで手作りしたお店>です。


美味しいんですよ、どれもこれも。まずは、タコのマヨネーズドレッシング和え。


赤魚のアラ煮。でっかい魚なので、アラにもたっぷりと身がついています。写真を撮る前に、思わずしゃぶってしまいました。



サバの甘酒醤油漬け。ほんのり甘く風味豊かで、うまーーーーい!

余りの美味さにお土産に2袋購入。350円って超お値打ちです。


さて、魚はどこから来たのか?もちろん、地元の魚は何ひとつ使えませんサバはノルウェー産でした。全国のサバを試して、脂がのっていて甘酒醤油漬けに適していたのがノルウェー産だったそうです。


自慢の松前漬けも甘酒(甘くは無くて麹風味)を使った塩辛も素晴らしい。おかわりしました!

やっぱり、こういう色紙がありましたーー。ホントに美味しいのですから。


NPO法人相馬はらがま朝市クラブ理事長の高橋永真さんはこう言います。
「震災後に作った加工所の商品は物凄く売れたの。可哀想だからっていうのか、ドンドン買ってくれた。そしたら、2年目で途端に売れ行きが落ちた。結局、高いか安いか、美味いか不味いかなのよ。被災地商品によりかかっていてはだめなんだよね」

大きな港のある相馬市、高級活魚の産地だった相馬市で、ノルウェー産のサバを食べる。矛盾はあるけど、「美味い」ということが、地元経済の復興につながるでしょう。

高橋さんはこういって笑いました。
「オレ、震災前は今より15キロ太ってたの。糖尿病も痛風もやばかった。それが今の生活になってスマートになっちゃって、薬も要らなくなったの。<震災ダイエット>って本、書こうかな(笑)」



NPO法人相馬はらがま朝市の詳細はこちらで
http://www.ab.auone-net.jp/~haragama/







投稿:桜井郁子 l 16:20 l 個別ページ l 旅の話

2012/11/01(木)

足場も美しい。今こそ、平等院鳳凰堂へ!

こんにちは!桜井郁子です。
昨日は、社会貢献イベントで京都府宇治市に行ってきました。
宇治市内にあるグループホーム(認知症のお年寄りが暮らしています)で、「にゃんこ THE MOVIE5」の上映会を行ったのですが、今回は特別に牧原俊幸アナウンサーのマジック付き


岡春夫さんの♪「憧れのハワイ航路」をバックに牧原アナが次々繰り出すマジック!お年寄りはもちろん大笑い、大喜びでした。私も、お年寄りたちと一緒に拍手しながら楽しい時間を過ごしました。

この模様は、CSRブログに近々アップします。

さて、このイベントの帰り。宇治といえば、お茶?いえいえ、10円玉でおなじみの世界遺産「平等院鳳凰堂」ですすぐ近くまで来ているのですから、この名高い名所を拝見せねば。

しかし!平等院では、、国宝平等院鳳凰堂の屋根葺き替え及び塗装事業を実施>中。<鳳凰堂は仮設素屋根に覆われ、足場等が掛かった状態>なのです。ある意味、めちゃくちゃ珍しい状態を拝見できるわけで・・・


ほうほう、確かに工事中。クレーン車も庭園内に入っています。

足場の中には、働いている方々が。世界遺産&国宝の屋根葺き替えができる方々ですから、「日本の匠」の中でも特に選ばれたスペシャリストなのでしょう。なんか、「工事」には見えないのです。これもアリ!と思える端正さ。
わずかに1000年の歴史を生きた鳳凰堂が見えます。


この位置でよーーく見ると、「そうかーーー、足場がすべて材木なんだ!だから美しいんだー」 発展途上国ならいざ知らず、2012年の日本で材木の足場を見るとは!!しかも、造形美と言っていいほどのこの見事な組み方。足場も、水面に移って上下対称のの美しさ。
船として漕ぎ出しそうな光景です。この足場の組み方もまた、スペシャルな匠たちにしかできない1000年の技なのでしょう。

見る価値あります、この工事現場。平成26年3月31日(予定)までかかるそうですから、今こそ、是非平等院鳳凰堂へ。

あっ、そういえば一昨年は出雲大社の<国宝御本殿の御修造・大屋根の檜皮の葺き替え>を見に行ったなー。昔、改修工事中のパリの凱旋門も見たことがあるなー。

私は、工事好きなのか??













 





投稿:桜井郁子 l 14:49 l 個別ページ l 旅の話

2012/08/31(金)

京都でパワースポット三昧(伏見稲荷編)

桜井郁子です。京都・鞍馬山で「パワー浴び放題」の翌日は、<お稲荷さん御鎮座1300年>の伏見稲荷大社へ。
全国に3万社もあると言われるお稲荷さんの総本宮が伏見稲荷大社です。名前は知っていても、行ったことがない方、多いんですねー。京都駅から、すぐなんですよ。東山36峰の南の端。

まず驚くのは、中国系の観光客の多さ。金運上昇の現世利益パワーと魔力に対抗する朱塗りが、中国系の方々の心にもヒットするのかな?ま、そもそも歴史的には渡来人の秦氏とゆかりの深い伏見稲荷ですから、中国系の方には別の感慨もあるのかもしれない。


お稲荷さんですから、もちろん境内のあちこちに狐さんがいます

しかし、稲荷大神が狐さんではないのよ
<「稲荷大神様」のお使い(眷族)はきつねとされています。但し野山に居る狐ではなく、眷属様も大神様同様に我々の目には見えません。そのため白(透明)狐=“びゃっこさん”といってあがめます>ということです。

さて、甲子園球場約22倍の面積がある稲荷山です。本気を出して登ったら、結構スゴイよ。


伏見稲荷の写真で印象的なのは、なんといっても鳥居。この朱塗りの鳥居がパワースポット感をあおります。

絵馬も鳥居。効き目がありそうーーーー

シャッターチャンスの大鳥居。さて、この大鳥居をくぐって振り向くと・・・

ジャ―――――ン、フジテレビにもなじみの深い「電通」の巨大な社名。こんなでっかい鳥居を奉納するって、本気を出していると、妙に感心。


電通に比べて控えめな大きさですが、フジテレビ系列の関西テレビと書かれた鳥居もありました。奉納したのは、今年3月。ご利益が期待できます!


はい、これが超有名な千本鳥居。実際は、この後延々鳥居が続いて、数千本あるそうです。

千本鳥居の中。霊気が漂って、怖いくらいのパワーに圧倒されます。

奥社奉拝所まで歩くと、こんな素敵な絵馬に巡り合えます。この頃、テレビでも良く取り上げられていますよね。

絵馬に自分の似顔絵を書いて奉納すると、綺麗になるとか縁結びにご利益があるとか。若い女性がいっぱいです。

ここから稲荷さん山頂まで鳥居が続きますが、昨日の鞍馬山奥の院踏破で足も痛いし・・・と思いつつ参道を見たらこれはいったい?

伏見稲荷のカラスともなると、火も扱えるのか??煮炊きでもするのか??私の知人にこの写真を見せたら、「カラスが<八つ墓村ごっご>で遊んでんだよー」と、言うてましたそうかも、そうかも。頭に蝋燭刺してねー

さて、伏見稲荷に行ったら、是非買いたいお土産をご紹介します。

いなりや」さんの手焼きいなり煎餅可愛いでしょ。

このおじさんが焼いています。小学生なら、顔にぴったりの大きさの狐のお面煎餅。白味噌味で素朴な味わい。
堅く焼いていますが、持ち帰るときは注意しないと割れちゃいます。

パワースポット三昧の夏休み、さあ、このパワーでしっかりお仕事お仕事。













投稿:桜井郁子 l 11:59 l 個別ページ l 旅の話

2012/08/28(火)

京都でパワースポット三昧(鞍馬編)

桜井郁子です。夏休みで京都に行ってきました。と言うと、みんなに「京都、暑いでしょ〜!!」って聞かれるんですか、お台場の酷暑に慣れていると、緑が多い分だけ京都は涼しい気がします。

さて、せっかくなので京都の中心部ではないところへ行こう!というのが今回の旅行のポイント。例えば、鞍馬寺とか貴船とか。

「出町柳駅」から叡山電鉄に載って30分で、天狗のお山、もしくは牛若丸修行の地、鞍馬に着きます。なーーんだ、近い近い。

↑鞍馬の天狗さんは、こんな方らしい。


鞍馬寺の山門からケーブルカ―に乗って(鉄道事業法による許可を受けた鉄道としては唯一宗教法人が運営している日本一短い鉄道の単線だそうです)で2分。気持ちよく木立の中を歩くと、鞍馬寺正殿につきます。
で、正殿前のこれです

「六芒星」といって天のエネルギーが降臨するといわれている場所。この六角パワーって全世界的にエネルギーの象徴らしいよ。(フリーメイスンとかピラミッドとか陰陽五行説とか・・・)

ま、ここまでは初心者用のパワースポット。鞍馬寺に行くなら「奥ノ院」へgo!


山道を登っておりて・・・30分。いかにも霊験あらたかな社が登場します。僧正ガ谷不動堂です。牛若丸(源義経)が天狗に剣を習ったという言い伝えもある場所です。

不動堂というくらいですから、御不動様パワーも凄いというのに、かてて加えてまたまた「六芒星」が!みなさん、六芒星の真ん中に立ってお参りしています。

では私も。↓

「六芒星」の真ん中に立つと、足の裏からスーッと涼しい風が吹くような気がするのです。いわゆる「風の通りが良い」って感じ。これが宇宙エネルギーかな??

ここはまだ奥ノ院ではありません。ここから15分ほど山道を登って下って・・・

いいえーーーー、決してすぐではありませんでした。木の根道をゼーゼーフーフーと激しい息で!

はい、ここが鞍馬寺奥ノ院・魔王殿。「魔王」っていうくらいですから、パワー充満。天狗は中国伝来のモノノケで、<俗に人を魔道に導く魔物>と言われます。魔王殿に張られた幕には、天狗の持物・ヤツデのマークが。

さらに、さらにーーーー!

お賽銭箱の上を見てね。左が天狗のヤツデ、右が「六芒星」!天狗は「天の狗」(天かけるイヌ)、そこに宇宙エネルギーが集まる「六芒星」。ある意味、怖いくらいのパワーですが、私大丈夫かしら・・・
鞍馬寺の開祖は、鑑真が唐から伴ってきた高弟8鑑禎ですからそもそも仏教的にありがたいところ。しかも鞍馬山の山岳信仰でしょ、陰陽道でしょ、天狗信仰でしょ、義経伝説でしょ。

さて、そのあと縁結びのパワースポット貴船神社に行ったんですよ。

夕暮れ時の貴船神社本殿。もはや縁結びでもないし、これ以上パワーを浴びたらかえって体に悪いかも〜なんて思いつつ、お賽銭をあげて神様にご挨拶。そしたらねーーーー

見にくいんですが、私のお賽銭は「お賽銭箱の桟と桟の間にぴったり乗っかって」しまいました。中に落ちないのよー。これって、パワーみなぎり過ぎ??

さて、その日は貴船の川床料理。ウヒャーーー、涼しいパワー炸裂。

お食事は、鮎パワー万歳。


さて、次回は稲荷パワーを書きますね。





投稿:桜井郁子 l 16:19 l 個別ページ l 旅の話

2012/08/02(木)

にゃんこの楽園、田代島へ

暑いです!でも、その暑いのが好きな桜井郁子です。こんにちは。

昨日まで石巻市内と石巻市の離島「田代島」に行ってきました。今朝の『めざましテレビ』でも紹介されましたが、2007年から継続的に行っている社会貢献活動『にゃんこ The Movie上映会』を被災地・石巻で行ったのです。
その模様は、追ってホームページにアップしますね。

さて、今回上映した『にゃんこThe Movie5』にももちろん登場する猫の楽園・田代島、私は3回目の上陸を果たしましたー!昨年6月以来の田代島猫詣です。


港は、復旧工事中。看板も、猫です。

危険防止の柵も、猫です。


震災後、浜に居る猫は少ないですが・・・

ちょっと歩けば、やっぱり猫の島。2〜3月生まれの子猫もたくさんいます。






あーーー、もうきりがない。震災後激減した<猫好き観光客>も少しずつ増えてきているそうです。


上映会の模様は、後日HPに書きますね。(何はともあれ、旅と猫は相性がいいなー)

投稿:桜井郁子 l 16:12 l 個別ページ l 旅の話

2012/04/19(木)

「めぐりん」で新発見!

こんにちは!桜井郁子です。
上野の東京国立博物館に行った先週末、根津駅に向かってテクテク歩いていたら、可愛いバスに巡り合いました。台東区の循環バス「めぐりん」。急ぐわけでもない。この「東西めぐりん」は谷中・千駄木方面に行くらしい。乗りましたよ、もちろん。100円で

でもって、「谷中銀座・よみせ通り」の停留所で降りてみました。猫の名所「夕焼けだんだん」はどうなっているのでしょう?

混雑した谷中銀座をぬけて「夕焼けだんだん」に到着。いやー、どうなっているもこうなっているも・・・こんなに人がいたのでは、猫がいるわけありません。おーーーい、路地に逃げてるの??猫さーーーーん!
で、谷中銀座を改めて散策。

猫しっぽドーナツに行列ができ・・・


可愛いイラストの猫がお出迎えするTシャツ屋さんもあり、

可愛んだかなんだかよくわからない「ちょんまげ猫」が座っていたり。本物は居ません。
しかし、イヌは多いのです。大混雑の狭い谷中銀座をお散歩してました



めんこい「スピッツ」さんは、とてもユーコーテキ。猫の代わりに、撫でさせていただいたりして・・・

とにかく、谷中銀座にあるメンチカツ・コロッケ・焼き鳥のお店には、ことごとく列ができているのです。外国の方々も並んでたー

では、角を曲がって「よみせ通り」はどうか?ここは道も広く歩きやすい。

あれっ、お花屋さん??

古風な「大阪寿司」のお店でした。ハイ、ここで稲荷寿司と太巻きと海苔巻きを夕食用にゲット

その先には、デ―――ンと間口の広いお店。

たいそう清潔なお肉やさん。ハムやソーセージも自家製だって ハイ、ここで「ボロニアソーセージ」ゲット

日本で言うボロニヤソーセージの起源は、北イタリアにあるボローニャ市の名物「モルタデッラ」です。このお肉屋さんのものは本場よりずっと細巻ですが、イタリア語が書いてある!

なんて素敵なイラスト。歯並びの良いイタリアの兄さんが本場のでっかいモルタデッラを抱えて微笑むの図です。イタリアのハム屋さんは、シミ1つない白衣を着ているんですよ。このお肉やさんに製法を伝授したのかな?

さて、このボロニヤソーセージが、抜群に美味しかった。わざわざ買いに行きたい味。稲荷や太巻きも、懐かしい味で、美味しかった!

ということで、「めぐりん」バスのおかげで、思いがけずに美味しい買い物ができました。猫は・・・猫たちは・・・人通りが途絶えるまで、細い路地の見つからない場所でお昼寝していることでしょう。ガンバレー

投稿:桜井郁子 l 16:19 l 個別ページ l 旅の話

2012/02/14(火)

風雪流され旅ーーーー

こんにちはー!九州生まれで、スキーも雪遊びにもあんまり興味のない私・桜井郁子が、今年も北海道滝川市に出張してきました。今年で4回目

「さっぽろ雪まつり」のさなかで全国から観光客が集まっているのに、例年以上の豪雪。しかも、北海道日本海側では吹雪で電車も止まったほど。私たちも何とかたどりついたのですが、市内はこんな感じ。真っ暗ですが、午前10時なのよ。


毎年伺っている、難病の子どもたちのキャンプ『そらぷちキッズキャンプも広大な敷地がすっぽり雪に埋もれていました
ロッジ風の素敵な建物なのですが・・・たどり着くにはズボズボ雪に埋まりながら・・・











つらら、見ちゃった












室内から外を。雪見障子ではなく、「雪見窓」!外は一面真っ白で、
真っ暗。











このそらぷちキッズキャンプ』は、日本に約20万人いるといわれる心臓病や小児がんなどの難病を抱えた子どもたちが、自然の中で思う存分遊べる"医療付き無料宿泊施設”で今年の夏、正式開園します。

私たちは、毎年この季節に開催される「プレキャンプ」でアナウンサー朗読会を開いています。今年参加したのは、牧原俊幸アナウンサーと西山喜久恵アナウンサー。

入り口ではキャンプに参加した子ども達が作った雪だるまがお出迎えしてくれましたー

朗読会は牧原アナの<マジック付き朗読>(世界初かもーー)もあって、大変盛り上がって楽しかったこの模様は、後日CSRホームページにアップしますねー。

さてさて、帰りが大変でしたー。吹雪で電車は大幅に遅れ・・・しかもノロノロ運転。止まらないだけ幸せかも。


「北海道の車窓から」  岩見沢周辺の窓の外です。











「電車がだめなら、車で」なーーーんて思ってしまう私は雪国素人でした。高速道路も止まっちゃうのねー。電車が止まったら、とにかくじっとしているしかない、らしい。

北海道に限らず、北国の方々の我慢強さに頭が下がる九州生まれの桜井なのでしたー


投稿:桜井郁子 l 13:06 l 個別ページ l 旅の話

<< 前のページへ   次のページへ >>