せーの!グッディ!

“オレオレ詐欺”の被害に遭った斎藤洋介さんが生出演で語る「それくらいならと思ってしまった…」100万円という金額と用意周到な設定とは?

“オレオレ詐欺”の被害に遭った斎藤洋介さんが生出演で語る「それくらいならと思ってしまった…」100万円という金額と用意周到な設定とは?

2019年03月05日 (火)

<3-LINE SUMMARY>
・俳優の齋藤洋介さんが“オレオレ詐欺”の被害に遭ったことを告白
・経験や知識があってもだまされてしまう!巧妙化している手口を紹介
・二度あることは三度ある?一度でも詐欺被害に遭った人が特に注意すべき手口とは


女性週刊誌でオレオレ詐欺の被害を告白した、俳優の齋藤洋介さん(67)。
きょう(5日)の「直撃LIVEグッディ!」では齋藤洋介さんが生出演! 演技のプロがだまされた巧妙なだましの手口とは?
詐欺事件に詳しいジャーナリスト・多田文明さんとともに、詐欺に引っかからない方法を詳しく解説していただいた。



広瀬修一フィールドキャスター:
2018年は特殊詐欺の認知件数が過去最多となりました。長い間注意喚起されていても、詐欺の件数は減っていないんです。実際に斎藤さんは、過去にも長男を名乗る男から詐欺の電話があったそうです。



<“オレオレ詐欺”の知識はあったが…>
・数年前、長男と名乗る男から「会社の車を運転して事故を起こした」「修理代を貸してほしい」と電話があった
・指定された口座に振り込もうとした直前、本物の長男から電話があり詐欺と判明、事なきを得た
・さらに去年12月、バラエティー番組の特殊詐欺特集に出演し、詐欺の手口を学んだばかりだった

なぜ、これだけの経験と知識を持っていた斎藤さんが、特殊詐欺にだまされてしまったのだろうか?



今回、齋藤さんがだまされた詐欺の手口は、次男を名乗る男から「オレだけど」「未成年の女性を妊娠させてしまって、慰謝料を支払わなければならない」と電話してくる、典型的な“オレオレ詐欺”。
しかし齋藤さん夫婦は、相手の要求してきた金額100万円を用意し、“代理人”を名乗る男に渡してしまったという。

広瀬:
詐欺の手口を学ばれたとのことですが、相手と電話をしている時にそれらのことは頭をよぎらなかったのでしょうか?

齋藤洋介さん:
時間がたってからよぎるんですけど、まず信頼をしてしまうんですよ、息子だと。その時、息子の携帯からウチへかかってきたわけじゃないんです。「携帯じゃないの?」って聞いたら、「携帯を落としてしまった」と言っていて…



<「非通知」を怪しまなかった理由>
・次男と名乗る男からの電話を取った齋藤さんの奥さんは「あなたの携帯からじゃないよね、どうしたの?」と最初は不審に思っていた
・しかしその直後、遺失物預かり係のハシモトと名乗る男から電話があり、奥さんは次男の携帯紛失を信じたそう
・その後再び非通知でかかってきた電話の主を息子だと信じ、だまされてしまったという

これらの流れは、多田文明さんによると、非通知電話の相手を息子と信じ込ませる周到な設定だったという。

多田文明氏(詐欺に詳しいジャーナリスト):
特殊詐欺特集の番組は、私も一緒にやらせていただいたもので、(齋藤さんの)横について監修していたんです。斎藤さんは、非常にまじめな性格だからか、詐欺師の話を聞かれる時も、全部聞いてしまうんですよ。その時は架空請求業者で、やっぱり嘘をついてくるんですが、ずっとお話を聞かれていて。これはまずいぞと思って「そろそろ反論してください」と紙に書いて出したりしてました。しっかり聞いてから応えようとするその姿勢が、今回はちょっと…。

多田さんは、真面目な性格が裏目に出て特殊詐欺に騙されてしまう可能性もあると意見を述べた。

安藤:
息子さんの声って分かりそうなものですが、どうなんでしょうか?

齋藤さん:
その段階では、全く疑っていなかったです。

多田氏:
今回の件は、まず初めに奥さまが息子さんと信じられて、それで齋藤さんの方に電話を渡されたそうです。そうなるとバイアスといいますか、もう息子さんだと思って聞いてしまっているという部分があると思います。

さらに、齋藤さんが現金100万円を用意してしまったところにも、詐欺グループの巧妙な手口が見えるという。



<100万円をすぐに用意してしまった理由>
・詐欺グループは最初「500万円が必要」と提示。齋藤さんは「そんなお金、今すぐ用意できるわけないだろう」と断る
・すると詐欺グループは100万円を提示。齋藤さんは「それくらいなら何とかなる」と応じてしまった
・多田さんによると「齋藤さんの返答は“払う”と言っているようなもの。犯人は金額を下げていけば必ずどこかで払うと感じていた」

安藤:
提示される金額が下がっていくのは、変だなという感じはしませんでしたか?

齋藤さん:
変だなというよりは、それくらいならという感じの方が先でした。

サバンナ高橋:
これって、どういう風に下がるんですか?500万が450万に、400万に…っていう感じなんですか?

齋藤さん:
いや、いきなりポンと下がったんです。その瞬間、すごく安く済むという気になってしまって。「わかった、じゃあ何とかする」という気になるんですよね。「それで済むなら、なんとか息子を救ってやりたい」と思って…。

北村晴男弁護士:
助けたい一心なんですよね。



齋藤さんは、現金を銀行のATMで用意したというが…。

広瀬:
ATMにも、振り込め詐欺の注意喚起の紙が貼ってあったりしますよね。それは目に入らないものですか?

齋藤さん:
おそらく、あの注意喚起を読まれる方はほとんどいらっしゃらないと思いますよ。

安藤:
多田さん、銀行の係員が声を掛けると、ものすごく迷惑そうにする高齢者の方もいるという話を聞いたことがありますが、それは本当なんですか?

多田氏:
そうですね。高齢者の方は一回思い込むと頑固なんです。息子だと思っているのに、止められると怒ってしまう人はいますね。

安藤:
つまり、「息子を助けようとしている私を何で止めるの?」ってなってしまうんですよね。

多田氏:
今回の件は、息子さん(本物の次男)が電話をかけてきてくれて、被害が発覚したんですが、これが良かったんです。もしここで(詐欺だと)気付かなかったら、3日後4日後くらいに、また電話がかかってきます。

安藤:
お金が足りなかったとか?

多田氏:
おっしゃる通りです。また50万、100万払ってくれという電話が来る可能性がありましたから、(息子と)連絡を密に取っておくのは大事です。

広瀬:
多田さんによると、特殊詐欺にだまされないためには「怪しい電話は早い段階で切る」ということ。ここで齋藤さんに、今後新たな手法で電話がかかってきたらどう対処するか実演していただきたいと思います。



プルルルル

齋藤さん:
はい、もしもし

詐欺グループ:
齋藤さんのご自宅でしょうか

齋藤さん:
はい、そうですが。

詐欺グループ:
こちら、警視庁特殊詐欺対策課です。さっそくなんですが、去年被害に遭われた詐欺の犯人グループの動きがつかめました。摘発できれば、被害に遭った100万円を取り返せるかもしれません。それで、犯人逮捕のためにおとり捜査に協力してもらえませんか?

齋藤さん:
それは、具体的にどういうことを要求されているんでしょう?

詐欺グループ:
それはですね、また違う人から電話が来ると思いますので。

齋藤さん:
今この電話で伺うことはできないんですか?この電話で、具体的なことを…

詐欺グループ:
そうですね。詳しくは担当の者からまた電話させていただきますので。

広瀬:
齋藤さん、引っかからないための方法は「早い段階で必ず切る」ということだったんですが…



安藤:
でもこれは、警視庁って言ってましたよね。

高橋克実:
警察って言われたら切れないですよ〜。

多田氏:
まず、相手の身元と名前をきちんと聞いてください。電話番号も聞いて、それをメモして「折り返しさせてもらってもいいですか」と。相手のペースではなく、自分のペースにするためになるべく早く切った方がいいですね。

安藤:
前に被害に遭ったことを前提に電話を掛けてくるんですね…。

サバンナ高橋:
これがさっき言っていた、同じグループが100万だまし取った後にもう一度だましに来る手口なんですか。

多田氏:
そうです。1年後とか、もしかするとまた来るかもしれないので、ちょっと実演してもらいました。

安藤:
本当に聞いてて腹が立ってくるのは、一度被害に遭われた方を、もう一回被害のターゲットにしているんですよね。そしてこの詐欺の一番ひどいところは、親心という名の、理屈じゃ説明できない部分をついてくるところ。

北村弁護士:
自分の子供や孫の声を間違えるはずがないと思っている多くの方に伝えたいんですが、似た声や似た話し方の人は山ほどいますから。(誰でも)間違えますってことを言いたいです。

手を変え品を変え、巧妙化する詐欺の手口。誰もがだまされる可能性があると思って、警戒していただきたい。


【関連ニュース】
高齢者要注意! 息子をかたった現金確認の“アポ電”や孫自慢の井戸端会議は緊縛強盗のきっかけかも
「示談の内容が刑の重さを左右する…」新井浩文被告(40)きのう保釈で初公判の行方は?


カテゴリー: 安藤えっ!
  • Twitter
  • Facebook
このページのトップへ
TOP
PAGE TOP