せーの!グッディ!

憧れの夢舞台か?選手の安全か? 甲子園を巡って大論争!

憧れの夢舞台か?選手の安全か? 甲子園を巡って大論争!

2018年07月26日 (木)

夏の風物詩を巡って、大論争が起きています。それが…



夏の甲子園!熱中症が続発する中、甲子園球場ではなく、ドームで行うべきとの意見が出ているんです。
100回目となる今大会。伝統を重んじる“甲子園派”と、安全を訴える“ドーム派”で議論が白熱しています。

「直撃LIVEグッディ!」では、“甲子園派”である元甲子園のスーパースター金村義明さんと、“ドーム派”であるスポーツライターの小林信也さんをゲストにお呼びし、徹底討論していただきました!

広瀬修一フィールドキャスター「まずお二人の意見を伺う前に、スタジオのみなさんに“ドーム派”か“甲子園派”か伺いたいと思います。フリップをどうぞ!」



広瀬「スタジオでは、“ドーム派”が多いようですね。それでは、“甲子園派”の金村さんの意見を伺っていきましょう」



「甲子園以外では意味がない。野球少年たちは甲子園に出たいという思いから野球を始める。その夢を踏みにじってはいけない」


金村氏「甲子園でやらなきゃ、意味がないんですよ!甲子園に出たいという夢は、とてつもなく大きいんです。僕もプロ野球を目指して野球を始めたんじゃないんですよ。報徳学園のユニフォームにあこがれて、甲子園に出たいがために受験して。血のにじむような努力をして、どんなつらいことでも甲子園に出るために我慢できた。結果的に甲子園で優勝までさせてもらって、幸せでした」

広瀬「では、続いて小林さんの意見がこちらです」




「甲子園は神格化されすぎ。災害といえるほどの暑さなのだから危険なことはせず、安全なドームで開催すべき」


小林氏「僕も一応、甲子園を目指した高校球児だったんです。僕のころも暑かったですけど、この数年の暑さは尋常じゃありません。危険ですよ」

安藤優子「尾木さんは“甲子園派”なんですね〜」

尾木直樹(教育評論家)「甲子園は“聖地”ですからね。100年の歴史があります。この“聖地”で、いかに安全に行うべきかという対策を先に考えるべきですよ。考えてもこれは無理だなという結論が出たら、命は大切ですからドームにするというのもありだと思います。だけど、大して考えもせずすぐにドームに…という発想が、僕は気に食わない」

安藤「一方で、“ドーム派”の田村さんはどうですか?」

田村勇人弁護士「みなさん思いは一緒だと思いますよ。甲子園に行きたいという球児の思いも大切にしてあげたい。でも、これはもう答えが出ていて、WBGTっていう暑さ指数があって、その指数が31を超えたら運動はダメだって言われているんです。それだけの話です。だから、早朝や夜間なら甲子園球場でいいと思いますよ。朝4時に開始したり、夜間だってプロが使っていない時にしたりできるじゃないですか」

安藤「なるほど、朝早く始めるのは一理ありそうですね。私も“ドーム派”で、あえて危険を冒すことはないと思うんです。ドームで快適に試合をやってもらって、甲子園の土がほしいなら、あらかじめ袋に土を入れて、それを持ち帰ってもらうシステムとかどうですか。…金村さんには“お前ちっとも高校野球のロマンを分かってないな”って言われるのは、重々承知です(笑)」




八嶋智人「夏の高校野球には100年の歴史がありますが、その歴史の中で全部が甲子園球場で行われたわけじゃないんですよね。甲子園という伝統を、この先さらに100年続けていくためにも、今は危険ではないかということを認識するべきなんじゃないかなって思います」

三田友梨佳アナウンサー「私も元野球部のマネージャーとして、甲子園への夢って苦しいほどわかります。でも、気象庁がこの暑さは一つの災害って言ってましたよね。命の危険がある災害の中でやるべきなのかっていうのは考えるところです。私は“ドーム派”のフリップを出してますけど、もしできるなら甲子園球場でナイターとかが一番いいと思います。日程的な問題で難しいのであれば、ドームも甲子園も両方併用していくっていうのもいいんじゃないかなって」

安藤「併用型!でも、ドームで負けちゃって甲子園の土を踏めなかった、という人も出てきてしまいますよね…」


グッディ!取材班は、現役選手や保護者など、甲子園関係者にも意見を伺いました!すると…



・高校1年生の現役選手「(Q.甲子園には屋根がないけど?)関係ないです。もっと熱くなれるように精一杯応援したい」「(Q.先輩たちの熱中症の不安は?)先輩は強いんで大丈夫」
・保護者「甲子園でやることに意義があると思うので、対策を立てながらやってほしい」
・甲子園で準優勝に導いた部長「日ごろから厳しい練習をしているので、練習より短い時間の試合で熱中症にはならないと思う」
・愛工大名電出身の古茂田芳光さん「甲子園に行きたいという気持ちでやっていたから暑さを乗り越えられた。精神論みたいだけど、慣れたところはある」


広瀬「ということで、全員甲子園派だったんです。100人に聞いたら100人がこう答えるのかなと思いました」

田村「大人だったら自分で決めて自分で責任とれますけど、子供に自己判断させて危険な地に行かせないようにするのが大人の役目ですよ?子供が良いって言ったから良いっていうのに乗っかるのはよくないと思います」


グッディ!のスタジオでは、真っ向から対立している両派の意見。主催者の一つである朝日新聞社に話を伺うと、甲子園球場で安全に試合を行うために、暑さ対策を始めているといいます。



〈朝日新聞社の熱中症対策〉
・開会式で参加者全員に飲料を携帯させる
・大会本部委員などの判断で、試合中に給水・休憩の時間を取る
・理学療法士14〜18人がスタンド最前列で選手を見守る
・各チームのベンチに冷風機を設置する

広瀬「江東病院の三浦邦久副院長に、医師としての見解を伺いましたが“暑さ対策は綿密にできていると思う”しかし“医学的観点から見るとドーム球場でできるのであれば、それに越したことはない”ということでした」

安藤「それでも、これだけ対策を取っていれば大丈夫という見解もあるんですね〜」

金村氏「一番いいのは、甲子園を開閉型のドームにすることですね!」

スタジオ「(笑)」

安藤「それじゃあ8月5日までに間に合いませんよ〜!」

金村氏「今回は間に合いませんが、10年後間に合うように、今から始めるべきかと思いますね」

安藤「たしかに、これから気温はどんどん上がっていくと予想されています。本当に甲子園球場で続けていきたいなら、今から先の対策をはじめていただきたいですね」



【関連ニュース】
熱中症になりやすい!? “汗腺弱者”とは…対策を専門家が解説!
夏の頭痛はいつもの片頭痛じゃない!? “猛暑頭痛”の正しい対処法を専門家が解説!


カテゴリー: 八嶋うーん
  • Twitter
  • Facebook
このページのトップへ
TOP
PAGE TOP