せーの!グッディ!

洞窟閉じ込めから16日…ついに4人救出 救出作戦の決断を迫られたある理由とは?

洞窟閉じ込めから16日…ついに4人救出 救出作戦の決断を迫られたある理由とは?

2018年07月09日 (月)

きのう(8日)タイ北部チェンライ県の救助当局は、洞窟に閉じ込められた少年ら13人のうち、4人が無事救出されたことを発表しました。



立本信吾フィールドキャスター「当初は、子供たちに泳がせて外に出すのは危険ではないかと言われていました。救出までに4カ月ほどかかるのではないかという報道もあり、長期化の可能性もありましたが…きのう、救出の決断が下され、無事に4人が洞窟の外へ出ることができました」

救助の途中でプロのダイバーが亡くなったこともあり、子供たちが泳いで脱出することは不可能なのではと言われていた今回の救助。危険と隣り合わせの中、救出する決断をしたのにはある、差し迫った理由がありました。



・チェンライ県は雨期に入り、8月に向けて降水量が上昇する予報
・今後も大雨の予報が続いている
・増水により、13人の居場所がさらに狭くなってしまう可能性がある
・きのうは、洞窟内の水位が場所によっては30cmほど減り、今までで一番減ったタイミングだった

立本「救出を決断した理由としては、子供たちの身体的な異変への心配もあります」



・池袋大谷クリニック大谷義夫院長によると…日光を浴びないとうつ状態になったり、免疫力が低下し、風邪や肺炎に集団感染する恐れがある。狭い空間に長時間いるとエコノミークラス症候群となり、突然死する可能性もある
・さらに、洞窟内の酸素濃度が減少している。地上はおよそ21%ある酸素濃度が、洞窟内は15%ほどに減少⇒酸素濃度14〜16%で脈拍・呼吸数の増加や頭痛・吐き気などの症状が出てしまう

立本「タイ当局は洞窟内の酸素濃度を上げるためにさまざまなことを考えて、空気ボンベを運ぶなどしていたんですが…。今月6日に、ボンベを運搬中にダイバーが死亡する事故がありました」

安藤優子「プロの方も亡くなるほど、危険なダイビングになるということですね」

トレンディエンジェル斎藤「でも、残りの子どもたちも早く救出しないと危ない状況という…。酸素濃度が、今後良くなるということはないんですか」

吉田勝次氏(洞窟探検家)「今まで彼ら(13人)が通ってきた道は水がない状態で、その時は空気の流れがありました。増水してその流れが止められてしまったので、今後も大雨が続きさらに増水すると、酸欠が進むと思います。(酸素濃度が)12%くらいになると、筋力低下を起こし始めるんです。十分な体力がないと、ダイビングで潜るにも状況が悪くなってしまうので…。いろんな意味で、追いつめられていると思います」

安藤「タイムリミットが近づいているんですね…」

立本「現地メディアによると、酸素濃度が減ってきているので、洞窟の空間内で子供たちをケアする隊員の数も最小限にしているそうです。酸素を消費しないよう努力をしている状況ということでした」


今回成功した4人の救助。現地メディアによる成功のポイントをまとめました。

立本「リスクの高い救出方法になるので、子供1人に対してプロが2人つく万全の体制を取ったそうです。洞窟内では、400mほどの距離を潜水しなければいけない難所もありました。視界も遮られ、水の流れもあり、さらに幅60cmほどの狭い場所も通るそうです。その難所を無事に通り、第1弾の救出が成功したポイントとは…」



ポイント@:ガイドロープを事前に通し、進行方向を示した
ポイントA:狭いところでは、少年の空気ボンベをダイバーが持って潜水
ポイントB:少年と、少年の手前にいるダイバーをひもで結んだ
ポイントC:少年はフルフェイスマスクを使用⇒口と鼻で楽に呼吸ができ、水への恐怖心を軽減できる

安藤「水流もありますから、ダイバーと少年が常に同じ間隔でいくのは難しそうに見えますが…」

吉田氏「(泥水で)視界がほとんどないので、あまり離れるとどうなっているか確認しにくい。だから、少年はダイバーの近いところにいさせたと思います。その時、少年を蹴ってしまう恐れがあるので、フィン(足ヒレ)は外し、全員でロープを伝いながら行ったんじゃないかと。フィンでバタバタすると水も余計にごりますから」

安藤「なるほど。その時、声かけなどは出来るんでしょうか?」

吉田氏「水の中なので、声かけは無理ですね。ただ、3回叩いたら“大丈夫”とか、ジェスチャーなどは決めたかもしれませんね」




伊藤洋一(エコノミスト)「今回はグループ分けをして、最初の4人が助けられましたが、この4人は体が弱いから選ばれたんですか? それとも、強いからですか?」

吉田氏「体が強いからですね。まずは、成功率を上げるんです。成功率をあげて、完璧に成功させると、あとに救助される子供たちも安心できますから。他には1回成功すると“次はもっとこうしよう”とか、救助隊が次に向けてシミュレーションを立てられますから」

安藤「なるほど。この成功に続いて、残りの9人も無事に救出してもらいたいですね」



【関連ニュース】
“泥で視界ゼロに…ケーブダイビングは危険”タイ洞窟13人救出の方法は?”専門家が解説
夏血栓、脳貧血に注意! この夏は観測史上最も暑い夏の再来!? 寺川気象予報士が解説します


カテゴリー: 安藤えっ!
  • Twitter
  • Facebook
このページのトップへ
TOP
PAGE TOP