せーの!グッディ!

“あれ?身長差がそれほどない?”トランプ大統領と金委員長の“歴史的瞬間”を徹底分析

“あれ?身長差がそれほどない?”トランプ大統領と金委員長の“歴史的瞬間”を徹底分析

2018年06月12日 (火)

日本時間きょう(12日)午前10時過ぎに、トランプ米大統領と金正恩朝鮮労働党委員長による史上初の「米朝首脳会談」がシンガポール・セントーサ島で行われました。
トランプ大統領と金委員長がしっかりと握手を交わした瞬間は、まさに歴史的瞬間となりました。



「直撃LIVEグッディ!」では、安藤優子キャスターの中継で、現地の状況を伝えました。

大村正樹フィールドキャスター「握手を交わす冒頭の1分間は、世界が注目したと思います。この1分間、トランプ大統領と金委員長どちらが主導権を取ったのか?これは間違いなくトランプ大統領だったと思います。金委員長は緊張しているように見えましたね」



大村「握手をする際、トランプ大統領が先に手を伸ばし、約12秒間握手をしました。握手した直後、トランプ大統領が金委員長の腕をポンポンとされていますが、こちらは安藤さん、どのように見ましたか?」



安藤「私には、トランプ大統領の力関係、“私はあなたより上位にいる”という姿勢を表したように見えました」

風間晋(フジテレビ解説委員)「僕はこの握手について、そこまで深読みしていません。無理に引っ張ったり力を入れたりせず、同じペースで握り合っていましたね。金委員長に対して、これから2人で一緒に会談を成功させようという前向きな意図が感じられました。トランプ大統領のポンポンは意外とやるんですよね」

大村「たしかに、安倍首相も去年2月にトランプ大統領にポンポンとされていましたね。今回、さらに気になる点があります」




初対面からおよそ1分後、金委員長がトランプ大統領の腕をポンポン返し!

大村「なんと金委員長がポンポン返しをしていたんですよ。これは“対等だ”という現れでしょうか」

風間解説委員「そうでしょうね〜。ちょっと意識したかもしれないです」

北村晴男弁護士「緊張が解けてきたようにも見えますね」

大村「そうかもしれません。ポンポン返しのあとに再び握手をしているんですが…」




大村「初対面から1分23秒後、ここで初めて金委員長は笑顔を見せているんです。最初は表情がこわばっていたんですが、1分たってふっと笑顔になったということでしょうか。一方で、トランプ大統領にはあまり笑顔が見えません。これは、アメリカのトップとして、あまり笑ってはいけないということなんでしょうか」

風間解説委員「北朝鮮と対峙するときは、笑ってはいけないという部分もありますね。小泉元首相が金正日総書記と対峙した時は事前に“笑ってはいけない”という指示があったと言われています」




李相哲氏(龍谷大学教授)「北朝鮮の指導者がアメリカ合衆国大統領と握手した。これは北朝鮮が世界各国にふつうの国として認められた瞬間なんです。細かいしぐさや表情はとにかくとして、この握手したシーンは歴史的な、非常に意義深いものだったと思います」

大村「李さんは、“つかみ”としてはどちらがリードしたと思われますか?」

李氏「トランプ大統領がリードしてるように見えます。ポンポンするのは、自分より下の人に対して褒めるときのしぐさですよね。そういう意味からすると、トランプ大統領は自信を持って臨んでいるような感じがします」


さらに、グッディ!が注目したのは…金委員長とトランプ大統領の身長差について。

大村「トランプ大統領と金委員長の握手を見ていて、気になったことが“金委員長ってこんなに大きかったっけ?”ということ…。まずは4月に行われた南北首脳会談の様子をご覧ください」



・金委員長の身長は公表されていないが、推定167cm前後と言われている
・4月の南北首脳会談では、推定172cmと言われている文在寅大統領と金委員長の目線が一緒!
・金委員長は、靴の内側に4〜5cmの高さをつけた、シークレットシューズを履いていたのでは?という疑惑が…

大村「トランプ大統領の身長は190cmほどあり、とても大きい方なんです。でも、今回の握手している映像を見ると、23cm差もあるとは思えないくらいの対等感があるんです」



・握手している場面で実際に測ってみると…金委員長とトランプ大統領の身長差は約10cm!
・足元はズボンの裾で隠れているが、今回もシークレットシューズ疑惑が?

グッディ!では、きょう車を降りる瞬間の金委員長の映像に注目!
足元を見ると、たしかに靴に角度があるようにも見えます…



大村「おそらく60度くらいの角度があるのではないかと。普段ヒールを履きこなしている三田さん、どうですか?」

三田「その割には歩き方が自然で、ヒールを履いているような印象がなかったですね! 慣れていらっしゃるんでしょうか」

李氏「韓国メディアを見ると、今回は10cmくらいの高さのある靴を履いているんじゃないかと言われていますね。金委員長は小さなころから身長にかなりコンプレックスがあったみたいで、バスケットが好きになったのも、“お母さんがバスケットをすれば背が伸びるよ”って言ったのがきっかけだそうで、そういうエピソードが伝わっているくらい、身長にはこだわっているはずです」

三田「たしかに身長差が20cm以上あると、トランプ大統領が見下ろし、金委員長が見上げる形になりますよね。最高指導者としての立場を気にしての策なんでしょうか」

風間編集委員「金委員長は握手している時や並んで歩いている時も、必ず顎を引くよう意識してるのは間違いないですね。顎を引かないと顔全体が上を向いてしまいますから」

八嶋智人「今はメディアとか、映像での印象が世界中に発信されるので、母国では神格化されているわけですし、差があるのは出来る限り縮めたいという考えは分からなくもないですね〜」



【関連ニュース】
全世界が注目!米朝首脳会談いよいよ明日開催 安藤キャスターもシンガポールへ
合意内容に満足いかないトランプ大統領が、陽気な振る舞い!?その真意とは


カテゴリー: 安藤おしえて
  • Twitter
  • Facebook
このページのトップへ
TOP
PAGE TOP