せーの!グッディ!

“女児は寂しそうだった”今度は静岡市のちびっこ相撲で女児(10)を土俵に上げず

“女児は寂しそうだった”今度は静岡市のちびっこ相撲で女児(10)を土俵に上げず

2018年04月12日 (木)

救命救助中に「土俵から女性は下りてください」との不適切アナウンスがあった大相撲の京都・舞鶴巡業が行われたのは、今月4日のこと。あれから約1週間…、土俵の“女人禁制”問題の議論が続く中、実は同じ日に富士山静岡場所のちびっこ相撲実行委員会に、荒磯親方から電話で「ちびっこ相撲に女の子は遠慮してほしい」と要請があったことが明らかになりました。



去年までの3年間は、女児も「ちびっこ相撲」に参加していたそう。なぜ、今年に限ってちびっこ相撲開催の4日前という直前になってこのような電話があったのでしょうか?

『直撃LIVEグッディ!』スタジオには、東京相撲記者クラブ会友の大見信昭さんとコーディネーターの加藤タキさんをゲストに迎え、今日も議論を繰り広げました。



大見信昭氏「巡業は相撲の普及も大切なので、ちびっこ相撲もやりますが、どういったメンバーが入ってくるのかわからないまま、これまでは行われていた。女の子が上がってくるというのを把握しないままきたんですけど、今回は巡業部も新しくなりましたから、基本に戻るということで徹底して連絡も入れて、たまたま問題になってしまったということですね」

今回たまたま騒動後に連絡を入れたため、大きな問題になってしまっただけということですが、以前までは女の子も参加できていたという「ちびっこ相撲」…。

安藤「私には、たまたまに見えませんが…。巡業の4日前に、改めて電話をしてきたっていうタイミング、タキさんはどうご覧になりますか?」

加藤タキ氏「相撲協会の広報が本当に下手だと思っています。そういうことがあるならば、初めからそう説明すべきだし、過去3年間はこうだったけど、こういうことはちょっと見逃してしまったけど、今回からきちんとこうしますって理由を述べるとか」

大村フィールドキャスター「グッディ!ではちびっこ相撲で土俵に上がれなかった女の子のお母様にお話しをうかがいました」




〈土俵に上がれなかった女児(10)は?〉
・土俵に上がれなかった女児は、去年「全日本女子相撲選手権大会」で優勝、実績のある子だった
・地元の相撲クラブに小学2年生から入部、相撲に関して一生懸命な子だった
・石浦関のファンで、今回も石浦関に会うことを楽しみにしていたそう
・母親は「相撲は神道だから女性は土俵に上がれない」と説得し、女児も納得
・しかし当日は力士からサインをもらい嬉しそうな反面、同級生の男の子たちが土俵にあがって取組をしていたのを見て、寂しそうだった

克実「子供と憧れの力士がわーって取組をするわけじゃないですか。これは見ていてとてもいい光景だし、それに急に参加できないというのはとてもかわいそうなことですよ」

尾木直樹(教育評論家)「ちゃんと説明できる言い方で、本人もなるほどなって。子供には分からない世界もあるんだなって思うのはアリだと思うんですよ。でも、納得できなくて、すごく期待していて今度はどのお相撲さんにぶつかっていこうかなって夢を膨らませているのに、それが直前で途絶えてしまうっていうのは。この子がこれから相撲を続けていくのか分かりませんけど、そこにも影響してくるし、ジェンダーの問題で、女性はこうやって損するんだとか刷り込まれたとしたら大変だなって思います」

ヨネスケ「神事だっていうことだったら、相撲協会がきちんと説明しないといけない。神事だからいけないよっていうだけだと、じゃあなんで神社に女の子が行けるのかってなったらどうするんですか。説明できないじゃないですか。だからそういうところはハッキリと説明しないとダメだと思います




田村勇人弁護士「女性だからっていう本人では努力しようのない部分で人生の可能性が狭まれるっていうことをわれわれは公益として認めるのか?そこは議論しなければならないと思います」

しきたりや伝統に関してさまざまな問題が飛び交う大相撲。相撲協会の対応などが注目される中で、スタジオで気になったのは・・・

大見氏「これは前任の貴乃花親方に伺いたいですよね。貴乃花親方は許していたのか、知っていたのか。知らなかったのか。巡業部長でずっと巡業されてましたから、たぶん女の子が土俵にあがっているところを見てたと思いますから、いまどう思っているかお伺いしてみたいですけど」

安藤「でも貴乃花部屋はホームページなんかでもちびっこ相撲の奨励をしてるじゃないですか。だからそのことにはすごく理解があったんだと思うんですよね…」



【関連ニュース】
“古いから伝統なのではない”評議員会・池坊議長を直撃!“女人禁制”騒動を語る!


カテゴリー: 克実うーん
  • Twitter
  • Facebook
このページのトップへ
TOP
PAGE TOP