せーの!グッディ!

グッディ!独占 池坊議長が疑問呈す「貴乃花親方 内閣府へ告発状提出!」

グッディ!独占 池坊議長が疑問呈す「貴乃花親方 内閣府へ告発状提出!」

2018年03月13日 (火)

大相撲春場所の開幕直前に、貴乃花親方が内閣府へ告発状を提出していたことが明らかになりました。
貴ノ岩への暴行事件からおよそ5カ月、自身の理事解任から2カ月半…、日本相撲協会に対する"宣戦布告"とも取れる告発です。

主な内容は…

<9日更新 貴乃花部屋ホームページより>


・本件傷害事件に関する日本相撲協会による調査は、第三者により行われたものではありません。(中略)さらに危機管理委員会は、被害者の主張を聞く前に中間報告要旨を公表し、その後の最終報告においても重要な点で被害者の主張が全く反映されていません。
・理事の解任は公益法人にとって重大行為であり、正当な理由のない解任行為は、公益法人による事業の適正な運営の確保に対する重大な疑義を生じさせる(中略)。それにもかかわらず、評議員会は、私が求めた弁明の機会を与えずに、理事の解任という重大行為に及んでいます。

この告発状について、グッディ!では、池坊保子議長に独占取材! 今回の貴乃花親方の行為への意見を語っていただきました。



Q.突然の告発状について
池坊議長「やっぱりボタンの掛け違いなのか、残念だなっていう気はしますね。例えば(貴乃花親方は)"評議員会で貴乃花親方の弁明の場を設けなかった"とおっしゃっていますが、そのような申し出があったら速やかに弁明の場を設けました。でもそのような申し出がなかった。理事会に出された貴乃花親方の意見書は、しっかり皆で一人一人がじっくりと読んで、わからないところは、理事長や事務局や危機管理委員長に聞いて、みんなが納得して評決しました」

Q.貴乃花親方が告発状を提出したことに怒りはある?
池坊議長「怒りというのはないですけど、私は貴乃花親方を好きか嫌いかともし聞かれたら、私は好ましいとずっと思ってきました。横綱の時なんか、本当に颯爽としていたじゃありませんか。だから期待する方がいっぱいいらしたと思うんです。だからこそ私もそう思っていた一人だから、評議員会のね、発表の場でも、ちょっと私の気持ちを強く押し出したというところがありますけど、期待する分だけ私はちょっと、この一連のことは残念だなと思う気持ちがあります」

グッディ!スタジオでは、貴乃花親方が告発状を提出した真意について取り上げました。

倉田「貴乃花親方が告発状で大きく主張している部分は、貴ノ岩の暴行事件で協会が行った調査の不透明さと、自身が理事を解任されたというところの大きく2点です。詳しく見ていきます」



・第三者機関ではない危機管理委員会が調査するのは不適切
・重要な点で被害者(貴ノ岩)の主張が全く反映されていない
・被害者(貴ノ岩)の承諾なしに診断書を公表したのは違法ではないか

安藤「貴乃花親方は"貴ノ岩は何も悪くないのに殴られた"と言いたいんでしょうか」

三田「貴乃花親方って貴ノ岩関の心の傷をずっと心配されていて、貴ノ岩関にとって特に悲しんでいたのはふるさとのモンゴルで悪く言われることだということですから、徹底的に間違っていることはその印象を直すためにも何とか正したい!という思いがここにもあるのかなと感じました」




・貴乃花親方は弁明の機会が与えられずに解任されたことに納得していない

安藤「弁明の機会を全く与えられなかったっていうのは、貴乃花親方と池坊議長でまったく逆じゃないですか」

大見信昭氏(東京相撲記者クラブ会友)「評議員会には、貴乃花親方は最初から呼ばれてないんですよね。ですから弁明の機会とかは全く予定されてなかったと思います」

安藤「ただ池坊さんからすれば、申し出てくれればってことなんですよね…」

倉田「では、なぜこのタイミングで告発状なのか?」




倉田「どちらかというと、この後控える理事長選のことをもくろんで?」

安藤「タイミングとしてはレスリング協会のことがあったからっていうことではないんですね」

大見氏「八角理事長はおそらく自分たちは信任されたんだと思っていたと思います。今度の理事長選もおそらく無投票で八角理事長の続投が決まると思いますから。ちょうどそういうタイミングのときに貴乃花親方は非常に切れ味の鋭い手裏剣を放ったという感じですね」




一度は終結したかに見えた貴ノ岩への暴行事件。公益法人を所管する内閣府の梶山弘志担当相はきょう、告発状を受理したことを明らかにし、協会関係者らから事情を聴くとの見通しを示しています。


【関連ニュース】
大相撲春場所まであと2日 貴ノ岩と横綱・鶴竜の出場決定! 心身の状態は?
暴行事件後、初めて取材に応じた貴ノ岩 気になる春場所への出場は?


カテゴリー: 克実うーん
  • Twitter
  • Facebook
このページのトップへ
TOP
PAGE TOP