せーの!グッディ!

平昌五輪で2つの金メダルを獲得した木菜那選手生出演!レースの舞台裏を振り返る!

平昌五輪で2つの金メダルを獲得した木菜那選手生出演!レースの舞台裏を振り返る!

2018年03月12日 (月)

日本の女子選手で初! 冬季・夏季オリンピックを通して2つの金メダルを平昌オリンピックで獲得した木菜那選手(25)が、グッディ!スタジオに生出演!!



木選手は、女子団体パシュートとマススタートで金メダルを獲得。今回は、平昌オリンピックで印象に残ったシーンを木選手に生解説していただきました!


<団体パシュートで「待って!」と声かけしたことについて>

倉田「団体パシュートの準決勝では、妹の美帆選手が思わず振り返るほどの声で"待って!"と声かけをしていましたが、その時の心境は?」




木奈那選手「妹が加速しようとしたところで、まだ2人とも(佐藤綾乃選手・木菜那選手)後ろにつけていなかったので。そのまま行ってしまうと最後まで足がもたないし、それだったら最初にスピードを緩めてもらって改めて最初からくっついて行った方がタイム的にはロスがないのかなと思って、全力で(美帆選手に)声を掛けました」

安藤「本当に、一瞬の判断なんですね!」


<"5人目のメンバー"押切美沙紀選手について>

倉田「日本中で感動を呼んだのが、団体パシュートでのウイニングランでのシーン! 苦楽を共にしてきた5人目のメンバーである押切美沙紀選手に駆け寄るシーンがありました。押切選手は奈那選手にとってどんな存在でしたか?」




木奈那選手「パシュートを引っ張ってきたメンバーなので、押切がいなかったら今のパシュートはないのかなと思うくらい大切な存在ですね」

三田「メダルセレモニーのシーンで、押切選手の首にメダルをかけてあげるシーンもありましたが、どんな思いがありましたか?」

木奈那選手「それまでは妹も自分も1回も泣いていなかったんですけど、押切にメダルをかけてあげたときに2人とも初めて涙が流れました」

倉田「スタジオのみなさんも、これを見て、大号泣。安藤さんも涙が止まらなかったですよね」

安藤「そう。号泣しちゃって…」

ノンスタイル石田「今も泣きそうになってる!」

倉田「本当に心打たれましたよね。改めて、平昌オリンピックを振り返ってどうでしょうか」

木奈那選手「金メダルを取れたっていうことで、いろんな方が祝福をしてくださったり、感動したよっていう言葉をいただけたのが一番うれしかったです」

三田「これからの目標は何かありますか?」

木奈那選手「そうですね。まずはしっかり膝を治して、今シーズンも思いっきりレースに挑んでいきたいと思っています。まずは全力で練習ができるようにしてから、自分がどこまで行けるのか、レースで試していきたいなと思います」



【関連ニュース】
平昌五輪で3色メダル獲得の木美帆選手生出演!"あの瞬間"を本人が生解説!
カーリング女子「そだね〜ジャパン」がスタジオに! どうしても伝えたい魅力とは?


  • Twitter
  • Facebook
このページのトップへ
TOP
PAGE TOP