せーの!グッディ!

グッディ!独占 元教え子が語る栄レスリング協会強化本部長のパワハラ疑惑とは?

グッディ!独占 元教え子が語る栄レスリング協会強化本部長のパワハラ疑惑とは?

2018年03月05日 (月)
先日、オリンピック4連覇を達成した伊調馨選手(33)が、日本レスリング協会の栄和人強化本部長からパワーハラスメントを受けていたという告発状が内閣府へ提出されていたことが明らかになりました。
伊調選手は「告発状については一切関わっておりません」とのコメントを発表していますが、パワハラとされる事実の有無については、言及していません。
グッディ!では、女子レスリングの元日本代表選手で栄強化本部長の元教え子に取材!栄氏の指導方法やパワハラ疑惑についてじっくりと伺いました。
 



元教え子「(栄氏は)自分の選手に対してはすごく愛情を持って、強くしてやりたいという気持ちもすごい。心を折るようなことを普通に言うので。"お前なんかやめちまえ"みたいな攻撃を栄さんがして、本人が辞めるパターンも中にはありますね」

栄強化本部長の指導法や実力については信頼している一方で、度の過ぎた言動を度々目撃していたといいます。

グッディ!スタジオでは、女子レスリング元日本代表で、栄強化本部長の教え子でもある野口美香さんにお越しいただき、パワハラ疑惑について検証をしました。



安藤「栄監督に直接指導を受けていた身として、野口さんは率直にどう思われますか?」

野口さん「私が指導を受けていたときもしった激励はありましたけど、私自身はパワハラとは感じなかったです。私のために言ってくれて"チャンピオンに一緒になろうね"っていう感覚で私も受けていたので。今回上がっているような、パワハラだとか嫌な気持になるってことはなくて、協会もみんなで支援してくださったので。私はそれがあったから全日本チャンピオンになれて、アジアチャンピオンになれたと思っています」

倉田「先ほどの元日本代表である栄氏の教え子の方からいただいた証言をまとめました」




・栄強化本部長から指導者である元教え子に、"強い選手をつくったら俺のところによこせ"と電話が来る
・元教え子が指導する選手が、栄本部長が監督を務める至学館大学以外への進学を決めたことが判明すると"至学館に来ないと五輪に行かせないぞ"と執拗に勧誘をする
・至学館に行かなかった生徒が、代表合宿に参加すると"俺の前でよく(レスリングが)できるな"と口撃?

安藤「これに関して、野口さんはどうですか?」

野口さん「私から見ると、栄監督は"俺のところで練習すると、五輪選手がたくさん出てるから良い練習ができて良い選手になるよ"っていう意味で言ったとしか思えないです。こんな風に言ったか言ってないかはわからないですけど、ここまで言わないんじゃないですかね…」

倉田「いろいろな声が上がってくる中で、元教え子によると日本の代表合宿に行きたがらない選手もいるそうなんです」




<代表合宿に行きたくない理由>
・至学館以外の選手に対し、罵声を浴びせる
・至学館の選手に対し、優位になるようにアドバイスを繰り返す
・結果、肩身が狭く良い練習にならない…とストレスがたまる

倉田「でも代表合宿に行かないと代表には選ばれない…というジレンマがあるようですね」

安藤「野口さんは至学館卒業でいらっしゃいますよね。自分たちがひいきされているような面は感じましたか?」

野口「まったく逆でしたね。監督にものすごく怒られる方だったので…優しくされたことはないです」

ハマカーン浜谷「そうですよね。スポーツって学校で合同合宿とかしても、そこの学校の生徒はめちゃくちゃしごかれて、他の学校の生徒には甘いことってありますよね」

伊藤洋一(エコノミスト)「栄監督は、至学館大学の監督であると同時に、レスリング界の全体を見なければいけない強化本部長でもあるんですよね。そこが一緒になってしまうと、受け取る側が"この人は選手をひいきする人だ"って思っちゃうから、印象が違ってくるんじゃないですかね」

尾木直樹(教育評論家)「(監督と強化本部長の)役割分担をきちんとすれば、もっと上手くいくんじゃないかって思いますよね」

安藤「とにかく今後、伊調選手ご本人がもう一度レスリングと向き合った5連覇を目指したいというのであれば、最高の環境を用意してほしいですよね」





【関連ニュース】
五輪4連覇のレスリング伊調馨選手がパワハラを受けていたとされる告発状 その真相は?
暴行事件後、初めて取材に応じた貴ノ岩 気になる春場所への出場は?


カテゴリー: 克実うーん
  • Twitter
  • Facebook
このページのトップへ
TOP
PAGE TOP