せーの!グッディ!

グッディスタジオで木村太郎、維新力もあ然…理事選で貴乃花親方わずか2票の落選

グッディスタジオで木村太郎、維新力もあ然…理事選で貴乃花親方わずか2票の落選

2018年02月02日 (金)



きょう(2日)、日本相撲協会は東京・両国国技館で、理事候補選挙の投開票を行いました。貴乃花一門からは貴乃花親方(45)と阿武松親方(56)が立候補しましたが2人揃っての当選は難しいと見込まれており、貴乃花親方の動向が注目されていました。
結果、貴乃花親方がわずか2票しか獲得することができず、落選となりました。



・八角親方(高砂一門)    11票
・鏡山親方(時津風一門)   11票
・貴乃花親方(貴乃花一門)  2票
・阿武松親方(貴乃花一門)  8票
・高島親方(伊勢ヶ濱一門)  12票
・尾車親方(二所ノ関一門)  10票
・芝田山親方(二所ノ関一門) 10票
・春日野親方(出羽海一門)  9票
・出羽海親方(出羽海一門)  9票
・境川親方(出羽海一門)   11票
・山響親方(出羽海一門)   8票



安藤「貴乃花親方、落選という結果に終わりました」

木村太郎(ジャーナリスト)「2票っていう結果は、"協会のあり方は今のままでいいんだ"っていう意思表示がすごく強く出た結果だと思うので、そういう風に受け止めればいいんじゃないんですか」

ヨネスケ氏「いい方に考えると、貴乃花一門はこの結果でさらに結束するのでは? これから俺たちは戦うぞ!という」

安藤「この結果は…、やはり、改革の芽は摘まれたということですか?」

維新力浩司氏(元大相撲力士)「…そうですね。でも相撲協会は(この結果に)満足せず変えていかないとダメですよね。貴乃花さんは落選しましたが(今後相撲協会は)不祥事とかも防いで改革していかないと世論は納得しないと思うんで」

倉田「でもそこで(今後)旗を立てていく親方はいったい誰になるんですか?」

維新力氏「阿武松親方が、貴乃花親方を代弁していってくれると期待していますけど…、貴乃花親方のアドバイスがある中で阿武松親方が代表してという流れになると思います」




安藤「貴乃花親方が獲得した2票のうち、1票は誰でしょうか?」

横野レイコ氏(相撲リポーター)「私の取材ですと、ご親戚にあたる(高砂一門の)陣幕親方ではないかと思います」

安藤「2票あるうちの1票が陣幕親方からの1票だとすれば、貴乃花一門からは誰も入れなかったということですよね? 阿武松親方の得票数が8票なんですよ。そうすると、(貴乃花一門には親方が11人いるため)2票どこかに行っちゃっている可能性がありますよね〜」

ヨネスケ氏「それは大変なことだよね。貴乃花一門って結束が強いのかなって思っていたら…、勝ったほうの思うツボになっちゃったね」

克実「スタジオの空気も、ものすごく重くなりましたね」

ヨネスケ氏「これ(スタジオの空気)がファンの気持ちを代弁をしているって気がしますね」

安藤「貴乃花親方がブログに書いた"相撲協会を変えていきたい"という思いは、届かないんですか?」

木村氏「もしかしたら、貴乃花親方がこれだけの大差で完膚なきまで負けたっていうことの方が、彼が理事になるよりも、社会的にはインパクトが大きかったかもしれない。もしかして(貴乃花親方は)こうなることを狙っていたのかなと思うくらい。相撲協会がこれからどう改革していくんだろうって、みんな言ったじゃないですか。ということは世間がこれから言うわけですよ"貴乃花潰しておいて何ができる?本当に変わるのか?"って。そういう問いかけをするためには、これだけ負けるってのがすごく効果的だったと」

安藤「そうかもしれないですね」




維新力氏「貴乃花親方は(立候補数が)10人で無投票だと意味がないと、とにかく選挙をやりましょうというのが、今の協会に対しての訴えだったと思います」

安藤「その結果としての2票だと…、でも世論はこのままじゃ済まさないですよね。この結果を受けて、私なんかは(協会は)そうそう簡単に変わらないんだなっていう風に思っちゃいました」

ヨネスケ氏「悔しいよね。僕らファンとしては、"なんだまた変わらねーのか、また同じかー、あと2年我慢か"っていうね」

木村「でも、貴乃花は変わらなくちゃいけないです。なぜならひとり野党になっちゃったから。しかも理事会にも出られない、そうすると誰を味方にするかってなると、世論しかない。今みたいにマスコミに口を閉ざしてたんじゃ、もう何にもできない。少なくともこの結果を受けたらね、彼はしゃべるべきですよ。そうしないと何にも相撲界に貢献できないと思う」



【関連ニュース】
終始穏やかな表情で…、貴乃花親方が愛弟子・貴公俊の新十両会見に同席!
故郷ジョージアの家族に支えられ平幕栃ノ心(30)の初優勝


カテゴリー: 克実うーん
  • Twitter
  • Facebook
このページのトップへ
TOP
PAGE TOP