せーの!グッディ!

東京に33年ぶりの”低温注意報”発令!この寒さいつまで続く?

東京に33年ぶりの”低温注意報”発令!この寒さいつまで続く?

2018年01月25日 (木)

東京では、48年ぶりに氷点下4℃を記録しました。公園の噴水が凍ったり水道管が凍ったり様々な現象が起こった東京。なぜ、こんなに寒いのか、寺川奈津美気象予報士が解説します!



安藤「やっぱりマイナス4℃とかマイナス7℃って北海道の方に申し訳ないですけど、未知の世界なんですね」

寺川「全国的に氷点下の世界になりました。今回は本当に困ったという方が多かったと思います」




寺川「各地の最低気温見ていきましょう。東京は48年ぶりのマイナス4℃でした。私も本当に氷点下4℃まで行くのかなあ?って思っていたんですが…」

安藤「なっちゃん。そんなに自信なかったんですか?」

寺川「夜の時点で氷点下2℃までいったので、これはまずいなと思いましたね。最終的に氷点下4℃までいきました。そして全国でも最低気温を更新。北海道・喜茂別では氷点下31.3℃まで下がりました」

安藤「長野出身者である倉田君、氷点下4℃ぐらいでがたがた言うなと?」

倉田「がたがた言っちゃいけません。本当にすごいですね」

安藤「本当にすみません…。長野でもそんなにいくの?」

倉田「長野でもそんなにいきませんね」


この寒さに、スタジオでは弱音がちらほら…



安藤「私たちはもう泣き言を言いたいモードに入っていますんで(笑)」

麒麟・川島「きょう朝6時から仕事で、家出た瞬間知らない間に泣いていましたもんね」

三田「寒いと涙出てきちゃいますよね」


それでは、なぜ日本がこんなに寒くなっているのか?
寺川気象予報士によると、北極から流れ込んでくる寒気が影響しているそうです。



寺川「通常は北極付近に冷たい空気が集まっています。そしてここから四方八方に寒気がふわ〜っと広がっていくわけなんです。しかし、今回は異常な動き方をしていて、北極から日本付近に集中して寒気がどっと流れ込んでいる状況なんですね」



安藤「日本が狙われているみたいだね…」

寺川「上空5500m付近の氷点下42℃という寒気の塊"寒気核"が、きのうから日本にぐぐっと流れ込んできています。しかも日本の東側に"ブロッキング高気圧"が形成されつつあって、これが寒気を押しとどめる形になっています。ですから、日本に入ってきている寒気がなかなか出ていけない状況になっているんですね」

克実「逆に、もうちょっと押してくれればいいのにね」

寺川「確かにそうですね。中途半端に押しているので、日本が集中攻撃を受けているようになっています」


一体、いつまでこの寒さが続くのでしょうか? 早く寒さから解放されたいのですが…?



寺川「いつまでこの寒さが続くのか?実は氷点下4℃とかの異常な寒さが続くのが怖いんですよね。明日も氷点下3℃が予想されています。日曜日まで少しずつ気温は上がっていきますが、まだまだ強い寒気が支配的になります。月曜日以降は寒気が北上する傾向が見えているものの、ブロッキング高気圧の影響もありなかなか日本は寒気の中から抜け出せないという状況が続きます。来週にかけても、平年より低い寒さが続くと思っていただきたいですね」



安藤「私たちは異常な寒さのなかにいるんですね」

寺川「今がピークだと思ってください。ただ週末までは寒さが続くと思います」

安藤「ここはブロッキング高気圧の出方次第だと」

克実「何とか"寒気核"に勝ってほしいですね」

安藤「勝ってもらうか退いてもらうか(笑)」

克実「でも、だんだん上がっていくんでしょ?3、2、1って・・月曜日"だぁー!"って感じで」

麒麟・川島「あれは1、2、3ですよ(笑)」


今後も、寒さは続きそうです。しっかり対策をして過ごしてください。


【関連ニュース】
過去最強級の寒波に警戒! 関東でまたも降雪… この寒さいつまで?
大雪で東京の交通網が大混乱! 大混乱に陥った理由は"早期帰宅指示"?
JR信越線が雪でストップ15時間も立ち往生! 記録的大雪の原因は?

2018年1月25日
  • Twitter
  • Facebook
このページのトップへ
TOP
PAGE TOP