せーの!グッディ!

過去最強級の寒波に警戒! 関東でまたも降雪… この寒さいつまで?

過去最強級の寒波に警戒! 関東でまたも降雪… この寒さいつまで?

2018年01月24日 (水)


きょうは、過去最強クラスの寒波が日本列島を襲い、各地でも大きな被害が出ました。
あす(25日)の都心の予想最低気温はなんとマイナス3℃! 都心でマイナス3℃を記録すれば実に34年ぶりとのこと。まだ雪が溶けきらず、混乱の余波が続いている東京ですが、この事態に対応できるのでしょうか?



スタジオでは、寺川奈津美気象予報士に【今後この寒さはいつまで続くのか?】解説してもらいました!



寺川「今日も実はこのあと雪の可能性があります。前回ほどの雪にはなりませんが、パラパラ、チラチラって舞う程度は予想されます。この後皆さんお帰りの時間帯にはおそらく1℃くらいまで気温は下がりそう」



一同「うわあ〜!」

寺川「午後10時台には氷点下に突入します。東京も明日の朝にかけてどんどん気温が下がり…、なんと氷点下3℃の予想となっています。氷点下3℃まで下がったら34年ぶりの寒さになるんですね。しかも週間予想を見ていただければ分かるように、−3℃があす金曜、土曜と続く予想で、もし4日間続くと55年ぶりの寒さになるそうです」




克実「そんな記録いらないでしょう!」

一同「アハハ(笑)」

寺川「わたしも数字を見て驚くくらいの、そんな記録的寒さが控えているということなんです!」

寺川「ではこの寒さがいつまで続くのか気になりますよね?」




寺川「"異常天候早期警戒情報"という予報では、いまも異常な寒さなんですが来週にかけてもっと異常な寒さ、平年よりもかなり低い気温が続きますよと、気象庁が呼びかけています」

安藤「やっぱり葉物野菜はだめですね〜」

寺川「この後、北陸や東北など日本海側で一気に積雪が急増する恐れがあります。もう一つ注意が必要なのは、夜になると名古屋周辺にもこの雪雲が流れこんで来る予想になっていることです。名古屋はきょう夕方から明日未明にかけて雪が予想され、ただの雪ではなく積雪となる恐れがあるんですね。10pくらいと予想されてます」

寺川「それでは、全国的にはどのくらいの積雪量になるのか見ていきましょう。」




寺川「こうなると大規模な車の立ち往生ですとか、あと集落が孤立するようなところも出るかもしれませんね。そのくらい今回の寒波は怖いと見ています」



寺川「さらに怖いのは風です! 今も風が強まってきていますが、とくに西日本、近畿から中国、北日本、北陸、北海道かけて日本海側中心に瞬間的に35m/Sの風が吹きそうなんです。通常の速度での運転が困難になるようなそんな風です。雪も伴うと大変危険な状態になりますので、警戒を続けてください」


【関連ニュース】
大雪で東京の交通網が大混乱! 大混乱に陥った理由は"早期帰宅指示"?
JR信越線が雪でストップ15時間も立ち往生! 記録的大雪の原因は?

2018年1月24日
  • Twitter
  • Facebook
このページのトップへ
TOP
PAGE TOP