せーの!グッディ!

横野レイコ氏が解説 横綱・日馬富士がモンゴル出身後輩力士に暴行疑惑の真相は?

横野レイコ氏が解説 横綱・日馬富士がモンゴル出身後輩力士に暴行疑惑の真相は?

2017年11月14日 (火)

大相撲九州場所の最中、前代未聞の疑惑が浮上しました。
先月26日、鳥取で行われた秋巡業の後、横綱・日馬富士(33)が開催したモンゴル出身力士を集めての懇親会。横綱はその酒席で同じモンゴル出身の後輩力士である前頭8枚目・貴ノ岩(27)の頭をビール瓶で殴り負傷させたというのです。



この暴行疑惑について、グッディ!では相撲リポーターの横野レイコ氏に解説していただきました。



大村「日馬富士は、きょう朝稽古の後に謝罪をしました。“貴乃花親方、貴乃花部屋の後援会の関係者の皆さま、相撲協会、うちの部屋の親方に大変迷惑をかけたことを深くおわび申し上げます。これ以上のことは親方が帰ってきてから…”というコメントなのですが、つまり事実関係に関しては何も語らなかったんです。横野さん、これはある程度認めたということでよろしいですか?」

横野レイコ氏「そうですね。暴行のことについては認めて謝罪をしたということですね」

大村「それにしても場所中にこういったことが発覚するのは前代未聞です。日馬富士が酒に酔い、貴ノ岩の頭部をビール瓶で殴りケガをさせた疑惑。なぜ今、場所中に発覚したのでしょうか?」




横野レイコ氏「先月30日の番付発表の時、記者の間でも日馬富士関が貴ノ岩関をお酒の席で殴ったというのは噂になっていたんですが、そこまでの大きなケガだとはわからなかった。それが休場になり本来なら初日に診断書が出るでるはずだったんですが出ていなかったので、どうしてなんだろうねという風にはなっていたんですが、昨日になって診断書が出たので、今日の報道につながったということです」

安藤「この時間差っていうのは隠していたってことなんですか?」

横野レイコ氏「2週間あったわけですから。もしかすると水面下で親方同士(日馬富士の親方である伊勢ケ濱親方と、貴ノ岩の親方である貴乃花親方)の間で話があったのかもしれないですね。でも、この雰囲気で判断すると、この報道を掲載したスポーツ紙は貴乃花親方が評論をされていたスポーツ紙なので。何らかの形で交渉が決裂したのかなと思いますけど…、」

北村晴男弁護士「間違いなく示談交渉をしていたと思いますけど、穏便に済ませようとしていたけどそれがうまくいかなかった。だから今回診断書が出てしまったんだと思いますよ。こじれてしまったと」




提出された貴ノ岩関の診断書には“脳振とう”“左前頭部裂傷”“右外耳道炎”“右中頭蓋底骨折”“髄液漏の疑い”で全治2週間とあります。
江東病院副院長・三浦邦久医師に伺ったところ、「頭蓋底骨折とは例えばバイク事故で転倒したり、2〜5メートルの高さから落下した場合にこういうケガをする。そのことからするとかなりの衝撃だったのでは?」

貴ノ岩関は土俵に復帰するまでは1カ月以上はかかってしまうと言われていますが、一方、日馬富士関は九州場所に出場していました。それがきょう、14日から休場することが発表されました。



横野レイコ氏「今回、貴乃花親方としては“こちらはケガを負って休場しているのに、そっちは何で出ているんだ?”という思いがあるかもしれないですよね」

安藤「反省してないじゃないか!と。それは人情としてわかりますよね」

サバンナ高橋「だから場所中に揉めだしたのかもしんないですね」

横野レイコ氏「もともとモンゴル力士同市の絆っていうのはすごく強いんですよ。先輩として日馬富士関はすごく後輩思い。いろいろ教えていたし、貴ノ岩関にも教えていた。今回も“お疲れさん会をしよう”と横綱が呼びかけた会なんです」


そして、番組の後半には貴乃花親方が被害届を提出したという一報が入ってきました。

安藤「貴乃花親方側が被害届を提出したという話が入ってきました。さらにですね、貴乃花親方側は“取り下げるつもりはない”と話しているということです。北村さん、これは警察の捜査に任せるということですか」

北村「はい、捜査が始まることは間違いないですね。それほど強い怒りだったということでしょう。ご本人がどう思っているか知りたいですけどね、本当は」

安藤「そうですね」



【関連ニュース】
政務活動費で1200冊の本を購入 問われるべきは金の使い方?それとも政治家の資質?
天才ジョッキー武豊騎手(48)の路上キス報道で妻・量子さん(49)の神対応に称賛の声!


カテゴリー: 安藤うーん
  • Twitter
  • Facebook
このページのトップへ
TOP
PAGE TOP