せーの!グッディ!

たかが“めまい”されど“めまい”マツコ・デラックスを襲った「めまい症」の危険を解説

たかが“めまい”されど“めまい”マツコ・デラックスを襲った「めまい症」の危険を解説

2017年11月13日 (月)

今月10日、人気タレントのマツコ・デラックスさん(45)が“めまい症”で入院していることがわかりました。今月に入り体調を崩していたというマツコさんですが、めまい症の診断を受けおよそ1週間入院する見込みで、現在は徐々に回復しているとのことです。

この聞き慣れない“めまい症”という症状ですが、実は誰にでも起こりうる身近な症状なんです。



倉田「めまい症とは耳の内側にある体の平衡感覚を司る三半規管が何らかの理由で異常をきたし、バランスを失うことでめまいを感じる症状です。マツコさんは三半規管に菌が入ってしまい、膨れ上がったことでめまい症を発症してしまったそうです」

マツコさんが発症しためまいの正式な病名は“前庭神経炎”。
発症しやすい人の特徴は・・・?



・30〜50歳代の男女
・過労やストレスが溜まっている人
・風邪を引いた後

倉田「現在45歳で、週8本のレギュラー番組を担当し多忙な毎日…、さらに風邪気味だったというマツコさんはこの3つの条件のすべてに当てはまっていたということになりますね。症状は吐き気や強烈なめまいを伴い、経験者は“ひどい車酔いに襲われたような立っていられない状態になった”とのこと」

この前庭神経炎の多くは1週間ほどで治るとされていますが、中には再発性が高い“良性発作性頭位めまい症”というめまい症もあるんです。



倉田「三半規管のすぐそばの耳石膜という部分に0.3ミリほどの“耳石”と呼ばれる、体の動きを感じ取る石のようなものがあるんですが、何らかの拍子でその石が三半規管に入ってしまうことで起きるのが『良性発作性頭位めまい症』。
寝起きに目の前がグルグル回るような症状に襲われるそうで、グッディ! 水曜パネラーのカンニング竹山さんも発症したことがあるそうです」

ハマカーン浜谷さん「竹山さんもかかったことがあるんだ。誰にでも起こり得る症状なんですね」

安藤「私も同じようなことになったことがありまして、起きた時にグルグルグルってなって、はって病院に行った記憶があります」

ハマカーン浜谷さん「立ちくらみはクラツて感じで、一回転まではいかないですよね」

安藤「立ちくらみはミタパンみたいな人がクラってなるのが絵になるよね(笑)」

三田「そんな感じにならないですけどね(笑)」




倉田「誰でも発症する恐れがあるめまい症ですが、中には決して軽視できない体の異変を伝えるめまいもあります。それらは三半規管以外が原因で起きるめまいで、別の病気の兆候を知らせていることもあるんです」



・心臓や血管に疾患を抱えている人のめまいは、心筋症や不整脈といった病気の恐れあり
・中枢神経疾患の人のめまいは、脳梗塞や脳出血の恐れあり
・精神的要因のめまいは、うつ病の恐れあり


ハマカーン浜谷さん「何かの病気のサインかもしれないってことですね。めまいがちょっとしたらすぐに病院へ行った方がいいということですね」


【関連ニュース】
三度目の宇宙飛行を発表した野口宇宙飛行士、その素顔は○○番長!
克実さんも興味津々! 美容医療の“ビフォーアフター写真”を厚生労働省が禁止に!
体内センサーの衰えか!? 簡単にできるセルフチェックで安藤さんとアノ人が赤面!


カテゴリー: 安藤えっ!
  • Twitter
  • Facebook
このページのトップへ
TOP
PAGE TOP