せーの!グッディ!

三田アナがラジオパーソナリティに初挑戦! 手ごたえは?本人を直撃!!

三田アナがラジオパーソナリティに初挑戦! 手ごたえは?本人を直撃!!

2017年10月25日 (水)

フジテレビ入社7年目の“ミタパン”こと三田友梨佳アナウンサー(30)ですが、きのう三田アナのアナウンサー人生にとって大きな出来事がありました。それは「ラジオパーソナリティに初挑戦!」。



【昨夜の文化放送ラジオ内容から(一部抜粋)】



午後7時「渋谷文化ラジオスペシャル フジテレビアナウンサー三田友梨佳の初めてのラ・ジ・オ」とタイトルコールから番組がスタート♪

三田「今、もしかすると私のラジオを聞いてくれている方の中にも、受験生で勉強をがんばっている人がいると思います。そんなみなさんに少しでもいきぬいん…。い、き、ぬきですかね?」

普段はもっと難しいニュース原稿を読んでいる三田アナが「息抜き」が言えなかったり、数字の「5」と「4」が言えず、「もう一回言わせてください!」と言い直す場面も!

冒頭10分間の一人しゃべりを終え、大好きなSMAPの曲を流したところで、文化放送アナウンサーの太田さんが加わり、少し落ち着きを取り戻した三田アナ。ここでお便りを紹介することに。その差出人が、なんと…!

太田アナ「直撃LIVEグッディ!安藤優子さんからのお便りです」

三田「本物ですか!?(FAXを見て)いつもの安藤さんの字です!!」




<安藤さんから三田アナへのメッセージFAXより>
親愛なるミタパンへ
いつもいつもその冷静さで番組を支えてくれて、ほんとうに感謝しています。ミタパンは小さなノートにものすごい小さい字でぎっしりと情報を書き込んでいて、私がなにを聞いても答えてくれます、姿形が美しいだけでなく、心根の美しい女性です。ミタパン生放送がんばれ!!


三田「涙が出てきそうです〜」

太田アナ「ほんとに泣いてるよ!!」


安藤さんからのメッセージで緊張がほぐれたのか? その後無事に2時間のラジオ番組を終えることができました。

一夜明けた今日、感想を聞くために三田アナを直撃!!!!



Q.大変だったことは?
三田「最初に10分間ひとりしゃべりがあるんですけど、それがとにかく緊張して、お便りを募集していたので、FAX番号を読むんですけど、数字が言えなくなるっていう…(汗)。アナウンサーあるあるでもあるんですが、漢字が急に読めなくなったりとか、数字が急に分かんなくなっちゃったりとか…、アナウンサーは誰でも一度くらいは経験したことがあると思うんでが、本当にそういう状況に陥ってしまったんです。それも2回も!! 新人のころ以来だったので、本当に緊張しました…。とにかく…、終わってからの脱力感もそれくらいありました」

Q.安藤さんからFAXが届きましたね?
三田「すごく緊張しているなかで、安藤さんが直筆でFAXを送ってくださっていて、内容もすごい温かいメッセージでなんかうれしくって涙が出てきました。お蔭で緊張が解けました」

Q.初パーソナリティはどうでした?
三田「2時間はあっという間でした。普段メッセージをいただくことはあっても、それをお返しする術がないので、答えに反応できるのは楽しかったです。紹介できなかったのですが、ある男子高校生から『LINEで1回告白したけど断られちゃった。でも、好きだけどどうすればいいですか?』って質問があって。すっごく答えたかったんですよ〜『直接のほうがいいです』って…、伝えられなくて残念でした」


【関連ニュース】
山形のイベントでの約束は果たされた? 安藤さんが克実さんに手作り弁当を差し入れ!!
山形の皆さんとグッディ!ポーズ! 克実さん安藤さんがトークショーで山形に行ってきました!


  • Twitter
  • Facebook
このページのトップへ
TOP
PAGE TOP