せーの!グッディ!

高速道に落下したタイヤが原因で母娘が死亡 木村太郎さんも体験した落下物の危険性

高速道に落下したタイヤが原因で母娘が死亡 木村太郎さんも体験した落下物の危険性

2017年10月20日 (金)

おととい、岡山県内の中国自動車道で大型トレーラーが横転し、路肩にいた親子が巻き込まれ死亡するという痛ましい事故が起こりました。



午後8時過ぎ、岡山県津山市の中国自動車道上り線で岡山市の大学生・中村亜美さん(21)と母親の美香さん(49)が乗る軽乗用車が追い越し車線を走行中、路上に落ちていたタイヤに乗り上げた後、停車。



その後、2人は路肩に避難し娘の亜美さんが警察に通報しました。



しかし、追い越し車線を走る後続のトレーラーも路上のタイヤに乗り上げ横転。トレーラーは中村さん親子をはね、2人は頭などを強く打ち死亡しました。



倉田「乗り上げたタイヤの大きさとほぼ同じ大きさのタイヤを用意しました。直径約1メートル、重さ 約90キロ。実際に近くで見るとすごい重量感ですね…」



克実「大きな岩ですね・・・」

安藤「落とした運転手は気づかないんですか?」

木村太郎(ジャーナリスト)「実は僕も似たような経験があって。首都高速湾岸線を走っている時に前のバスがすっとどいたと思ったら目の前に大きなタイヤが落ちていて…、“もう避けられない。でも片輪で乗ったら車がひっくり返るから、これはまたぐしかない”と瞬時に判断してまたいだら車の底がぶつかって大きくバウンドして…、なんとか仕事先のフジテレビまでたどり着いたときには車の裏側がめちゃくちゃになっていて…、その後車は動きませんでした」




安藤「私だったら…急ブレーキ踏んじゃいますね」

三田「私も急ブレーキですね・・・」

倉田「実は、高速道路での落下物はNEXCO西日本によると、全国で年間13万件以上。これは一日にすると約360件も落下物の通報があるという計算になります。ちなみに高速道路には様々なものが落ちているそうです」




〈高速道路に落下しているもの〉
・ブルーシート・角材・布・発砲スチロール・ベニヤ板・サイドミラーなど。
・特にブルーシートは最も多い落下物で、後続車の運転席に被さった場合視界が遮断され、多重事故で大惨事になる危険性もあるそう

倉田「こういった高速道路の落下物。もしものときどうしたらいいのか専門家に伺いました」



〈落下物に乗り上げそうなときは?〉
・できる限り速度を落とす
⇒なるべく速度を落として、衝撃を弱くすることが重要

・ハンドルをしっかり握り、車体がブレないようにする
⇒乗り上げた時にタイヤが動くことでの二次災害になるのを防ぐため

・回避しようとして急ハンドルをきるのは、別の車を巻き込んだりスピンする可能性があるので危険

倉田「では、落下物に乗り上げてしまったら、どうすればいいのか?」



〈車が動く場合〉
・近くのサービスエリアやパーキングエリアなど安全な場所に移動し110番もしくは、道路緊急ダイヤル(#9910)に通報

〈車を動かせない場合〉
・ガードレールの“外側”に避難し、落下物や自身の車よりも“後方”で待機
・停車した車から50メートル後ろに停止表示板を設置して、後続車に状況を知らせる


安藤「自分が何かを落としたら安全な場所に停まってすぐに#9910に電話しないとですね!」

克実「自分が落とした物じゃなくても、見つけたらすぐ#9910に電話しましょう!」



【関連ニュース】
“なぜ、殺人罪は適用されない?”高速のあおり運転で死亡事故を誘発した容疑者が逮捕
減ることがない危険運転トラブル 安藤さんもあおり運転の恐怖体験を告白
ビールは中瓶or日本酒は1合 1日あたりの飲酒適正量の少なさに克実ショック!


カテゴリー: 克実うーん
  • Twitter
  • Facebook
このページのトップへ
TOP
PAGE TOP