せーの!グッディ!

初対面で「来年消える」と言われた!トレンディ斎藤が明かした清水良太郎容疑者の素顔

初対面で「来年消える」と言われた!トレンディ斎藤が明かした清水良太郎容疑者の素顔

2017年10月13日 (金)

きのう(12日)、タレントの清水良太郎容疑者(29)が覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで逮捕されたことを受け、父であるものまねタレントの清水アキラさんが都内の所属事務所前で会見を行いました。



清水アキラ「このたびは私のせがれ清水良太郎が世間をお騒がせし、そして多大なご迷惑をおかけして申し訳なく思っています」

と謝罪。何度も声を詰まらせ涙を流しながら、



清水アキラ「正直にしてほしいですね。正直に。あのまずウソをつかないっていうのが一番だと思います。約束を守る、時間を守る、これができないと人間として失格じゃないですかね」

また、今後も息子をサポートしていくかの問いには「いや、自分の事務所はクビにして、自分で歩いてもらいたい」ときっぱり解雇の意向を示しました。



克実「清水アキラさんが会見で言ってたけど、息子が最初にウソをついたのが悲しかっただろうね。“闇カジノ報道”のときも最後まで否定していたけど、それもウソだったのかもしれませんね。日ごろからお父さんに対してもそういう態度だったのかも」

トレンディエンジェル斎藤「実は僕ものまね番組で何度か共演したことがあるんですけど、闇カジノ疑惑のニュースが出たとき、正直“やってるな”と思っていました。というのは僕がめっちゃ忙しかった2年前くらいのころ番組で共演したときに、初対面だった僕に『忙しいでしょ?でも来年には消えるしね(笑)』と言ってきたんですよ」




安藤「えぇ!?初対面だったんですよね?」

トレンディ斎藤「はい、初対面です。でも番組の本番が始まったら、審査員にはすっごくイイ顔をするんです。大人に見せる顔です」

安藤「大人に見せる顔と違う顔。二面性があったんですかね」

広瀬「しかし清水アキラさんはこれまで子どもたちを甘やかしていたわけでなく、非常に厳しく教育してきたそうです」




〈清水家の教育方針について〉
清水良太郎容疑者「“やるからには勝て!”で育てられた。運動会で1位取れなかったら帰って父にぶっ飛ばされた(去年11月のイベントにて)」
清水アキラ「他の人の家以上に厳しくして、何かあったらひっぱたいたりしていた。それで逆に怒られちゃ嫌だからっていうのでウソついていたのですかね(きのう会見より)」




安藤「親に怒られるのが嫌だからウソついたって…、小学生ならその理屈で通りますけど・・・」

克実「もうすぐ30歳ですからね(苦笑)」

木村太郎(ジャーナリスト)「29歳の刑法犯をどこまで親が責任をとるのかという問題ですね。ただ彼を甘やかしたのは芸能界のせいだと思います。芸能界は薬物に対して甘すぎる! スポーツ界なら永久追放ですよ。芸能界はちょっと謹慎してすぐ復帰して。(良太郎容疑者の闇カジノ疑惑の際も)謹慎がたった4カ月ですよ? そんなの謹慎じゃないですよ。芸能界が、ルーズというか犯罪に対して甘いことが問題だと思います」

三田「私は清水アキラさん親子そろって出演した番組で共演させてもらったことがあるんですが、2人の関係は緊張感があって親子というより師匠と弟子という関係に見えました。だから育て方が間違っていたかもというお話はすごく哀しくて、育て方に正解ってあるのかな? と思ってしまいました」

安藤「嫌でもお父様の存在というのは大きいですよね。お父さんの看板を背負っていくわけですから。でも、それでも頑張っていかなければならなかったんじゃないのかなと思いましたね」



【関連ニュース】
清水アキラの三男・清水良太郎容疑者(29)が覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕!
鈴木砂羽さん初演出舞台での女優降板騒動 広瀬キャスターがスタジオで土下座を生検証


カテゴリー: 克実うーん
  • Twitter
  • Facebook
このページのトップへ
TOP
PAGE TOP