せーの!グッディ!

今度は公職選挙法違反!?今井絵理子参院議員(33)にビール券大量配布疑惑!

今度は公職選挙法違反!?今井絵理子参院議員(33)にビール券大量配布疑惑!

2017年08月31日 (木)

神戸市議だった橋本健氏との不倫騒動で釈明のコメントを出して以来、口を閉ざしている自民党の今井絵理子参院議員(33)に新たな疑惑が浮上しました。



「今井絵理子議員、ビール券大量配布」疑惑!

きょう(8月31日)発売の週刊新潮によると、今井議員は、今月3日の内閣改造で副大臣や政務官に任命され、いわゆる“出世”した議員、十数人に「お祝い」としてビール券計100枚以上を大量配布していたとされています。記事によるとビール券は1人につき10枚ほどだったとか…。議員同士がお祝いの品を贈ることはよくあることらしいのですが、問題は今井議員の行為は公職選挙法違反にあたる可能性があるということ。



安藤「ビール券は具体的にいくらなんですか?」

大村「ビール券1枚784円なので、10枚だと7840円ですね」

安藤「そもそもなんですけど、伊藤さん? 政治家でビール券を贈る人っていますか?」

伊藤惇夫氏(政治アナリスト)「聞いたことないですね。胡蝶蘭はよくあるんですよ。議員会館にずらーっとね。でもビール券なんて聞いたことないですね」

三田「もらった議員の方も普通は『これはダメだよ!』と断らないんですかね?」

伊藤惇夫氏「当然、公職選挙法違反ですから断るのが普通ですよね。秘書が勝手に受け取ってしまったのか? 完全に投票依頼行為につながりますからね」

大村「今回の件を政治資金に詳しい日本大学法学部、岩井奉信教授に伺ったところ・・・」




・今回はすぐに換金することができる「ビール券」という金券であることが問題で悪質
・通常金券であるビール券を配ることはアウト
→ これは議員であれば常識



さらに今井議員が参院比例区選出という点も大きな問題だと指摘。

・参院の比例区の選出なので選挙権を持つ、全国の18歳以上の人はすべて有権者
・国会議員も選挙権を持っているので例外ではない
・つまり議員仲間も今井議員に投票出来うる有権者でもあり公職選挙法に違反する可能性がある



安藤「事務所のスタッフなど誰も気が付かなかったんですかね?」

伊藤惇夫氏「そうなんです。これは政治のイロハの“イ”なんですよ。事務所の誰も知らなかったというのはあり得ない。今井議員は芸能事務所のスタッフがそのままの感覚でやっているんですかね」

安藤「芸能界といえば川島さん、ビール券を配るというのはあるんですか?」

麒麟・川島「僕コンビ名が麒麟ですけど、ビール券を贈ったことはないです(笑)」

安藤「おもしろい(笑)伊藤洋一さん、どうですか?」

伊藤洋一氏(エコノミスト)「こんな人が議員なのはおかしい! 議員の定数を削減しろ! と思いますね」

安藤「党としてはどうなんですかね?」

伊藤惇夫氏「タレント議員というのは人集めの道具なわけですよ。応援演説なので。でももう利用価値ないですよね。今後は自民党がどう扱うのか?」

安藤「参議院は解散がないので6年はやると思うので、せめて残りの任期はしっかりとやって欲しいと願うばかりです」



【関連ニュース】
“妻の両親に離婚届?”橋本市議の不可解な行動は今井議員を愛するが故だった!?
SPEED今井絵理子参院議員(33)4歳年上のイケメン神戸市議との不倫疑惑報道
スタジオ大激論! SPEED今井絵理子議員が強調した“一線”の定義とは!?


カテゴリー: 安藤うーん
  • Twitter
  • Facebook
このページのトップへ
TOP
PAGE TOP