せーの!グッディ!

SPEED今井絵理子参院議員(33)4歳年上のイケメン神戸市議との不倫疑惑報道

SPEED今井絵理子参院議員(33)4歳年上のイケメン神戸市議との不倫疑惑報道

2017年07月27日 (木)

きょう発売の「週刊新潮」がある疑惑を報じました。それは「SPEED今井絵理子参院議員の略奪不倫疑惑」



去年の参院選で自民党から出馬し当選した4人組アイドルユニット「SPEED」のメンバー・今井絵理子参院議員(33)が不倫疑惑を報じられた相手は、妻と2人の子供もいる自民党・橋本健神戸市議(37)。



【今井絵理子議員】
・沖縄県出身、現在33歳
・1996年SPEEDのメンバーとしてデビュー。当時は13歳という若さで芸能界の第一線で活躍。
・2004年に結婚し長男を出産、その3年後の2007年に離婚
・2008年に息子の聴覚障害を公表
・2016年7月 参院選で自民党から出馬し初当選

【橋本健市議】
・2007年 神戸市会議員選挙にて初当選(現在3期目10年目)
・歯科医師の免許を持ち、5年前に歯科医院を開業
・妻と子供2人の4人家族 週刊新潮によると、妻とは現在離婚調停中


三田「スタジオでは政治アナリストの伊藤惇夫さんに解説いただきます」



安藤「自民党議員の不祥事、疑惑が止まりませんが今回の件、伊藤さんはどう思われますか?」

伊藤惇夫氏(政治アナリスト)「今井さんはシングルマザーであり障害児を抱えて必死で頑張っているというイメージの中で政治家になった人ですよね。もしこの報道が事実なら有権者に対する裏切りですね」


三田「週刊新潮に対する2人のコメントはこちら・・・」




三田「恋愛感情なくて手つなぐんですかね?(苦笑)」


長谷川聖子(メディアプロデューサー)「ちょっと手が触れあったとか、寝てたから触ったとかじゃなくて、ガッツリ握り合ってましたね」

麒麟・川島「覚えてないっていうのは言い訳ですよね。新幹線で握られたら普通“えっ!?”ってすぐ起きますけどね(笑)“何してんですか!?”ってなりそうなもんですけど。」

安藤「いろんなこと考えて、苦しい言い訳なのかなって感じもしますが…克実さんどうですか?」

克実「いや…苦しすぎますよね。苦しいですけど、こう言うしかないと思いますよ」

安藤「伊藤さん、どうですか?」

伊藤「政治家うんぬん以前の話だと思いますけどね。政党として当選させた以上は、教育をしたり責任があるはずなんですよね。そういう教育機能が自民党は今働いてないのかなって。これだけ続けざまに若手議員でいろいろな問題が起こりますとね。自民党に限らないんですが、政党としてはタレント議員って自分で票を集めてくれるありがたい存在なんですね。当選至上主義っていうのと、応援演説の時に人寄せパンダで使えるなっていう発想で選んじゃうっていうところが問題かなって思いますね」



立本「ところで、こういった写真なぜ撮れるのか気になりませんか?このスクープ写真って週刊誌はどうやって撮ったのか?スポーツニッポンの鈴木美香芸能デスクに分析してもらったところ…、」



・同じフロアに宿泊し記者はばれないように今井議員の動きを見張る
・今井議員に動きがあった場合離れた場所にいるカメラマンに連絡
・カメラマンが待ち構え撮影する

立本「またサンケイスポーツの森岡真一郎記者に聞いたところ、週刊誌の記者はスクープ写真を撮るために色んなアイテムを持っているそうです」



・カメラが掲載された眼鏡
・カメラと一体になったバック
・カメラ付きペン

安藤「撮られたことある人?(笑)」

麒麟・川島「まあ…ないと言えば嘘になりますね(笑)」

麒麟・川島「僕の場合は記事にならなかったんですけど。家のマンションの前でバッグ型の隠しカメラを多分持っていたんですけど・・・」




麒麟・川島「肝心なバッグをこうやって(プロのカメラマンみたいに肩に担いで)持ってたから“あれ?それカメラじゃないですか?”って声をかけたことはありますよ(笑)」

三田「わかりやすいですね(笑)」

麒麟・川島「出てきた出てきた!って(記者が)焦ったのかなって(笑)」

克実「川島さんそれネタじゃないの?」

麒麟・川島「ネタじゃないですよ!(笑)」


グッディ放送後にコメントを出した今井参院議員、会見を開いた橋本議員どちらも“一線は越えてない”と言うことですが、真実はどうなのでしょうか?


【関連ニュース】
豊田真由子議員の元運転手がスタジオで生激白! 豊田議員の車内での様子とは?
衝撃! KAT-TUNの元メンバー田中聖容疑者(31)が大麻の所持容疑で現行犯逮捕!
麒麟・川島さんに第1子誕生! そのおめでたい日にマネージャーがまさかの!?


カテゴリー: 克実うーん
  • Twitter
  • Facebook
このページのトップへ
TOP
PAGE TOP